季語/白子干(しらすぼし)を使った俳句

「白子干」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白子干」について

【表記】白子干

【読み方】しらすぼし

【ローマ字読み】shirasuboshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白子(しらす:shirasu)

・ちりめんじゃこ(ちりめんじゃこ:chirimenjako)

・ちりめん(ちりめん:chirimen)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

白子干を含む俳句例

磯長びと声かけ通る白子干/原裕

曙や現れて細身の白子船/鈴木鷹夫

白子干す低き廂に浪荒び/福田蓼汀

雪山の奥に雪山白子汁/長田喜代子

白子干すや磯松の中一桜/徳永山冬子

ゆきひらの粥の一菜白子干/石川桂郎

商風の吹きわたる中白子漁/高澤良一

夏の潮大きく引きぬ伊勢白子/上村占

病室で過す昼餉や白子干/奥野美枝子

昨日今日波音のなし白子干/清崎敏郎

白砂光り早箸さばき白子干す/丹羽卓

雛の日を解禁とせり白子漁/佐野美智

浜に嫁す姉の便りや白子干/良籐/き代

島の路地十歩に尽きて白子干/宗/瑞志

旅先の暮らしのにほひ白子干/成瀬靖子

早鞆の瀬戸に並びて白子船/松崎鉄之介

暮遅し白子は白く乾し上り/松本たかし

白子干す日差薄しと仰ぎけり/大石暁座

白子干火の島の海かがやきて/長友砂峰

色さほど変へず白子の干上り/成川雅夫

俳句例:21句目~

白子干からびて人の逝かれけり/岸本尚毅

うかうかと生きて悔ある白子干/岩田由美

大マスクとつて白子の味見せり/高澤良一

白子干朝日に干して納めけり/松崎鉄之介

月蝕のすすむひと間の菊白子/鳥居美智子

白子煮る白き蝶とぶ時間かけ/加倉井秋を

河豚ちりの白子とけゆく雪の夜/橘棟九郎

浜風に白子干す手をひるがへし/中村仏船

浜風のほどよき強さ白子干す/橋川かず子

由比産の旬の白子がなおらひに/高澤良一

白からぬもの混じりゐて白子干す/森田峠

白子干し朝日に干して納めけり/松崎鉄之介

その先に立つをつつしめ白子干す/綾部仁喜

梅を供す父と背は白子は紅梅/竹下しづの女

しぐれ聞きちりめん山椒一トつまみ/高澤良一

走り梅雨ちりめんじゃこがはねまわる/坪内稔典

夢のあたりへ響くちりめんじゃこの咳/坪内稔典

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ