季語/月見草(つきみそう)を使った俳句

「月見草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「月見草」について

【表記】月見草

【読み方】つきみそう

【ローマ字読み】tsukimiso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・待宵草(まつよいぐさ:matsuyoigusa)

・大待宵草(おおまつよいぐさ:omatsuyoigusa)

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

月見草を含む俳句例

干網に光る鱗や月見草/西山泊雲

美しき蝶の顎や月見草/齋藤愼爾

床頭台暗し月見草が欲し/岸田稚

月見草臭の消えし船残る/中拓夫

鉞半島突端の大待宵草/高澤良一

月見草山城たりし砦石/山本洋子

釣人の籠の重さや月見草/林久子

月見草重ねて薄き旅衣/西村雅苑

夕暮に白妙ふるへ月見草/藤間綾子

浦人に廓今亡し月見草/下村ひろし

月見草客車一輛夜の駅に/桜井博道

月見草荒磯の墓の薄暮光/石原舟月

月見草赤くしぼみて落もせず/篠原

夕潮に纜張りぬ月見草/五十嵐播水

月見草帰り俥が拾ひし客/鈴木栄子

月見草涙見せじと海を見る/星野椿

影絵劇一団下車す月見草/山口青邨

乳色の空気の中の月見草/高浜虚子

五六歩に海遠去りし月見草/斎藤玄

月見草咲く絶海に絶天に/阿部誠文

俳句例:21句目~

月見草雲の暗さが村の端/桜井博道

わが心海より昏し月見草/福田蓼汀

コンテナを砦に港月見草/岩崎照子

月見草ひらき男の子守唄/渡辺桂子

友の下宿に庖丁錆びる月見草/林桂

月見草今宵は女同士かな/黒川悦子

月食や首を傾げる月見草/船平晩秋

水音の中を歩いて月見草/末光令子

汝と我の間の月見草ひらく/上野泰

洗髪乾きて軽し月見草/松本たかし

月見草梟の森すぐそこに/川端茅舎

焼跡の東京広し月見草/成瀬桜桃子

狐雨ふる田貫湖の月見草/萩原麦草

知床の沼汚れなし月見草/山崎靖子

短きは膝の高さの月見草/京極杞陽

私の前を私が歩く月見草/原子公平

月見草爆震露を払ひけむ/林原耒井

考へに沈める女月見草/成瀬正とし

耳重き兵隊溜まる月見草/大屋達治

腕たてふせ百回の罰月見草/竹中宏

俳句例:41句目~

陽炎や砂より萌ゆる月見草/秋櫻子

鬣は馬のせつなさ月見草/松山足羽

待宵草林立石油備蓄基地/高澤良一

待宵草鳥海丸は繋がれて/高澤良一

月見草踏切番にいとまあり/木村蕪城

月見草垣外の草と匂ひ合ふ/林原耒井

八ケ岳まなかひにあり月見草/町春草

月見草夕月よりも濃くひらく/安住敦

月見草始発電車は風はらみ/大井雅人

壺の肩愛する孤り月見草/河野多希女

月見草神の鳥居は草の中/水原秋櫻子

夕べ着き朝発つ宿の月見草/安沢阿弥

月見草砂地は風の吹くままに/桂信子

月見草月より翳を貰ひけり/藤本朋子

夕闇に浮かぶ孤舟の月見草/吉居珪子

月見草煤煙朝の海に降る/水原秋桜子

月見草水平線の上に吹かれ/高澤良一

月見草一刀あらば野を拓く/古舘曹人

月見草早瀬にひとり髪洗ふ/田中冬二

月見草別れてのちの山霧は/臼田亞浪

俳句例:61句目~

月見草いたる処に萎れけり/野村喜舟

朝の声濤が消しゆく月見草/桜井博道

夜の燈も乏しき村や月見草/香西照雄

汐浴の衣投置くや月見草/石島雉子郎

さゆらぎは開く力よ月見草/稲畑汀子

汽車煙熱きがかかる月見草/鷹羽狩行

天地のあひびき長し月見草/三橋鷹女

派出所の交替勤務月見草/大野伊都子

月見草われは掌ひらきたり/清水径子

潮ごみに鐘つく寺や月見草/会津八一

潮風に今開きけり月見草/石島雉子郎

月見草かく美しき宵ありき/星野立子

燈の障子月見草色妻和むか/香西照雄

月見草霧の中より波つぶて/今瀬剛一

富士の霧圧倒し来る月見草/富安風生

猛犬の女あろじや月見草/五十嵐播水

対岸が灯れば滲む月見草/長谷川秋子

月見草白沙を神の御前まで/前田普羅

砂浜で転んでからの月見草/大西泰世

月見草夕べ誰かの来る予感/栗本秀子

俳句例:81句目~

窓開き遅き夫待つ月見草/岩波千代美

竹割つた気性高きに月見草/古舘曹人

織娘帰る鉄道沿ひに月見草/沢木欣一

月見草開かんとして力あり/高濱年尾

月見草鉄砲水を忘れけり/文挟夫佐恵

一つ蛾に浜の月見草みなひらく/林翔

耶蘇島の夕波しづむ月見草/正林白牛

月見草未完の家に闇つまる/横山房子

松の根も石も乾きて月見草/中村汀女

牛の群歩き出す意ぞ月見草/古舘曹人

雨の中開きつゞけて月見草/高浜年尾

雨粒のそれかあらぬか月見草/飴山實

雲下りきて一雨の月見草/藤田あけ烏

風に舌出して子供や月見草/山西雅子

風紋の夕づく砂丘月見草/小原菁々子

馬市の跡は荒地の月見草/大木あまり

月見草は身の丈の花吾子嗅ぐよ/林桂

籠の中しづかになりぬ月見草/今井聖

帰らざる人を待宵草と待つ/川口咲子

月見草萎れし門に帰省せり/前田普羅

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ