季語/青梅(あおうめ)を使った俳句

「青梅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青梅」について

【表記】青梅

【読み方】あおうめ

【ローマ字読み】aome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅の実(うめのみ:umenomi)

・豊後梅(ぶんごうめ:bungome)

・信濃梅(しなのうめ:shinanome)

・甲州梅(こうしゅううめ:koshuume)

・実梅(みうめ:miume)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

青梅を含む俳句例

青梅や机に通ふ朝嵐/露月

青梅に天ぎる雪や砂糖漬/才丸

青梅ふた粒づつ山道/北原白秋

昴てふ邑へ吊橋実梅落つ/辻桃子

あなかまと青梅盗む衣の音/無腸

一籠の青梅浸たす流れかな/蒼石

夏痩の青梅好む病かな/西山泊雲

青梅や誰か盗みて鏡篋/松瀬青々

青梅や女のすなる飯の菜/炭太祇

青梅や客の驚く流れ水/石井露月

青梅に眉あつめたる美人哉/蕪村

蔵址や雨の石畳実梅落ち/及川貞

紅梅に赤坂小梅顎引き/高澤良一

見届けにゆく青梅と父の齢/原裕

青梅の最も青き時の旅/細見綾子

齢知る不安青梅地に転び/石塚友二

青梅や仮に結べる垣の外/松瀬青々

青梅に天ぎる雪や砂糖漬/椎本才麿

青梅の青の非情や緘口妻/橋本夢道

大島の峠の籔の実梅かな/後藤栄生

俳句例:21句目~

槐吹き逆吹く風の青梅に/石塚友二

青梅や病より起つ林和靖/子規句集

青梅を見つけ出したる旭かな/春海

青小梅庭一面に落ちにけり/原石鼎

夕日いま高き実梅に当るなり/立子

青梅を咬む歯に玉の響哉/浦四三子

塔中の実梅を女人袂にす/下村槐太

白砂に別雷の実梅かな/波多野爽波

青梅の匂ひて雨を遠のかす/比奈夫

糸取女寮の青梅青柚かな/西本一都

葉の色にありて青梅丸きかな/篠原

青梅や焼酎ひらく隼人達/幸田露伴

楸邨や兜太の頭や青実梅/和知喜八

最明寺殿の毒殺実梅に斑/高澤良一

青梅や空腹感の心地よく/深澤厚子

青梅や空しき籠に雨の糸/夏目漱石

青梅も拾はで雨の板戸かな/前田普羅

青梅も茜刷きけり臀のすぢ/室生犀星

さびしさは銀青梅の育つ夜/菅原和子

原罪の股ぐら熱し実梅採り/熊谷愛子

俳句例:41句目~

青梅落つ駈込寺に音立てて/斉藤夏風

太宰忌や青梅の下暗ければ/小林康治

青梅やこつりと落る石の上/寺田寅彦

交りを紫蘇の染めたる小梅かな/秋色

青梅をもぎ居る家や庭深し/会津八一

昼酒の葉に青梅の紛らはし/石川桂郎

青梅を採りつくしたる顔洗ふ/岡本眸

朝拾ふ青梅の笊ぬれにけり/室生犀星

来信は梅の青梅の病院より/高澤良一

死を賜ふとも青梅は空を埋め/中田剛

母よりは小包大家より青梅/如月真菜

青梅や島といへども国分寺/巌谷小波

青梅や昼もやす火の澄みとほる/槐太

青梅や案内乞ひたる武家屋敷/上村占

青梅や椽に立ちたる写経生/会津八一

箱いつぱい青梅小僧母より来/有働亨

簾外のぬれ青梅や梅雨明り/飯田蛇笏

実梅もぐ下駄戞戞と蟻払ひ/亀井糸游

実梅もぐ最も高き枝にのり/杉田久女

実梅より雨一雫顔に受く/瀧澤伊代次

俳句例:61句目~

小梅干す伊豆の臥す波坐る波/中拓夫

昼かまど燃えゐて雨の実梅かな/麦南

逆はず黙して梅の実をかぞふ/及川貞

玉砕といふ豊後梅花しづか/萩原麦草

落としても~ある実梅かな/籾山柑子

貧われに倖の日か実梅稚し/杉山岳陽

青梅にうはの空なる人恋し/立花北枝

追伸に本音漏らしぬ落実梅/奈良文夫

青梅に夏毛の鹿にそらは雨/森川暁水

額寄せて奇遇や旅の青梅に/古舘曹人

霧薄れゆける限りを小梅草/茂里正治

青梅や築地くえゆく草の中/室生犀星

青梅のたゝくや雨の石燈籠/寺田寅彦

青梅のなしと思へば見えそむる/誓子

青梅や誰も己の死は見えず/大井雅人

青梅の一枝漆黒の塀に垂れ/内藤吐天

青梅の七つか三つ成にけり/松瀬青々

青梅や足駄をさせる垣の枝/室生犀星

青梅の地を真つ直ぐに打ちし音/暮石

青梅の堅きを契り給ふべく/会津八一

俳句例:81句目~

青梅の屋根打つ音や五月寒/永井荷風

青梅や餓鬼大将が肌ぬいで/小林一茶

青梅のはねて泛く葉や夕泉/飯田蛇笏

青梅の生毛密なり婚約す/岡村東洋子

青梅の窓に落つるや薄明り/寺田寅彦

青梅の臀拭く布巾しろきかな/中田剛

青梅の苦きを打ちし礫かな/尾崎紅葉

青梅の落つる大地や雨上り/星野立子

青梅の記憶に長き塀のある/藤後左右

青梅の青選ばるる他はなし/後藤夜半

夕闇の実梅のひまを埋めつくす/石嶌岳

かみ破てまだ青梅のにがき思/寺田寅彦

作務畑は荒れ放題の実梅かな/細川加賀

仏壇に実梅の青の十ばかり/毛呂刀太郎

青梅や石堂あらばまた句すらん/原石鼎

朝市や故郷の青梅選び買ふ/小泉はつゑ

炭ついで青梅見ゆる寒さかな/室生犀星

牛の顔大いなるとき青梅落つ/石田波郷

独りという響き青梅のごとく/森田高司

男来て青梅を買う簡単なり/森下草城子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ