季語/木菟(みみずく/ずく)を使った俳句

「木菟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木菟」について

【表記】木菟

【読み方】みみずく/ずく

【ローマ字読み】mimizuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・五郎助(ごろすけ:gorosuke)

・大木葉木菟(おおこのはずく:okonohazuku)

・虎斑木菟(とらふずく:torafuzuku)

・小木菟(こみみずく:komimizuku)

・鷲木菟(わしみみずく:washimimizuku)

季節による分類

・「み」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

木菟を含む俳句例

木菟檻に鶏の頭や小正月/辻桃子

木菟や巻に對して瞠目す/森鴎外

木菟鳴くや回廊長き坊泊/石丸恭子

僧帰る月黒谷や木菟の声/滝川愚仏

木菟のたわいなく寝る時雨哉/一茶

木菟の大まばたきや小正月/辻桃子

木菟の目たゝきしげき落葉哉/乙由

木菟鳴けり村の要の樅大樹/野原春醪

木葉木菟悟堂先生眠りけり/石田波郷

木葉木菟旅の手足を軽く寝る/浜芳女

闇汁や闇に目の利く木菟男/三溝沙美

隠亡の後妻めづる木菟の冬/西島麦南

青天に飼はれて淋し木菟の耳/原石鼎

文鎮の木菟南部鉄木菟が呼ぶ/田仲了司

夜長し木彫の木菟と谷の木菟/村越化石

木菟やほうと追れて逃にけり/村上鬼城

ノラ遠し久女も遠し木菟の森/伊藤敬子

ホーと木菟雪国の土匂ひ出づ/村越化石

木菟に似る老人と遇ふ夏の山/嶋田麻紀

俳諧は破格破格と木菟の云ふ/高澤良一

俳句例:21句目~

木菟鳴くや力尽して粥食へば/目迫秩父

木菟の独わらひや秋の昏宝井其角/

待針を失う木菟の声がして/平井久美子

木菟が呼ぶ城の鬼門に旧火山/福田蓼汀

木菟やさみしきときは莨喫ふ/三橋鷹女

林泉守の木菟のこゑかも月朧/沼澤石次

牧童の夜は漫画家木の葉木菟/毛塚静枝

耳たてし耳木菟顔のうすきかな/原石鼎

藪の木に暁月しらみ木菟の冬/飯田蛇笏

見開けどかなしき木菟の眼哉/中川宋淵

身じろぎて木菟また元の如く居る/篠原

木菟の冬農僕せちに妻をほりぬ/西島麦南

木菟の夜は指細るまで手を洗ふ/倉田素香

木菟明眸をりをり月に瞼伏せ/橋本多佳子

木菟鳴けり雪もつ嶺は夜も覚めて/金子潮

木葉木菟声を重ねてはるけしや/伊藤敬子

木葉木菟夜更けて曇る大玻璃戸/石井雅子

夜の冬比叡の木菟も参り候/長谷川かな女

木菟や剃りたての頭つつみ寝る/高田蝶衣

木葉木菟月かげ山をふかくせる/山谷春潮

俳句例:41句目~

木菟の夜は雪嶺軒に来て立てる/堀口星眠

山風に暁のなぐれや木菟のこゑ/飯田蛇笏

禅林に闇のひろごる木菟のこゑ/橋本榮治

昼の木菟いずこに妻を忘れしや/橋石和栲

月さして槻にあまたの今年木菟/飯田蛇笏

裏余呉のうす刃明りや月夜木菟/内田雅子

木菟鳴くや薄月いよゝ薄ければ/中川宋淵

木の瘤となりきる木菟に残る雪/栗生純夫

木菟鳴くや臥床つめたき奥出雲/中村苑子

カステラの皮の色して木菟眠る/大石雄鬼

木菟鳴いて月照り渡る沖の耳/望月たかし

青天へ木菟がとび出し雪崩かな/佐野良太

村の灯はどこも木隠れ木菟啼けり/佐藤国失

木菟きいて悪妻持ちが悲しがる/秋元不死男

梅雨の木菟鳴き出で分つ死者生者/相馬遷子

父母あらぬ山河更けゆく木菟の声/西村博子

木菟きいて皆ねむげなり家族なり/中山純子

木菟ねむる木の葉剰さず地に還り/岡田貞峰

木菟のほうと追はれて逃げにけり/村上鬼城

耳立ちて木菟は毬より丸くなる/阿波野青畝

俳句例:61句目~

木菟の杜白骨となるまで人を焼く/赤尾兜子

木菟の森やまびこ昼をねむりけり/西島麦南

うつうつと木菟の瞼の二重かな/軽部烏頭子

出羽三山闇に溶けゆく木菟鳴いて/秋山花笠

山の童の木菟捕らえたる鬨あげぬ/飯田蛇笏

山国の藁塚木菟に似て脚もてる/松本たかし

雲の上の木菟に見らるる寒林忌/笠間元一郎

月代の軽くなりたる木菟のこゑ/猪俣千代子

木の葉木菟声を重ねてはるけしや/伊藤敬子

鷹と木菟並び飼はれて無視し合ふ/川村紫陽

夏炉辺にひんやり木菟の如く座す/森井夕照子

木菟啼くや剃りたての頭つゝみ寝る/高田蝶衣

団欒にも倦みけん木菟をまねびけり/芝不器男

木菟時計鑛山住みの妻に晝は鳴り/栗林一石路

木菟と木の瘤木菟と木の瘤眠れぬ夜/大野林火

木菟鳴いてにはかに森の闇深む/大和田知恵子

二十日月瞳のかたき子に木菟呼ばむ/橋本義憲

わが膝に木菟がなじめる夏炉かな/殿村莵絲子

脱ぎし衣の温みさめゆく木菟の夜/鷲谷七菜子

もの音にまばたく木菟の子どもかな/下村梅子

俳句例:81句目~

木菟鳴くや日田の三隈のその一つ/福嶋/紀蘇

木菟鳴くや首里のはずれの亀甲墓/屋嘉部奈江

木菟なくや剃りたての頭つゝみ寝る/高田蝶衣

木菟ちかし湯婆の冷えはやき日は/久保田晴朗

木菟が目を細め涼しきランプかな/殿村菟絲子

巣づくりの木菟があらそふ洞ひとつ/藤原如水

機織りの洩れ灯更けゆく木菟のこゑ/氏家さち子

ほうほうと木菟呼ぶ故山に父母待つと/福田蓼汀

すすき木菟祈りきかねば燃やさるる/小島千架子

かまくらの夜をしめくくる木菟のこゑ/佐藤国夫

寝しづまる木出しの村や木菟のこゑ/大和田知恵子

木菟来たる屋根下に寝て寝呆うけぬ/長谷川かな女

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ