季語/菊の酒(きくのさけ)を使った俳句

「菊の酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菊の酒」について

【表記】菊の酒

【読み方】きくのさけ

【ローマ字読み】kikunosake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菊酒(きくざけ:kikuzake)

・菊花の酒(きくかのさけ:kikukanosake)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

菊の酒を含む俳句例

末永う二人三脚菊の酒/高澤良一

一僧の少し乱れぬ菊の酒/上野泰

菊酒や粧ひ匂ふ女の童/吉田冬葉

嚊殿に盃さすや菊の酒/正岡子規

菊酒に薄綿入のほめきかな/西鶴

小座敷や袖で拭ひし菊の酒/一茶

木曾谷の養生訓に菊の酒/加藤耕子

記者會す天長節の菊の酒/正岡子規

たまはるや大盃の菊の酒/正岡子規

菊の酒人の心をくみて酌/星野立子

一生に一死残りし菊の酒/中里麦外

菊酒を夫にも供へ小望月/鈴木節子

草の戸の用意をかしや菊の酒/太祇

菊酒や柱にもたれゐる男/鈴木鷹夫

升のみの酒の雫や菊の花/正岡子規

菊酒や夜の膳寺の般若湯/秋山花笠

喝士殿に盃さすや菊の酒/正岡子規

団欒や民喜びの菊の酒/河東碧梧桐

菊酒や高嶺の裾の一ツ家/窪田桂堂

徳利に袴をはかせ菊の酒/佐野克男

俳句例:21句目~

烏相撲終りて賜ふ菊の酒/板谷芳浄

菊の酒醒めて高きに登りけり/闌更

雨の菊酒酌む門の馬もなし/正岡子規

これよりは菊の酒また菊枕/山口青邨

よもぎふや袖かたしきて菊の酒/一茶

丹田へとくくそそぐ菊の酒/川崎展宏

文弱の酒こぼすなり菊の夜/清水基吉

生き上手はなし上手や菊の酒/台迪子

菊酒の加賀に知る人おとづれよ/許六

翁より賜ひし菊の酒とせむ/矢島渚男

お菊見や酒をたまはる供の者/正岡子規

船を憶ふわれらが集ひ菊の酒/高濱年尾

母を締め吾を締むる帯菊の酒/大館史子

草の戸や日暮てくれし菊の酒/松尾芭蕉

菊の酒上げて卒寿を自祝せん/村上三良

正座して海を見る日の菊の酒/阿戸敏明

菊の酒酌むや白衣は王摩詰/芥川龍之介

木の股に火星が咲けり菊の酒/鈴木鷹夫

売文は明日へまはして菊の酒/加藤郁乎

菊酒の酔ひ少しあり能を待つ/西宮正雄

俳句例:41句目~

去来忌や相逢うて酌む菊の酒/茂里正治

仏にも神にも手向け菊の酒/針ヶ谷里三

些かの意地つらぬきて菊の酒/藤本享史

菊の酒一杓づゝの回向かな/都甲久美子

菊酒を吸うて泣いたる鼠志野/大石悦子

くさの戸の用意おかしや菊の酒/炭太祇

身の内のこきと音して菊の酒/川崎展宏

鈴木町のとなり大師や菊の酒/満田春日

生涯にまたなきけふぞ菊の酒/五十嵐播水

寿ぎの舞終へて注がるゝ菊の酒/中村芳子

菊酒に豊後のかぼす絞りけり/河合佳代子

菊酒や祝ひのばせし母の喜寿/相島たけ雄

菊酒を酌みこころざし同じうす/山田弘子

老兄にあるは菊酒ぬくめ酒/きくちつねこ

菊の酒あたゝめくれしこゝろざし/星野立子

菊酒の花びら唇にあそばせて/佐々木とよ子

上戸下戸けじめな云ひそ菊の酒/島村元句集

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ