季語/蓑虫(みのむし)を使った俳句

「蓑虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓑虫」について

【表記】蓑虫

【読み方】みのむし

【ローマ字読み】minomushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鬼の子(おにのこ:oninoko)

・鬼の捨子(おにのすてご:oninosutego)

・みなし子(みなしご:minashigo)

・親無子(おやなしご:oyanashigo)

・木樵虫(きこりむし:kikorimushi)

・蓑虫鳴く(みのむしなく:minomushinaku)

季節による分類

・「み」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

蓑虫を含む俳句例

風軽し蓑虫ゆらぐ帰り花/又玄

皆子也蓑虫寒く鳴き尽す/乙州

初空と枝に蓑虫かかるのみ/龍男

蓑虫の著たり竹蓑柳蓑/松藤夏山

蓑虫の茶の花故に折れける/猿雖

蓑虫の蓑の雫や草の露/中村史邦

蓑虫の糸一本に安住す/関森勝夫

老人の屈伸体操蓑虫に/高澤良一

蓑虫の鳴く時蕃椒赤し/子規句集

蓑虫の蓑に耐へゐる雨滴/北村岬

蓑虫や美しき名の女墓/巌谷小波

蓑出づと鬼の子坊主頭なり/中田剛

柊に鬼の子のゐる日和かな/中村剛

さ月音に我蓑虫や母恋し/服部嵐雪

蓑虫のさがりはじめつ藤の花/去来

蓑虫の屍捨て所なき右手/対馬康子

蓑虫の角やゆづりし蝸牛/山口素堂

妨げにならぬ蓑虫掲示読む/森田峠

蓑虫の蓑の薄さよ海女の墓/松本旭

蓑虫のいつから見るや帰り花/昌碧

俳句例:21句目~

蓑虫や父の依怙地は衰へず/神田岩

蓑虫の微風の孤り芝居かな/川口襄

蓑虫の糸一本にある力/岡本秋雨路

大学生繊し蓑虫街路樹に/川口重美

蓑虫の一徹にして顔出さず/長田等

裸身の蓑虫吹かれきて薄暑/瀧春一

蓑虫や仰ぐ頭上に飛行船/国領恭子

玄黄の間に蓑虫下りけり/宮地良彦

蓑虫の糸の長さや十三夜/谷野予志

糸長き蓑虫安静時間過ぐ/石田波郷

蓑虫や朝は機嫌に糸長し/星野立子

蓑虫も盥の水も謎の世ぞ/清水径子

蓑虫は水に下りつ朝納涼/渡辺水巴

仏性を育んでをり蓑虫は/柴田奈美

蓑虫の鼻先の梅ほころびぬ/樋笠文

偏屈な蓑虫薦被て晩年へ/高澤良一

蓑虫の音を聞きに来よ草の庵/芭蕉

蓑虫の此奴は萩の花衣/阿波野青畝

なんとなく雨の蓑虫蝋燭師/吉田紫乃

にくき踊子蓑虫を耳飾とす/宮武寒々

俳句例:41句目~

ぶらりとさがつて雪ふる蓑虫/山頭火

雑兵のいろに蓑虫関が原/北見さとる

みのむしの古巣に添ふて梅二輪/蕪村

蓑虫の蓑にあをき葉雨のなか/中田剛

蓑虫のひとすぢ青きもの鎧ふ/芝由紀

退屈な時間蓑虫垂れてをり/柴田奈美

みのむしも余さず染めし海入日/原裕

蓑虫のぶらと世にふる時雨かな/蕪村

みのむしや笠置の寺の麁朶の中/蕪村

蓑虫庵出で来て眩し菊花展/斎藤節子

蓑虫の枝日々にほそみけり/飯田蛇笏

蓑虫や宙明るすぎ土暗すぎ/加藤楸邨

五月音に我が蓑虫や母恋し/服部嵐雪

蓑虫や学問の府にぶら下がり/森田峠

南禅寺裏の蓑虫日和なる/成瀬桜桃子

嚏一つ蓑虫庵にのこし来し/大橋敦子

蓑虫や子は東京に吊るされて/小林円

蓑虫のまた顔隠す山の中/木附沢麦青

蓑虫や子づれ集まる新公園/泉とし子

蓑虫の意志一本の糸ならむ/辻口静夫

俳句例:61句目~

年とつて蓑虫が越す碧い冬/和知喜八

曇日の蓑虫探りあてしかな/村越化石

蓑虫の下から大空ひろがれり/大串章

新蕎麦や蓑虫庵を目のあたり/飴山實

蓑虫は月の夜毎を信じゐる/高橋馬相

蓑虫の妹恋しとは鳴かぬ也/正岡子規

猫抜ける外人墓地の秋真昼/中村蓑虫

蓑虫や句を晩年の計として/巌谷小波

蓑虫がすてし簑あり鞍馬石/堀口星眠

蓑虫の鳥啄まぬいのちかな/芝不器男

蓑虫の父よと呼ばかゝし哉/横井也有

曇りのち晴蓑虫は動かずに/鈴木有紗

蓑虫にかかはりのなき地動説/松本久

蓑虫の青空を引き入れてをり/神蔵器

蓑虫の世は垂直に風の中/住谷不未夫

蓑虫や化けて戸叩く秋の雨/立花北枝

蓑虫の機嫌の空の揺れゐるよ/中条明

蓑虫の貌出してゐる日本晴/滝沢無人

蓑虫の貌だしてゐる深山晴/下地慧子

蓑虫の一見粗なる蓑強し/大江みどり

俳句例:81句目~

蓑虫の蓑温めゐし日の陰る/高澤良一

蓑虫の蓑は文殻もてつづれ/山口青邨

蓑虫に眠り季風一波二波/岡本まち子

蓑虫の蓑はおほかた簡単着/高澤良一

蓑虫に聞かれてをりし独り言/吉岡宏

蓑虫のあまりし絲の夕遊び/白岩三郎

蓑虫や吹き起されて石の面/高野素十

蓑虫の敢て移らぬ梢かな/塚本桐一葉

蓑虫の糸にぶつかる日本晴/鎌倉佐弓

桜木の蓑虫も父恋ひて鳴く/高木晴子

蓑虫や夕映部屋を預けくる/巌谷小波

蓑虫の蓑の雨ほす朝日かな/籾山梓月

つやつやとして蓑虫の貌か眼か/中田剛

みのむしの家くづしたる野分かな/句空

みのむしの得たりかしこし初時雨/蕪村

みのむしの掛菜を喰ふ静さよ/加舎白雄

みのむしの此奴は萩の花衣/阿波野青畝

みのむしや秋ひだるしと鳴なめり/蕪村

コンマ2の誤差で蓑虫ゆれ動く/林恒子

塩田碑より蓑虫の殻つまむ/瀧澤伊代次

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ