季語/メロンを使った俳句

「メロン」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「メロン」について

【表記】メロン

【読み方】めろん

【ローマ字読み】meron

子季語・関連季語・傍題・類語など

・マスクメロン(ますくめろん:masukumeron)

・西洋メロン(せいようめろん:seiyomeron)

季節による分類

・「め」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

メロンを含む俳句例

点滴の秒刻む夜のメロン/大熊久子

メロン食べ小さく古き国めぐる/林翔

氷水メロン振りかく目分量/高澤良一

メロン熟る亡き父在さば誕生日/林翔

炎帝につかへてメロン作りかな/篠原

一茎に一玉淡き春メロン/百合山羽公

兄妹に月美しきメロンかな/橋本寅男

温室はメロンを作る夏の雨/山口青邨

東京の夕日傾きメロン切る/山崎十死生

忘れゐしメロン荒々しくにほふ/辻桃子

温室のメロンに灯す晴夜かな/飯田蛇笏

メロン切る事を決しぬ今の今/中原冴女

鳶の糞メロンの蔓を汚しけり/高澤良一

メロン守昼の休を温室にゐず/田村了咲

妻癒えてメロンの舟に匙の櫂/本宮鼎三

爪弾く社用で贈るメロンかな/守屋明俊

等分にメロン切る技妻にあり/大庭星樹

蟇鳴きて少年青きメロン食む/柿本多映

メロン積む砂の半島弓なりに/守谷茂泰

鏡中に点滴瓶と熟れるメロン/寺井谷子

俳句例:21句目~

雪の窓メロンの緑レモンの黄/日野草城

雲は八重メロン全円匂ひたつ/野澤節子

メロン苗買ひに町まで小半日/撫養/チカ

新婚のすべて未知数メロン切る/品川鈴子

熟れメロン妻に執刀ゆだねたり/児玉寛幸

行く年やメロン高貴の薄みどり/渡邊水巴

メロン買ひわが体温の紙幣消ゆ/福永耕二

網目兄弟蔓の緒違ふ青メロン/百合山羽公

店内に満ちて試食のメロンの香/中村和子

白樺を日のもる卓にメロン割る/伊丹丈蘭

メロンから拡がる夜の白い漁網/中嶋秀子

殉教は跡をとどめずメロン園/下村ひろし

メロンたうべ明るく巨き船おもふ/瀧春一

月前のメロンを截れば霧のぼる/太田鴻村

生き死にの話とぎれてメロン食ふ/三宅桂

メロンの香に溺れ病閑睡りしか/横山白虹

安堵の夜メロンの果肉透き通る/栗田直美

人事課のメロン静止すあとは霞み/渋谷道

丹精の網目がつゝむメロンかな/大石暁座

メロン割る子に土用波くり返す/萩原麦草

俳句例:41句目~

大メロン妻の位牌の隠くれけり/木村一朝

メロン掬ふに吃水線をやや冒す/鈴木栄子

横抱きのメロン農婦の胸を押す/高橋悦男

メロン熟れる落日稿は急ぐもの/寺田京子

骨の音加えメロンの匙をとる/林田紀音夫

高階にメロンすすれば海光る/田邊香代子

メロン掬ひをりて不意に嗚咽かな/石川文子

メロンに刃入るるや沖に白帆置き/畠山譲二

メロンよく冷えゐて匙の曇りけり/高橋笛美

メロン切る一人ではない時に切る/如月真菜

メロンにも銀のスプーン主婦好み/高濱虚子

メロン食ぶけふは行儀を崩しをり/後藤夜半

メロン食べ抜糸すみたる夜の寧き/伊東宏晃

メロン食べ病みて幸せなどと言ひ/岡田悦子

二十四の瞳のなかでメロン切る/やしま季晴

仮初の雅びなるべしメロン食ぶ/相生垣瓜人

作り手にのせ青無垢の春メロン/百合山羽公

友ら集ひ呉れて子の忌やメロン切る/及川貞

朝涼や栗鼠がきて食ふ花メロン/軽部烏帽子

子をつれてメロンの頃に帰り来よ/田島/十

俳句例:61句目~

夜のメロン銀の匙より冷たくて/持丸寿恵子

熟れ頃も冷え頃も誕生日のメロン/大橋敦子

尼となる勇気もなくてメロン食ぶ/今泉陽子

網メロン術後は持てず切れもせず/品川鈴子

聖夜メロン舟型に切り皿に揺れ/大岳水一路

金を以てメロンの皿の瑕をうづむ/後藤夜半

銀の匙もてゴンドラのメロン漕ぐ/浅賀渡洋

恋に倦みメロンの網を撫でゐたり/小林貴子

青メロン運ばるゝより香に立ちぬ/日野草城

頭痛など知らずメロンの種無数/大江まり江

うれ加減メロンの臍に知られけり/高浜年尾

骨壷とならびてメロン網かぶる/榎本冬一郎

サイロの香メロンの香あり落城址/堀口星眠

籐椅子にペルシャ猫をるメロンかな/富安風生

メロンすくへば銀座の夜の匂ひする/遠藤素兄

ソクラテスの妻の顔してメロン食む/大沢玲子

娘のゑまひ銭をさげすみメロン買う/飯田蛇笏

カレンダーにメロンの賞味日朱で標す/森啓子

わが医師メロン呉れたり大きメロン/中尾白雨

怖れけりマスク/メロンの甘さだに/林原耒井

俳句例:81句目~

メロン食む別れの刻のあをあをと/鍵和田釉子

露の香やメロンの網に手をふるゝ/吉岡禅寺洞

古拙なる微笑メロンの一と匙を/長谷川かな女

メロンも灯ももう眠りなさい遺影/大貫つるじ

母とゐてこゝろ足る夜のメロンかな/中尾白雨

泣きメロン泣きバナナ棺詰めてをり/赤松けい子

刃を入るるメロンに夜が濃くなりぬ/岡部名保子

しろがねの刃のためらはぬメロンかな/日野草城

夜のメロン女医のポケットベル鳴りて/伊藤百洗

メロン買ふチャイナタウンの坂の店/稲垣きくの

迷路ばかりのメロンの肌を恐れけり/北見さとる

ホワイト/メロン月に転げて止りて白し/林原耒井

ホワイト/メロンそれより白き月出でぬ/林原耒井

メロンの眠りレモンの目覚め癒ゆる日々/加藤知世子

海上につよき一星メロン冷ゆ///ジャワ/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ