季語/賀状書く(がじょうかく)を使った俳句

「賀状書く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「賀状書く」について

【表記】賀状書く

【読み方】がじょうかく

【ローマ字読み】gajokaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

賀状書くを含む俳句例

賀状書き心東奔西走す/嶋田摩耶子

妻が書く賀状二三や小正月/九品太

賀状書くや心の友の面知らず/林翔

賀状書く心東奔西走す/嶋田摩耶子

横顔の記憶ぞ慥か賀状書く/谷口小糸

賀状書く千年さまの誕生日/武田和郎

賀状書く犬の遠吠楽しげに/香西照雄

病む夫を襖に隔て賀状書く/飯野てい子

受付に僧ひとりゐて賀状書く/茨木和生

目の悪き友に太字の賀状書く/沼尻ふく

賀状書き一枚ごとの嵩を積む/大橋敦子

賀状書きならべていよよ古畳/浦野芳南

賀状書く喪中幾葉かへし読み/川畑火川

賀状書く淡き縁もよからずや/山田弘子

賀状書く背を夕焼が移るらし/黒岩有径

賀状書く蛸足配線なりしかな/内田美紗

賀状書くしみじみ妻と二人して/楠本憲吉

はるかなる男の賀状書に挾む/殿村菟絲子

筆疲れ見えつつ賀状書きやまず/亀井糸游

一つ灯を妻と分け合い賀状書く/高村寿山

俳句例:21句目~

世のつねに習ふ賀状を書き疲る/富安風生

宿題に手をつけるごと賀状書く/高澤良一

新住所やうやく馴染み賀状書く/原島悦子

賀状書くわが旧姓のおとうとへ/内田美紗

賀状書く世にひれ伏せし心もて/守屋吉郎

たゞこの時会ふのみの人賀状書く/相馬遷子

みささぎの梢の見ゆる賀状書く/波多野爽波

忙しさにまだ余白あり賀状書く/穐好樹菟男

賀状書く先づ印泥を練りあげて/岩坂満寿枝

病んで少なくなった友へ賀状書く/住宅顕信

端役も亦愉しからずや賀状書く/牛山一庭人

縫ひあげし紬着こなす賀状書き/加藤知世子

賀状書かむ書かむと心急くのみに/相馬遷子

賀状書く焙じ茶熱きひとりの夜/山田みづえ

賀状書くうすき縁となりにけり/岡部十糸女

賀状書くけふもあしたも逢ふ人に/藤沢樹村

賀状書くやはらかき刻ありにけり/酒井裕子

賀状書く痴呆かなしき友ひとり/細見しゆこう

変らぬは佳きことならむ賀状書く/渡邊千枝子

踏み場なき程にならべて賀状書き/安藤志津子

俳句例:41句目~

添へ書きの賀状のことばあたたむる/稲垣きくの

添へ書きのさりげなかりし賀状かな/米田双葉子

うつし身の逢ふ日なからむ賀状書く/渡辺千枝子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ