季語/水草紅葉(みずくさもみじ)を使った俳句

「水草紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水草紅葉」について

【表記】水草紅葉

【読み方】みずくさもみじ

【ローマ字読み】mizukusamomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・萍紅葉(うきくさもみじ:ukikusamomiji)

・菱紅葉(ひしもみじ:hishimomiji)

季節による分類

・「み」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

水草紅葉を含む俳句例

先生は誤解恐れず菱紅葉/辻桃子

竜安寺池半分の菱紅葉/高濱年尾

菱紅葉水一枚も枯れ兆す/能村研三

首洗ひ池の萍紅葉して/有川/淳子

お茶室の真下の水や菱紅葉/高木晴子

五年後の恨み水草紅葉かな/田中信克

揺れやすきところより萍紅葉/檜紀代

菱紅葉鶺鴒おりて水を浴ぶ/木津柳芽

隠り沼の浮草水草紅葉かな/岡田日郎

鯉の口水草紅葉にぎやかに/安斉君子

巴劣守地那渦巻ク萍紅葉アリ/宮崎二健

濯ぎ女に萍紅葉しはじめぬ/加藤三七子

鯉の背の浮み出でたり菱紅葉/高浜虚子

いたづらに菱紅葉しぬ落城史/阿波野青畝

きらめきて萍紅葉はじまりし/深見けん二

塔をうつす水の萍もみぢかな/稲垣きくの

水草紅葉朝日に溶けてしまいそう/赤田道

足守川水草もみぢ錆びいろに/柴田白葉女

軽食の午後見て水草紅葉かな/能村登四郎

からまりて水草紅葉の根暗がり/佐々木六戈

俳句例:21句目~

みづうみや水草紅葉も枯れそめて/草間時彦

水草紅葉堀千年の思惟ふかむ/鍵和田ゆう子

水草紅葉広瀬となりて川やさし/山田みづえ

菱もみぢ被きて鮒の釣れきたる/蓮尾あきら

ずたずたであるほど晴れて菱紅葉/増田まさみ

水草紅葉沼のいろはにほへとかな/山田みづえ

水草紅葉言葉はそこへ置きざりに/山田みづえ

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ