季語/胡桃(くるみ)を使った俳句

「胡桃」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胡桃」について

【表記】胡桃

【読み方】くるみ

【ローマ字読み】kurumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鬼胡桃(おにくるみ:onikurumi)

・姫胡桃(ひめくるみ:himekurumi)

・沢胡桃(さわくるみ:sawakurumi)

・野胡桃(のくるみ:nokurumi)

・胡桃割る(くるみわる:kurumiwaru)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

胡桃を含む俳句例

蜀魂門は胡桃の茂りかな/木導

広茫の底に女と胡桃割る/三谷昭

早苗饗の袋大きく胡桃の音/下田稔

胡桃割り尽しては寂かすぎる/林翔

はへ山や人もすさめぬ生胡桃/北鯤

鉱泉の宿も飯場も胡桃飯/西本一都

夕映や胡桃落せる顎若し/石川桂郎

胡桃洗ふ水流の村婆多し/桜井博道

仏恩や袋に胡桃負ひて婆/村越化石

簗まろぶ胡桃の中の落鰻/水原秋桜子

霜夜にて胡桃楸邨栗波郷/小檜山繁子

風邪の子や団栗胡桃抽斗に/中村汀女

利酒や胡桃を割つて宴なす/笠原古畦

厄日去る胡桃二房三房見え/飯田龍太

脳天の一撃の如く胡桃割る/内藤吐天

去年今年胡桃の中の音信じ/毛塚静枝

鬼胡桃百あり百の愚直あり/菅原鬨也

たのしくて涙ぐむ妻胡桃割/細川加賀

大胡桃垂れ太陽は燦々と/小川背泳子

新しき胡桃と古き胡桃かな/石田勝彦

俳句例:21句目~

秋暑し古称は胡桃が下稲荷/高澤良一

胡桃割るこきんと故郷鍵あいて/林翔

子等遠し病力もて胡桃割る/石田波郷

寒空へ枝強く張る鬼くるみ/菊井稔子

沢胡桃山にも後ろ姿ありて/北野民夫

山川の川の失せたる鬼胡桃/和知喜八

よき胡桃二つ見合せ円き卓/村越化石

胡桃割る高齢眉の端撥ねて/成田千空

山深みそれに名たてそ姫くるみ/園女

岩すべる水音へ垂る沢胡桃/伊藤敬子

胡桃割る燈の円光の一家族/大野林火

忘らるる色の夕月胡桃萌ゆ/堀口星眠

簗番の掃き残したる鬼胡桃/西村英子

手の中の胡桃は快活山の息/伊藤淳子

一樹には収まらぬ風沢胡桃/岡田史乃

胡桃ひとつ仏へ供へ夕嵐/大木あまり

胡桃の影濃し地球半分は夜/内藤吐天

中風の胡桃落すや古籐椅子/野村喜舟

時頼忌一槌打砕に胡桃割る/田中英子

蓼科は山なみやさし鬼くるみ/峰尾北兎

俳句例:41句目~

落胡桃悼むと空の冷ゆるかな/福永耕二

がら~と洗ふ胡桃や背戸の秋/河野静雲

数へつつ胡桃を拾ふ風のなか/呉服元子

くるみ負ひ一歩一歩を白雲へ/村越化石

胡桃落つ音すぐ消えて山の池/飯田龍太

しぐるるや胡桃に甲斐の国の音/穴井太

胡桃落ち瀬音高鳴る登山基地/吉澤卯一

温もらぬ胡桃よ旅の掌中に/鷲谷七菜子

まばら立つ夜店の中の胡桃売/石川桂郎

胡桃皆なくなりし木皿の寛瀾/内藤吐天

胡桃樹の天蓋あをき葉月かな/富安風生

胡桃振れば望郷の糸絡まりぬ/伊藤敬子

胡桃割る負けじ魂まだ失せず/伊東宏晃

胡桃割る老犬眠り覚めざるに/内藤吐天

鷽の来る空やはらかし姫胡桃/堀口星眠

菓子胡桃打てば白樺置けば雪/和知喜八

星座から胡桃の木まで涼一縷/藤田湘子

胡桃割る夫の少年期を知らず/八染藍子

水中に胡桃の殻のふれ合ふ音/沢木欣一

胡桃割る夜や天体の遠ざかる/五島高資

俳句例:61句目~

何為せと胡桃をつかみたる拳/矢島渚男

胡桃割る一室のほか闇となし/藤岡筑邨

山川は鳴り禽たけく胡桃熟る/飯田蛇笏

山彦とならぬわがこゑ落胡桃/白岩三郎

父の忌の沖を見てゐて胡桃割る/長田等

夜は音を断ちし山住胡桃割る/山田弘子

切株に胡桃言葉を置くごとし/宮下翠舟

立冬の川を彩る胡桃の黄/阿部みどり女

胡桃割る力瘤して死なんかな/和田悟朗

木食の坊主おとしか姫くるみ/井原西鶴

胡桃割つて母郷の言葉われに無き/林翔

胡桃充ち迷路の如き肉蔵す/田川飛旅子

胡桃割り呉るゝ女に幸あれと/高浜虚子

少年のときがまつさを胡桃山/筑紫磐井

胡桃ひとつ今宵の夢に入り来よ/大串章

栗鼠の子に胡桃落して森は母/山田孝子

山の胡桃抱へて厚着五十なる/村越化石

聖家族垣なく住めり胡桃落つ/堀口星眠

老醜といふべき皺の胡桃ども/福永耕二

照る雲に喬木は胡桃夏めく瀬/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

人日や十顆の胡桃減りもせず/佐藤鬼房

八月や握りし胡桃より渇き/小檜山繁子

野猿すら取らず鈴成り沢胡桃/高橋利雄

釣床に人白うして胡桃緑なり/尾崎紅葉

沢くるみ山にも後ろ姿ありて/北野民夫

門前にひさぐ新蕎麦新胡桃/有川/淳子

暇なきわれら夜を遇ひ胡桃割る/早崎明

風おとや砦見ぬ子が胡桃割る/萩原麦草

胡桃割に嵌まりて胡桃拮抗す/津田清子

食後の卓胡桃ら強き影曳きて/内藤吐天

鬼胡桃割る手刀を婆もちて/能村登四郎

忘却や胡桃手荒く割ることも/内藤吐天

夜の駅の冷ゆる石もて胡桃割る/羽部洞然

夜寒の影遠く転げし胡桃にも/伊丹三樹彦

山の音聴こゆる胡桃割りにけり/老川敏彦

忌の近し雷の匂ひの鬼くるみ/大木あまり

掌にあれば乳房胡桃のごと痛し/楠本憲吉

新胡桃たつぷり入れてケーキ焼く/芝由紀

旅の手に胡桃が割れず雪解の夜/堀口星眠

春の水汲む胡桃林に住む娘らか/金子皆子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ