季語/松納(まつおさめ)を使った俳句

「松納」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「松納」について

【表記】松納

【読み方】まつおさめ

【ローマ字読み】matsuosame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・松上り(まつあがり:matsuagari)

・松倒し(まつたおし:matsutaoshi)

・松下し(まつおろし:matsuoroshi)

・松送り(まつおくり:matsuokuri)

・松引(まつひき:matsuhiki)

・松直し(まつなおし:matsunaoshi)

・お松払い(おまつはらい:omatsuharai)

・松取る(まつとる:matsutoru)

・門松取る(かどまつとる:kadomatsutoru)

季節による分類

・「ま」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

松納を含む俳句例

松納め道の家々人影す/白葉女

松とりし船荒海に航行す/舟月

山頂に神の灯蒼く松納/三千女

松納池の向うを人通る/上田操

橙を机にとつて松納/山口青邨

月に掃く門の芥や松納め/婉外

此町や後れ先だつ松納め/虚子

船の松泡だつ海へ納めけり/北浪

松とれて小穴二つや門の前/肋骨

夕月の光を加ふ松納/深見けん二

月代や納めし松を土のうへ/春草

梅柳松は納めて束ねけり/伊藤観

月雪や松を納むる六日の夜/麦南

松納夕べの山に星ひとつ/嶺治雄

松納さびしきことの初めかな/林翔

松納め嶺明るくて雪降れり/中拓夫

月白うして鳰啼くや松納/渡辺水巴

而して稿を起さん松納/小原菁々子

松納傾き古りし長屋門/吉野左衛門

餅入れて粥を煮る日や松納/碧梧桐

俳句例:21句目~

松納してまたもとの古き町/中火臣

松納ふらりと四谷見附橋/古舘曹人

働かぬ腕の重さや松納/白岩てい子

肌色の雲つぎつぎに松納/広瀬直人

妻産気づきて俄かの松納/井上史葉

鍵倉の雪かゝる松納めけり/万太郎

松とれし下田や遺る海鼠壁/貞弘衛

松納軒先に潮鳴ってをり/中澤康人

松とりて世ごころ楽し小正月/几董

草履はいて薄雪ふみぬ松納め/梨葉

文藝の小なるを思ふ松納/田中裕明

松とれて俄に雪の山家かな/東洋城

松取りて春まだ浅き大路かな/綺石

日白うして鳰啼くや松納/渡辺水巴

みちのくの雪なき年の松納/鈴木喜久

穢土浄土風の撓みに松納む/巌谷小波

表札の一字のゆがみ松納/宇多喜代子

銀座名和美容室松納めけり/黒田杏子

七つ星逆立つ路地や松納/佐野青陽人

松取らぬ一艘もあり舟溜り/中村明子

俳句例:41句目~

停年を妻言へり松納めつつ/草間時彦

松取れて焼く素き夕ベあり/中村明子

大津繪に散財始め松とれて/高澤良一

またもとの仕事の鬼や松納/山本蓬郎

松とりて常の朝日となりにけり/不角

松とれし公民館に本返す/稗田富貴子

松とれし町の雨来て初句会/杉田久女

松とれし門の椿に花ありぬ/林原耒井

松とれて心の内に頭上ぐ虫/高澤良一

松とれて湯町に戻る川の音/高澤良一

子供らの縄打ち遊ぶ松納め/西村和子

村中の納め松曳く修羅神輿/荏原京子

学僕の松を納むる暮雪かな/矢野奇遇

松とれて鉄門鉄に戻りけり/大西一冬

薪割る音また響く松とれて/高浜虚子

松納めて桜並木は月夜なり/渡辺桂子

松納めはぐれ鴎の田に来たり/中拓夫

松納め里は寝雪となりにけり/竹の門

松納竹は乾きて葉をこぼす/石川桂郎

柴門に結びし松を納めけり/富安風生

俳句例:61句目~

浦の戸の波白き日や松納/廣江八重櫻

浪音の部屋にとどけり松納/洞/久子

松納みぢかき旅の荷を解きぬ/田中裕明

松過ぎの波を納めて安芸の国/角川照子

松とれて後の睦月のかけ足に/草村素子

休漁の海女小屋を抜け松納め/岩田和子

泊らむと出でしが戻る松納/長屋せい子

松とれて太田胃散もなべて暇/高澤良一

松とれし心ゆとりや雪が降る/臼田亜浪

川べりの小田に重ねぬ納め松/設楽牧童

門ゆくも心安けれ松とれて/高橋淡路女

旅帰りひと日遅れて松納め/下村ひろし

朝からの雀のこゑや松とれて/高澤良一

松とりてまた一年を暮らすかな/龍岡晋

爪切って何をせむとや松納め/樋口津ぐ

磯みちや納めこぼれの松の屑/石田勝彦

松取りて佗しき心立ちて見る/島田青峰

松納めの今日までを凪つゞきけり/句仏

松取れて夕風遊ぶところなし/角川照子

船の松納めて思ひ沖にあり/東田ただし

俳句例:81句目~

松納月まだわかきひかりかな/川口益広

松とれて費えのうちの芋大根/石橋秀野

永かりし昭和の松を納めけり/綾部仁喜

松取りし門を一たび出てタベ/皆吉爽雨

松納めわが家小さく見返へりぬ/吉田鴻司

格子ぬちほのと灯れり松納/久保田万太郎

富士遠くなりし日向や松納め/佐野青陽人

松とれし一つ地球にいくさあり/都筑智子

松納めたる家々をつゝむ靄/久保田万太郎

松とりて二日になりしやなぎかな/大江丸

鎌倉の雪かゝる松納めけり/久保田万太郎

松とれてゆるき刻あり没日あり/金田咲子

松とれて日はさんさんと高梢に/高澤良一

松とれて妻の座ぬくし渋茶の香/豊島登風

むさしのの雪積む松を納めけり/渡辺恭子

松取つて風音変る夜となりぬ/岡野スミ子

日の暮のとろりと伸びし松納/福田甲子雄

昭和の世ひた惜しみ松納めけり/中本柑風

松とれて雪降りて常の日となりぬ/及川貞

松納め元のいぶせき戸口かな/高橋淡路女

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ