季語/吸入器(きゅうにゅうき)を使った俳句

「吸入器」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「吸入器」について

【表記】吸入器

【読み方】きゅうにゅうき

【ローマ字読み】kyunyuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

吸入器を含む俳句例

吸入器東風自ら曇りけり/久米正雄

吸入器白し窓には白き朝/依田明倫

妖精の衣ひろがる吸入器/大石雄鬼

妹より気弱な兄や吸入器/清水基吉

どの顔も少し呆けて吸入器/大槻右城

仙人の飢えたる如く吸入器/栗田直美

医の家の機械細しき吸入器/山口誓子

暖かき言葉のごとき吸入器/岡田史乃

くた~に疲れて戻り吸入器/大塚千々二

冬の日の障子白さや吸入器/大谷碧雲居

吸入器地獄のごとく激すなり/山口誓子

吸入器激しガラスの筒曇る/田川飛旅子

考えてをる顔ならず吸入器/阿波野青畝

買ひしまゝ使はずにある吸入器/森田峠

まながひに雲ぞ春めく吸入器/吉岡禅寺洞

吸入器噴く何も彼も遠きかな/橋本多佳子

吸入器扉あけて罐の火を焚けり/山口誓子

吸入器槐多亡き夜を激すなり/小川枸杞子

すでに子の目の濡れて待つ吸入器/白岩三郎

吸入器入歯はづせし口くぼめ/吉川/喜美子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ