季語/麦刈(むぎかり)を使った俳句

「麦刈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麦刈」について

【表記】麦刈

【読み方】むぎかり

【ローマ字読み】mugikari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・麦刈る(むぎかる:mugikaru)

・麦車(むぎぐるま:mugiguruma)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

麦刈を含む俳句例

麦刈て遠山見せよ窓の前/蕪村

麦の刈跡蘗しげき葉/喜谷六花

葭切や麦刈時の印旛沼/野村喜舟

麦刈や娘二人の女わざ/村上鬼城

海近く麦を刈り伏せ~て/原月舟

麦刈や踏めば砕くる土煙/西山泊雲

母の腰最も太し麦を刈る/西東三鬼

雷の来るの来ぬのと麦を刈る/原裕

麦刈が短き言葉洩らしたり/有働亨

馬の胴押して通しぬ麦車/野村泊月

小百姓埃の如き麦を刈る/高浜虚子

美しく悪路乾きて麦車/百合山羽公

燕麦の刈り跡風がさびしがる/耕二

麦刈ると父の言載せ母の文/大串章

麦刈りへ一本の道食運ぶ/沢木欣一

髪立ちて嵐の男麦刈れり/平畑静塔

罌麦や秣刈りにし跡の塵/尾崎紅葉

麦刈りし夜は猶うすし夏の月/山柴

星殖ゆる麦刈りし跡耕せば/茨木和生

雨の麦刈るや十歩に川激す/栗生純夫

俳句例:21句目~

胸厚く光る麦束かつぎゆく/細見綾子

朝がけに麦刈るや麦砦なす/小林康治

麦車曳きなし遂げし牛の顔/西東三鬼

麦車馬におくれて動き出づ/芝不器男

刈麦のみづける雨や鯰突き/橋本鶏二

海ばかり光る痩麦刈り束ね/中島斌男

一斉に雪加舌打ち麦刈らる/堀口星眠

一燈が招く暮情よ麦刈れば/細谷源二

渡船場や刈麦背負ひ両三度/滝井孝作

渺々と麦刈つて沖ふくらみぬ/松本旭

麦を刈る曇天重く夕づくも/大熊輝一

麦刈の汗たる胸に夜は妻を/西島麥南

麦刈て近江の湖の碧きかな/石井露月

眼うらの天日の暝さ麦を刈る/中拓夫

麦刈の束の間みちの草も刈る/及川貞

麦刈の鎌の切れ味心地よし/高濱年尾

茶摘あと麦刈までの夜の河鹿/中拓夫

麦刈やうつかりしたる鶏の顔/中拓夫

麦刈や西日が強き中のこと/野村喜舟

麦刈りし畑かさなりて島となる/篠原

俳句例:41句目~

麦刈りて百姓の墓またうかぶ/森澄雄

麦刈り終ふ天の白毫一つ星/池上樵人

天上に映りて麦を刈り尽す/永田耕衣

麦刈るや麦に沈める五六人/長谷川櫂

麦刈を眺めて山の童女たち/飯田龍太

麦刈村うつかりしたる鶏の顔/中拓夫

道瑞の汚れし麦も刈られけり/村田脩

麦秋といふに足らざる麦を刈る/羽公

子は額で押しゆく母の麦車/成田千空

麦刈られ風は遠くを通りけり/土生耕石

麦束を作る埃に日は高く/阿部みどり女

麦刈女誰よぶこともなく白し/飯田龍太

麦を刈るあとを頻りに燕かな/夏目漱石

麦束をかつぐ時乳をどりたり/細見綾子

なにもかも遅れがちなり麦刈も/上村占

裾とほくライ麦刈れり浅間山/石田波郷

麦束が花圃の蝶々散らし通る/香西照雄

七月の暑さとなりぬ麦を刈る/三谷美子

電柱はねむし麦刈る野の中に/大井雅人

麦刈の乾ききつたる音すなり/安田蚊杖

俳句例:61句目~

青きままライ麦刈らる霧五月/堀口星眠

二人寄ればふたりの影の麦車/藤田湘子

刈りふせしところ沈金麦の秋/井沢正江

麦刈りし妻睡るとき麦の香す/笹本達夫

刈り残す麦の断面過労に鋭し/香西照雄

刈麦に昼顔のりて咲きにけり/松藤夏山

麦を刈る老人に父かさなりて/大井雅人

前山の麦刈る音を咳のあと/中戸川朝人

軒下に刈麦積みて梅雨に入る/田中冬二

農夫息太し麦刈る地の明るさ/西島麥南

麦刈りし髪汗ふくみ重きかな/大熊輝一

妻が居て嫁が居て麦刈楽し/門岡/一笑

麦刈つて燈台の根を地に残す/中嶋秀子

遅麦を刈つてゐるなり古戦場/鈴木花蓑

金の麦刈られてゆくは胸の幅/寺田京子

麦刈れり生死をこゝに島人や/石塚友二

麦刈つて没日のときが明るき家/中拓夫

麦刈つて晩夏さとき身黄昏へ/藤田湘子

麦刈りし跡も蝶とぶ常のごと/下村槐太

麦刈りの背に翅はなし黄金虫/大井雅人

俳句例:81句目~

森に木莵夕闇の麦なほ刈れば/大熊輝一

麦刈りて風の道筋消されたり/広瀬直人

片丘の麦刈り伏せて夕日赤し/内藤吐天

麦刈りて森見通しに夕づくよ/大熊輝一

麦刈のあるとて昼の不入かな/中村芝鶴

麦車置かれて熱くなりにけり/萩原麦草

たふれたる麦の車の輪が廻る/橋本鶏二

ひとの夫欲しと青麦刈られおり/寺田京子

優しき手伸べては麦を刈り倒す/堀口星眠

刈らるまで麦の火照りに道の神/宮津昭彦

地下足袋の紺の匂ひて麦を刈る/門岩明子

変りなき貧家や麦を刈り束ね/百合山羽公

夕日肩に手応へつよき麦を刈る/皆川盤水

復原家に赤児寝かせて麦を刈る/宮坂静生

愛人の麦のひがしを刈りのこす/摂津幸彦

昼顔の咲きからむ麦刈られけり/野村喜舟

老妻も身のほどに麦刈りなれぬ/松村蒼石

血のうすき爪/遠景の麦刈られ/塚越美子

貰はうよ玉江の麦の刈り仕まひ/広瀬惟然

走り梅雨刈られていまだ麦青き/相馬遷子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ