季語/栗の花(くりのはな)を使った俳句

俳句例:101句目~

栗咲いて山国の夜々沈むなり/村越化石

栗咲くや月夜翳濃き湯檜曽川/倉橋羊村

栗咲くや朝靄こもる散居村/和田ゑい子

栗咲くや被爆者に来る検診日/朝倉和江

栗咲く香暁も憂くなりにけり/藤田湘子

栗咲く香水底のごと曇り来て/岡田貞峰

栗咲けりピストル型の犬の陰/西東三鬼

沓掛のガルボはらむや栗の花/加藤郁乎

温突に栗の毬焚くみ寺かな/軽部烏帽子

焼岳の雨後の荒ざま栗咲けり/加藤岳雄

父病むと知れど帰らず栗の花/福永耕二

狂気の面花栗の香に漂える/八木三日女

空を見て頸をだいじに栗の花/和知喜八

罌栗咲くや雛の小袖の虫はらひ/可南女

腰据ゑて研師が仰ぐ栗の花/上野さち子

臥しも得ぬ微恙栗咲く香を被り/及川貞

自転車で田を見にくるや栗の花/飴山實

花栗に散るな死ぬなと朝の鶸/堀口星眠

花栗に雨やまぬさま無惨かな/松村蒼石

花栗に雨気のそれたる田掻牛/巌谷小波

俳句例:121句目~

花栗や墓になりても山を負ふ/西本一都

花栗や夢のなごりの盗汗拭く/福永耕二

雪隠の屋根にちらばる栗の花/上原三川

あかつきや遥かなれども栗の花/中田剛

馬を打つ鞭花栗に触れにけり/河村静香

高尾なる雲の渦見ゆ栗の花/水原秋櫻子

ぬけがらの類ひが落る栗の花/水田正秀

黒南風や栗の花紐垂りしづる/臼田亞浪

栗の花匂ふとき死はみにくきもの/桂信子

栗咲くや想ひも風もよどむ朝/藤原たかを

栗の花下げて解けたる菓子包/小檜山繁子

西方に師のをり栗の花くぐる/秋元不死男

栗の花ものいふ貌の暮れてゐし/岩田昌寿

濁りなき老いもあるべし栗の花/角野良生

見えてゐし花栗どつと匂ひ来し/原田一郎

濁流のしぶくところに栗の花/上田五千石

栗の花置くここちして土用灸/大木あまり

栗の花眠れば地上まで垂るる/小檜山繁子

むせかへる花栗の香を蝶くゞる/前田普羅

栗の花しどろもどろとなる天気/高澤良一

俳句例:141句目~

栗咲くや無口に過ぎし少年期/金箱戈止夫

雨になる馬車のひさしや栗の花/会津八一

石道寺さまのふるみち栗咲いて/関戸靖子

栗咲ける家の更けゐて咳きこゆ/村越化石

たてがみのばうばうと馬栗の花/石田郷子

純粋になるとき栗の花匂う/長谷川かな女

栗咲く香この青空に隙間欲し/鷲谷七菜子

たそがれの風の重さよ栗の花/小坂かしを

栗咲いて林のはづれ撓みたり/水原秋櫻子

栗の花白湯にも味のある母郷/小松崎爽青

するが路や雨をけぶらす栗の花/太田鴻村

風のあるところ香のあり栗の花/稲畑汀子

栗咲ける嶽みちの雲梅雨入かな/飯田蛇笏

栗咲みて夜陰に入れば風もなき/下村槐太

花栗の闇むつちりと誰かくる/鷲谷七菜子

椎さやぎことに栗咲く暮色かな/小林康治

栗咲く香血を喀く前もその後も/石田波郷

栗咲く香過労の村の夜を圧す/馬場移公子

髪の根の熱くなりたる栗の花/神谷美枝子

栗咲くや二便のバスの医者通ひ/三嶋隆英

俳句例:161句目~

花栗の楽湧くごとき夜を逢ふ/上田五千石

栗の木を逃げだしてゐる栗の花/大石雄鬼

栗の花照れど曇れど水うまき/石橋辰之助

花栗の雨のにほひとなりにけり/佐藤信子

村ぬけて栗の花の香より解かれ/村山一棹

旅に出て病むこともなし栗の花/杉田久女

数珠掛はどの木に啼くや栗の花/中村史邦

花栗やわれにも絵そらごと一つ/小林一枝

山雲の野に下りしより栗の花/水原秋桜子

栗の花母の晩年にいくさなし/成瀬桜桃子

口笛のとほき夜花栗にほひけり/仙田洋子

乳房重し水面花栗咲き満ちて/上野さち子

わが影の痣のごとしや栗の花/櫛原希伊子

栗の花の湿気に堪へぬ坊捨てぬ/大須賀乙字

栗の花のててなしに来たのだ帰る/加藤郁乎

生き身より落ちゆく脱毛栗の花/柴田白葉女

栗の花こゝだ散り敷きわが住める/片岡奈王

栗の花こぼれて居るや神輿部屋/河東碧梧桐

栗咲く香水路いづこも水満ちて/落合伊津夫

栗の花きしみて閉ざす秘仏の扉/柴田白葉女

俳句例:181句目~

花栗のちからかぎりに夜もにほふ/飯田龍太

花栗や天のどこかにいなびかり/篠田悌二郎

栗の花くぐりふるさとめきにけり/大野林火

この頃や花栗の香のしむ身とも/田畑美穂女

軒に老婆花栗あかりはたよりなく/大井雅人

単純な高さ酔つてくだんの栗の花/加藤郁乎

死にたくはなくて無明の栗の花/櫛原希伊子

花栗の香につながりて励ましあふ/村越化石

栗の花落ちて錆びたるごときかな/保田ゆり女

栗咲く香にまみれて寡婦の寝ねがたし/桂信子

花栗かぶさる貧農の家冴えゆく眼に/金子兜太

花栗に寄りしばかりに香にまみる/橋本多佳子

ひと夜なる旅寝もくるし栗咲く香/能村登四郎

山路来るや暮るゝばかりの栗の花/大谷碧雲居

栗の花もむ嵐にとぼそ匂ひ満つ/飛鳥田れい無公

因縁がはづかしき栗咲きにけり/冬の土宮林菫哉

栗の花いまだ浄土の方知らず栗といふ文字は西の木と書いて西方浄土に便ありと……」おくのほそ道)/巌谷小波

タイトルとURLをコピーしました