季語/葛湯(くずゆ)を使った俳句

「葛湯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葛湯」について

【表記】葛湯

【読み方】くずゆ

【ローマ字読み】kuzuyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

葛湯を含む俳句例

下京やさくら葛湯の夜の底/堤保徳

秋月の葛湯の中に雪が降る/穴井太

葛湯溶き年金ぐらし長丁場/高澤良一

風落ちて月現るゝ葛湯かな/前田普羅

母ねむり葛湯さめゆく花の昼/桂信子

葛湯して佳境にちかき水滸傳/飴山實

葛湯して父の隣に座りけり/黒田杏子

葛湯のむひるの鶏鳴谷づたひ/上村占

葛湯吹く鑑真の像くらやみに/上村占

他愛なく男の笑ふ葛湯かな/岩田由美

安らかに生命を繋ぎ葛湯吹く/雨宮抱星

腰痛に葛湯いただく返り梅雨/松村蒼石

断層の上に住みゐて葛湯吹く/中村ふみ

一握の雪を溶かして葛湯かな/長谷川櫂

一茶忌を忘れずゐたる葛湯かな/森澄雄

立春の息添へて呑む葛湯かな/村越化石

吉野より娶りし妻が葛湯かな/藤井瀞汀

薄めても花の匂ひの葛湯かな/渡辺水巴

夕空の美しかりし葛湯かな/上田五千石

葛湯して病少しと子に便り/良藤/き代

俳句例:21句目~

葛湯溶き病のほかを思へとよ/大石悦子

諦めの色になりたる葛湯かな/内田美紗

遺されし湯呑大きく葛湯溶く/西尾照子

電球のほのと灯れる葛湯かな/長谷川櫂

已むを得ぬ一人ぐらしの葛湯かな/岡本眸

うすめても花の匂ひの葛湯かな/渡邊水巴

恋の句の一つとてなき葛湯かな/岩田由美

みよしのの薄紅いろの葛湯かな/大橋敦子

人間にはなびらがある葛湯吹き/清水径子

ものなべて淡きがよけれ葛湯また/轡田進

やほらかき雨となりたる葛湯かな/中田剛

母が欲る葛湯きまつて風の夜に/茂里正治

一椀の葛湯をたのむ地震のひま/大石悦子

仏間なき家なり葛湯吹きくぼめ/小林康治

葛湯とき哀歓あはくなりしかな/村越化石

葛湯とく呪文唱ふるここちして/高澤良一

葛湯とく雨かもしれぬ風の音/正木ゆう子

葛湯飲みある夜は花鳥夢に見る/村越化石

透きとほる葛湯さみしき寝正月/中村苑子

匙重くなりて葛湯の煮えにけり/草間時彦

俳句例:41句目~

むらさきに海昏れのこる葛湯かな/樋口桂紅

吾が息のかゝりて冷めし葛湯かな/萩原麦草

葛湯より浮きしかきもち芳しく/明石たゞを

葛湯吹くはんなり赤き帯垂らし/小川斉東語

母に匂ひありしかと思ふ葛湯かな/川崎展宏

熟睡子をかたへや葛湯吹きに吹く/関戸靖子

葛湯啜り花の盈つるを待ちにけり/渡辺恭子

葛湯溶き何か謀りてゐるごとし/片山由美子

癒ゆること信じまゐらす葛湯かな/太田育子

葛湯てふたよりなきもの喉を落つ/島谷征良

葛湯煮て寝そびれ夫婦あそびをり/草間時彦

あつけなく湯気の固まる葛湯かな/長谷川櫂

葛湯吹く母はありけりわが前に/八木林之助

葛湯して匙の足らざる温泉宿かな/前田普羅

あはあはと吹けば片寄る葛湯かな/大野林火

しみじみとひとりの燈なる葛湯かな/岡本眸

降り出しぬ葛湯の匙は灯を掬ひ/三上芙美子

ははの喪の明くる葛湯をときにけり/村岡悠

わが息のかゝりて冷めし葛湯かな/萩原麦草

馬酔木咲く葛湯のやうな空の色/ふけとしこ

俳句例:61句目~

侘び住みの尼のふるまふ葛湯かな/小路智壽子

葛湯吹き今日討ち入りの日と思ふ/冨田みのる

葛湯吹くかまくらの灯に招かれて/伊藤いと子

葛湯吹くすきまだらけのそびらかな/細川加賀

風邪の手に朱塗の盆の葛湯とる/阿部みどり女

目まひして夫かなします葛湯かな/石田あき子

さましゐて冷ましすぎたる葛湯かな/片山由美子

生きたれば待つ日またくる葛湯かな/秋元不死男

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ