季語/葱(ねぎ/き)を使った俳句

「葱」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葱」について

【表記】葱

【読み方】ねぎ/き

【ローマ字読み】negi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・深葱(ふかねぎ:fukanegi)

・根深(ねぶか:nebuka)

・葉葱(はねぎ:hanegi)

・千住葱(せんじゅねぎ:senjunegi)

・矢切葱(やぎりねぎ:yagirinegi)

・新里葱(にっさとねぎ:nissatonegi)

・飽海葱(あくみねぎ:akuminegi)

・下仁田葱(しもにたねぎ:shimonitanegi)

・岩槻葱(いわつきねぎ:iwatsukinegi)

・深谷葱(ふかやねぎ:fukayanegi)

・九条葱(くじょうねぎ:kujonegi)

・冬葱(ふゆき/ふゆねぎ:fuyuki_)

・ひともじ(ひともじ:hitomoji)

・葱畑(ねぎばたけ:negibatake)

・葱ぬく(ねぎぬく:neginuku)

・根深引く(ねぶかひく:nebukahiku)

・葱洗う(ねぎあらう:negiarau)

・洗葱(あらいねぎ:arainegi)

・晒葱(さらしねぎ:sarashinegi)

・痩葱(やせねぎ:yasenegi)

・凍葱(いてねぎ:itenegi)

・根深売(ねぶかうり:nebukauri)

季節による分類

・「ね」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

葱を含む俳句例

易水に葱流るゝ寒哉/蕪村

初霜の沙汰や頃日葱蕪/笠斎

葱匂ふ厨へ墨の水とりに/羽公

明がたか葱明りの流し元/一茶

残葱なる蛙の蹼を拡ぐ/中田剛

葱根深大根白菜底曇/石塚友二

根深売尻声強しけさの雪/利次

となりにも雨の葱畑/尾崎放哉

葱根深大根白菜底曇/石塚友二

仏燻てさらに葱を煮夜哉/道立

葱畠また葱畠古戦場/宮津昭彦

鸛や葱洗ふ川を踏わたる/古貢

雪中の葱を折る雪賤ケ嶽/上村占

葱の香や傾城町の夕あらし/蝶夢

山門の根深畑や初大師/村上鬼城

昔から太陽はあり葱畑/桑原三郎

霜の葱土深々と著たるかな/篠原

又とはん菊より後の根深畑/也有

葱畑を泣いて走れる学友よ/林桂

元日や時の鐘鳴る葱畑/中島月笠

俳句例:21句目~

洛外の根深畠や比叡颪/赤木格堂

旅終る厨に葱を乾ばせて/樋笠文

交りは葱の室に入にけり/炭太祇

人の世へ覚めて朝の葱刻む/鷹女

西行の寺片隅に葱育て/茂里正治

橇に葱夕日が深む山の襞/上村占

秋立てり山畑の葱一畝も/小澤實

行年や葱青々とうら畠/室生犀星

七種の夜を根深煎る隣あり/也有

ひともじの北へ枯臥古葉哉/蕪村

葱切つて溌刺たる香悪の中/楸邨

島原や葱の香もあり夜の雨/言水

萍や百円で売る芋や葱/岸本尚毅

葱白く洗ひたてたる寒さ哉/芭蕉

土寄せて影新しき葱畑/満田玲子

根深一把もらふて年を忘草/乙由

森の影ある忘年の葱畑/和知喜八

寒き野を都に入や葱売/高井几董

警察の横の畠の九条葱/藤田あけ烏

四五人の鬼みて帰る葱畑/久保純夫

俳句例:41句目~

四五本の葱を束ねて船厨/井桁衣子

歯痛かな確かに青き葱畑/柿本多映

易水に根深流るる寒さ哉/与謝蕪村

かささぎや葱洗ふ川を踏渡る/古貧

我畑の根深持て行け薬喰/松瀬青々

深谷葱着きぬ鍋もの何々ぞ/秋櫻子

ことごとく青折鶴の葱畑/福田蓼汀

土戀へる厨の葱や春の雨/西山泊雲

太箸に根深の芯の熱きこと/辻桃子

墓過ぎて葱畑の青現身に/細見綾子

行く年や葱青々とうら畠/室生犀星

多摩の子は葱畑より凧揚ぐる/青邨

水門や菜屑葱屑流れ寄る/寺田寅彦

凩に根深尖りて並びけり/大橋裸木

葱買ふて枯木の中を帰りけり/蕪村

葱白く洗ひたてたるさむさ哉/芭蕉

はる寒く葱の折ふす畠かな/炭太祇

はる寒く葱の折れふす畠かな/太祗

腰折れの鉄砲町の春の葱/石田勝彦

葱畑も大根畑も古戦場/鈴木半風子

俳句例:61句目~

寺見ても貧しき村や葱畑/尾崎迷堂

葱畑の畝ふか~とある日ざし/青峰

葱畑に汚れの見ゆる寒旱/宮津昭彦

鴨鍋の近江の芹よ白葱よ/大橋敦子

鬱勃と身の熱き日や春の葱/大佐優

山に冬来れり葱は直立す/村越化石

一列の葱に忿怒の美しき/和田悟朗

炭はぜて葱に飛びたり夜新し/綾子

市に竝ぶ泥葱三把雪の上/羽部洞然

水葱畳払はれ江津の景戻る/梶尾黙

庭土に葱埋むより春の雪/石塚友二

燈台の裏窓一本の葱吊す/古館曹人

葱洗ふ水が力の音立てて/河野南畦

葱掴む途中の指や裁判所/久保純夫

数行の添書めきて葱の畝/宮津昭彦

種吐けと葱の頭を大叩き/大石悦子

晴れし日の群雀沈め葱畑/佐野美智

白葱を二三本ぬき鼓うつ/橋石和栲

葱伏せてその夜大きな月の暈/直人

葱屑の水におくれず流れ去る/汀女

俳句例:81句目~

朝光の白山葱の先揃ふ/黒田櫻の園

葱大根豚の油も白かりき/会津八一

肉屋来て雀押し合ふ葱畑/萩原麦草

満月や根深ぬかれし山畑/中島月笠

雪掘りて雪の甘みの葱蕪/細谷鳩舎

光らせし葱一本を細と呼ぶ/下田稔

初東風に葱の畑の土まへる/瀧春一

野と隔つ垣破れたり葱畑/子規句集

貧厨に葱噛む昼の鼠かな/尾崎紅葉

あさ風やかもの川原の洗ひ葱/大江丸

根深煮る色こそ見へね冬籠/横井也有

ありなしの葱雑炊に舌焼かん/森夢筆

葱剥いて光らせて売り小百姓/下田稔

痩葱にさかな切込磯家かな/高井几董

窓拭きてくらき雨中の葱畑/横山白虹

母子寮の厨に見えて葱白し/臼田亞浪

北窓を根深畠にふさぎけり/村上鬼城

今朝の雪根深を園の枝折哉/松尾芭蕉

はつしもや吉田の里の葱畑/高浜虚子

ひともじに同じ雲ゐる桂郎忌/斎藤玄

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ