季語/虎落笛(もがりぶえ)を使った俳句

俳句例:101句目~

虎落笛涙にじみてゐたりけり/相馬遷子

虎落笛痛飲のこと我になし/相生垣瓜人

虎落笛知恵熱の子とひとつ闇/辻美奈子

虎落笛絨毯に曳く折鶴蘭/阿部みどり女

虎落笛聞きつゝ言葉探しをり/赤木範子

虎落笛色とりどりの風をつれ/吉田茂子

虎落笛道を曲ればひとりなり/佐野良太

虎落笛風樹の嘆のごときもの/長谷川双

野の町の銀座も寝たり虎落笛/三橋敏雄

もがり笛一つ目小僧呼んでをり/上村占

もがり笛伝言板の文字とがる/林田江美

もがり笛星の吹けるは竪笛に/井沢正江

もがり笛荷風文学うらがなし/石原八束

夜を籠めて萱の葺面もがり笛/高澤良一

夫征きしままの生活もがり笛/石原舟月

さいはての時化の港の虎落笛/平野竜風

虎落笛枯菩提樹のひとり聴く/百合山羽公

またたくはわが知れる星虎落笛/村越化石

ほてりたる炉辺の湯呑や虎落笛/松藤夏山

虎落笛引掻き傷めくアラブ文字/奈良文夫

俳句例:121句目~

虎落笛「烏の塒山」は眠らぬ山/佐野美智

虎落笛手をとられゐて影あをし/仙田洋子

虎落笛めつむりをればひと昔/櫛原希伊子

樹に宿る神のこゑとも虎落笛/伊藤いと子

虎落笛爐に酔ふ耳にかなでけり/西島麥南

真ん丸な月あり真夜の虎落笛/柘植梅芳女

樹には樹の哀しみのあり虎落笛/木下夕爾

鳴沙とも目覚めて居りぬ虎落笛/田中英子

虎落笛水子かへせと繰りかへす/保坂敏子

虎落笛わが詩に欲しき塩の艶/磯貝碧蹄館

虎落笛海にすりへる澪つくし/百合山羽公

生きて聞く夫亡き夜の虎落笛/柳生千枝子

いつの世も挽歌は秀でもがり笛/井沢正江

もがり笛ひめごとめいて布を裁つ/原尚子

もがり笛前山の闇なだれ来る/米沢吾亦紅

月光の棕梠つつぬけに虎落笛/町田しげき

燈火の揺れとどまらず虎落笛/松本たかし

もがり笛夕焼けてゐし耳ふたつ/角川春樹

虎落笛絶え入る音の尾ありけり/小杉余子

虎落笛美しすぎる音を聞かす/橋本美代子

俳句例:141句目~

灯を消せば階下の納屋の虎落笛/羽部洞然

旗を灯に変える刻来る虎落笛/鈴木六林男

もがり笛明日醒めざれば寂光土/植村通草

漁具小屋の影うずくまる虎落笛/石川博司

吊り皮にしがみつきゐて虎落笛/仙田洋子

もがり笛熄めば岬のまた淋し/高嶋遊々子

もがり笛風の又三郎やあ一い/上田五千石

河越えてほういほういと虎落笛/内原陽子

訪ひ来しは待つ人ならず虎落笛/鈴木花蓑

過ぎ去りし日の遠くなる虎落笛/阿部寿雄

海鳴りか虎落笛かや暮れ落ちぬ/高木晴子

寝まるほか用なきひとり虎落笛/菖蒲あや

夕づつの光りぬ呆きぬ虎落笛/阿波野青畝

オペラ果て魔力を得たり虎落笛/吉原文音

虎落笛ふるへやまざる壺の花/阿部みどり女

虎落笛ひしめくものに乳房あり/岸本マチ子

牛が仔を生みしゆふべの虎落笛/百合山羽公

来ずなりしは去りゆく友か虎落笛/大野林火

虎落笛あかりが消えし添乳どき/百合山羽公

虎落笛胡笳の聲にも似たらむか/相生垣瓜人

俳句例:161句目~

虎落笛裁かるゝ身を横たへず/松岡ひでたか

湯が沸いてしだいしだいに虎落笛/長谷川双

虎落笛夢魔にどんぐりまなこあり/仙田洋子

泣き寝入るは遺族のみかは虎落笛/香西照雄

オリオンの出に先んじて虎落笛/上田五千石

夢で師の子は師と瓜二つ虎落笛/磯貝碧蹄館

シベリヤの使者のつぶやき虎落笛/山下美典

虎落笛のゆくさき見ゆる夕の川/柴田白葉女

もがり笛洗ひたてなる星ばかり/上田五千石

もがり笛いく夜もがらせ花ニ逢はん/檀一雄

湯に聞けば泣きをんなめき虎落笛/井沢正江

けふのすぐきのふとなりて虎落笛/長谷川双

虎落笛子は散りやすく寄りやすく/山本洋子

虎落笛子をとられたる獣のこゑ/山口波津女

餓ゑきるまで食べぬが償ひ虎落笛/香西照雄

モガリ笛いく夜もがらせ花ニ逢はん/檀一雄

歌碑の辺がぬくしと寄るや虎落笛/加藤知世子

虎落笛毛糸編む妻いも寝ずに/五十崎古郷句集

虎落笛塵取に塵はなかりけり/五十崎古郷句集

もがり笛よがりのこゑもまぎれけり/加藤郁乎

俳句例:181句目~

もがり笛とまれ寝るべくなれりけり/木下夕爾

タイトルとURLをコピーしました