季語/寝茣蓙(ねござ)を使った俳句

「寝茣蓙」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寝茣蓙」について

【表記】寝茣蓙

【読み方】ねござ

【ローマ字読み】negoza

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寝筵(ねむしろ:nemushiro)

季節による分類

・「ね」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

寝茣蓙を含む俳句例

土曜市草の匂ひの寝茣蓙買ふ/平野山石

棚経や父の寝茣蓙の端ほつれ/皆川白陀

真青な寝茣蓙の上の窶れかな/鈴木鷹夫

華麗なる寝茣蓙の上の齢かな/草間時彦

夏掛や寝茣蓙の上の一トつかみ/瀧井孝作

寝茣蓙して法師蝉けふ聲加ふ/石田あき子

寝茣蓙なる花にかこまれ妊る身/井桁敏子

寝茣蓙買ふ郷愁しきりなる妻よ/松尾緑富

眼科出て寝茣蓙を買へる入日中/宮武寒々

話まだ寝茣蓙につづく姉妹かな/井上和子

うちくぼみ浪間のごとき寝茣蓙かな/轡田進

ふたまはり寝茣蓙の夫の細りけり/足立和子

伽藍広し寝茣蓙を貸しに小孩来/成瀬桜桃子

奥能登の一夜の宿の寝茣蓙かな/大橋越央子

寝茣蓙してくすくす笑ひいつまでも/辻桃子

寝茣蓙干すことが日課に加はりぬ/磯村美鶴

寝茣蓙敷きかなしき音の中に寝る/小林康治

打敷きて寝茣蓙の花鳥いのち得し/鈴木穀雨

昼寝茣蓙机辺の反古をあふち敷く/亀井糸游

草の戸に買ひ戻りたる寝茣蓙かな/松藤夏山

俳句例:21句目~

鮮やかに寝茣蓙の夢の残りけり/砂田貴美子

よこたへて老の身かろき寝茣蓙かな/野間紅蓼

兄在りて吉備の寝茣蓙を送り来し/笠原ひろむ

寝茣蓙して蹠よごれてゐしを恥づ/林田紀音夫

ちゝろ鳴きそめし寝茣蓙も別れかな/金尾梅の門

図書に手のとどくところに寝茣蓙敷く/国弘賢治

寝茣蓙よりはがし起きたる背中にて/徳永山冬子

青田風暁の寝茣蓙の端冷えし/高田蝶衣「青垣山」

かさなりて寝茣蓙の厚きところかな/小原啄葉「遙遙」

病める身のぬくもりのある寝茣蓙巻く/堀田政弘/『父の日』

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ