季語/照葉(てりは)を使った俳句

「照葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「照葉」について

【表記】照葉

【読み方】てりは

【ローマ字読み】teriha

子季語・関連季語・傍題・類語など

・照紅葉(てりもみじ:terimomiji)

季節による分類

・「て」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

照葉を含む俳句例

秋あれも過て楓の照葉哉/久蔵

信心の女美し照紅葉/高濱年尾

修禅寺の大扁額に照紅葉/轡田進

寄進札大寄進札照紅葉/高野素十

山祇の金剛童子照紅葉/西崎白星

心願の色あらばこの照紅葉/渡辺昭

から堀の中に道ある照葉かな/蕪村

照紅葉囮に水をつかはする/瀧春一

百本の色を違へて照紅葉/榎本栄子

照紅葉焚火跡ある瀞の岩/三原清暁

から堀のなかに道ある照葉かな/蕪村

紅葉照り竜顔咫尺風も絶え/中村汀女

正面に久住の山や照紅葉/大塚/華恵

トテ馬車の蹄高鳴る照紅葉/寺岡捷子

曇り硝子銀杏の照葉十日まり/滝春一

全山の紅葉照るとき男透く/森田智子

白樺に絡みし蔦の照紅葉/五十島典子

照葉して小菊の気品定まれり/及川貞

前掛が隠す惣菜柿照葉/長谷川かな女

照紅葉野点の席はいづこかや/森草風

俳句例:21句目~

奥多摩のなほ奥の山照紅葉/細見綾子

照る紅葉磴上りきる母傘寿/関森勝夫

庭先はすぐ谷なして照紅葉/高濱年尾

混血幼児みな昼寝して照紅葉/及川貞

心鏡に写し参らむ照もみぢ/高澤良一

紅葉照る女人高野の太鼓橋/北川/修

蚊遣焚き尼の照葉の話など/福田蓼汀

襞深き耶馬の谷々照紅葉/宮成/鎧南

迷ひ出る道の薮根の照葉かな/炭太祇

女学生うつしみ匂ふ照葉かな/下村槐太

昼の月浮べて楢の照葉かな/水見悠々子

照紅葉庭師無口をおしとほす/土屋孝子

照葉より卑しく光るもちの串/栗生純夫

白拍子舞ふや照葉の影引きて/石塚友二

祝ひ餅湖にも投げて照葉かな/小原樗才

かがやける白雲ありて照紅葉/高浜虚子

かゞやける白雲ありて照紅葉/高浜虚子

ひとときを知事の客たり照紅葉/赤松子

三代の帝立たしし嶺や照紅葉/石井桐陰

隠るるごと来て万山の照紅葉/野沢節子

俳句例:41句目~

十和田湖や乙女の像に照る紅葉/磯野充伯

加賀は美し照葉のやうな鯉遊ぶ/渡辺恭子

照葉して五體あられもなき岩湯/高澤良一

切溜につふと見せたる照葉かな/黒柳召波

滝飛沫かかりて崖の照紅葉/五十嵐波津子

照もみぢ且散る巌根みづきけり/西島麥南

八幡菩薩南無の御籤に照葉かな/石塚友二

ひもすがら外に作務ある照葉かな/飴山實

馬の瞳の哀れ照葉の紅ゐに/長谷川かな女

照紅葉且つ散る岩根みづきけり/西島麦南

散る照葉火口湖深く瑠璃なせり/巌谷小波

照葉して名もなき草のあはれなる/富安風生

冬紅葉照りながらへてさながらに/日野草城

知事の客たりしひととき照紅葉/赤松ケイ子

照る紅葉ここより利根の蒼まさる/河合凱夫

照紅葉さきほど時雨したりとか/阿波野青畝

紅葉照る伐折羅大将生きてをる/阿波野青畝

祝ぎの座にみどり子をりて照葉かな/山本洋子

ごくらくもぢごくもひとつ照紅葉/小島千架子

枝々を透きて日の照る紅葉かな/久保田万太郎

俳句例:61句目~

荷舁ぎの頬に紅葉照る水辺かな/長谷川零餘子

藍ふかき絹着て照葉のみちをゆく/柴田白葉女

引つ張りの見栄らしからぬ照葉かな/加藤郁乎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ