季語/水機関(みずからくり)を使った俳句

「水機関」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水機関」について

【表記】水機関

【読み方】みずからくり

【ローマ字読み】mizukarakuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・水からくり(みずからくり:mizukarakuri_)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水機関を含む俳句例

水からくり人生おもに取の役/後藤綾子

水からくり群鳥天を暗うせり/五味一枝

どこまでが後方支援水からくり/鈴木淑生

水からくり人の欠伸のうつりけり/龍岡晋

水からくり兵住みし街昼さびれ/宮坂静生

水からくり己れの音に昼深まる/長岐靖朗

水からくり水の機嫌に逆はず/大久保橙青

水からくり猫が三味線ひきにけり/龍岡晋

嫁ぐ子と水からくりを見てゐたり/関戸靖子

水からくり燈下に鳴るを見て通る/西村公鳳

暮れてより水たけなわの水からくり/永末恵子

水からくり和尚が水を足してをり/脇本千鶴子

あさましき顔して水からくりを見る/小川双々子

砂ぼこり吹きつけ吹きつけ水からくり/榎本冬一郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ