季語/薄氷(うすらい/うすごおり)を使った俳句

「薄氷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薄氷」について

【表記】薄氷

【読み方】うすらい/うすごおり

【ローマ字読み】usurai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・残る氷(のこるこおり:nokorukori)

・春の氷(はるのこおり:harunokori)

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

薄氷を含む俳句例

年立や格子の前の薄氷/龍雨

寒菊や水屋の水の薄氷/蓼太

餅搗や捨湯流るゝ薄氷/晩柳

餅搗や捨湯流るゝ薄氷/晩柳

潦薄氷しそめ牛受胎/宮坂静生

水草の薦にまかれん薄氷/素牛

薄氷の草を離るゝ汀かな/虚子

夜のほどの風の手際や薄氷/為拾

浮くや金魚唐紅の薄氷/正岡子規

薄氷や四五本芦の水ばなれ/余子

漂うて青き小国薄氷/金箱戈止夫

薄氷や終日昏き像の額/対馬康子

薄氷や住民票にわれ一人/岡本眸

薄氷や兎をころす童唄/市川千晶

妹と埋め合う対の薄氷/二村典子

切ためや花の根にそふ薄氷/自笑

薄氷や兔をころす童唄/市川千晶

父に問ふ二言三言薄氷/栗林千津

船入に家の脚立つ薄氷/桂樟蹊子

薄氷の中より草の立上る/星野椿

俳句例:21句目~

骨骸の寸運びかな薄氷/永田耕衣

薄氷雨ほちほちと透すなり/白雄

藁いろの少年の父薄氷/栗林千津

薄氷の針を見出でし宿酔/三橋敏雄

方円の桶にしたがふ薄氷/田山諷子

七草や襟にはね込む薄氷/中村史邦

人間の遠薄氷の時間かな/永田耕衣

薄氷の光を舐める猫の舌/伍賀稚子

泡のびて一動きしぬ薄氷/高野素十

杜若水は薄氷張りしごと/久米正雄

薄氷に女人の末に陽が淡し/三谷昭

薄氷やひとりたのしき鳰/石田波郷

薄氷に絶叫の罅入りにけり/原雅子

田の面やや傾いてをり薄氷/有働亨

白鳥に流れ寄りくる薄氷/石原八束

眠りては時を失ふ薄氷/野見山朱鳥

瞳濃く薄氷よりも情淡く/富安風生

磨崖佛近く薄氷張りにけり/日原傳

薄氷の宿のくらさに鎧櫃/古館曹人

薄氷や錯覚もまた真実も/都筑智子

俳句例:41句目~

葦の脛咥へてをるよ薄氷/鈴木貞雄

薄氷や金網一重空にほのか/草田男

薄氷の杭離るるに未練なし/滝峻石

薄氷と水の間の夢ごこち/折井博子

薄氷や耳の尖れる石狐/柴田白葉女

薄氷より紅梅までの髪靡き/齋藤玄

薄氷をつつきて嘴のごとき指/狩行

薄氷を心礎に塔の炎上記/桂樟蹊子

薄氷を押せば傾く水の空/高橋悦男

薄氷を昼の鶏鳴渡りゆく/野澤節子

薄氷を蹴散らしてあり仏坂/原田喬

薄氷に鯉の錦の滲みゐる/白岩三郎

薄氷翡翠の象を連れ歩く/山西雅子

薄氷に空の一隅流れゆく/古舘曹人

薄雪を乗せし薄氷銀閣寺/右城暮石

薄氷の底に年齢早見表/宇多喜代子

ひつぢ田や青みにうつる薄氷/一茶

薄氷の動きて瀞の石の貌/森田公司

薄氷天に奥山在る如し/河原枇杷男

えりの空から朝日さす薄氷/岡井省二

俳句例:61句目~

薄氷の解けて戻りし水の性/山内山彦

薄氷の裏に夕焼こもりけり/吉野義子

いろいろの草のいろさす薄氷/中田剛

薄氷や魚も焼かずに誕生日/石橋秀野

しののめの薄氷は踏み砕くもの/雅人

白日の薄氷ゆるくまはりけり/中田剛

薄氷の中の流れの濁りかな/岡田史乃

だんだんに水の光に薄氷/深見けん二

薄氷にのつて乾ける落葉かな/上野泰

薄氷や我を出で入る美少年/永田耕衣

薄氷の草を離るるときの音/鈴木五鈴

空を出て死にたる鳥や薄氷/永田耕衣

立春や昨日のままの薄氷/殿村菟絲子

薄氷の何も映さぬ巷かな/山田みづえ

薄氷や壁のひとつに鳥瞰図/古舘曹人

薄氷の上を厨の水はしる/近藤馬込子

薄氷の池の翳りや浄瑠璃寺/面地豊子

荒壁に日の差してゐる薄氷/桑原三郎

落日や薄氷の番して居れば/永田耕衣

わが声のわれを出でゆく薄氷/辻桃子

俳句例:81句目~

薄氷か紙の水子か紙漉場/百合山羽公

薄氷や命一つをもてあそび/小林康治

薄氷の水の遅れて流れけり/村本畔秀

薄氷の樹影が折れてより水面/稲岡長

薄氷の天地に風あそびをり/高橋馬相

薄氷の岸より離れゆく日和/小島左京

薄氷に雨降るよわが排卵日/池田澄子

薄氷にいま曇り来し風の音/小林康治

八朔の薄氷といふ砂糖菓子/辻田克巳

薄氷に佇ちて羽衣鶴といふ/上野好子

薄氷をくるりと廻す蘆の角/太田土男

薄氷をたたき割りたる山の雨/大串章

吾ありて泛ぶ薄氷声なき野/佐藤鬼房

薄氷を弾けば水の匂ひして/松崎剛之

薄氷の岸のあはれよ屋形船/今泉貞鳳

山風のふたたびみたび薄氷/廣瀬直人

薄氷やきのふ一粒万倍日/神尾久美子

薄氷を膝まづく母芹の水/磯貝碧蹄館

薄氷を踏みて或る日の夕景色/桂信子

薄氷も夢やそよそよ秘晩年/永田耕衣

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ