季語/胡桃(くるみ)を使った俳句

俳句例:201句目~

置けばこつんと声を出す夜の胡桃/遠藤若狭男

胡桃割つて文書く文字のぎこちなく/大橋敦子

襞のふかみで考へてゐる夜の胡桃/能村登四郎

髪梳いて胡桃の栗鼠を待つこころ/稲垣きくの

群れ入りし小鳥胡桃にまぎれけり/阿部みどり女

胡桃ひとつは鳴らずひとつは黄泉の国/加藤楸邨

振れば鳴る胡桃もクリスマスのひとつ/村越化石

ことことと胡桃のなかのシャイロック/平井照敏

三鬼の忌くるみなかなか割りにくし/成瀬桜桃子

胡桃に棲まるカトウノヴィッチ/イクヤーノフの春/加藤郁乎

胡桃の実カサと割りつつ酒を飲む夫の孤独の縁にわが座す/平林静代

タイトルとURLをコピーしました