季語/蛇穴に入る(へびあなにいる)を使った俳句

「蛇穴に入る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蛇穴に入る」について

【表記】蛇穴に入る

【読み方】へびあなにいる

【ローマ字読み】hebiananiiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・穴惑い(あなまどい:anamadoi)

・蜥蜴穴に入る(とかげあなにいる:tokageananiiru)

・蟻穴に入る(ありあなにいる:ariananiiru)

季節による分類

・「へ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

蛇穴に入るを含む俳句例

東大寺大仏殿裏穴惑/橋本榮治

太陽の黒点説や穴惑/湯浅康右

穴惑刃の如く若かりき/飯島晴子

秋の蛇療園の森遠長し/石田波郷

穴惑賜はる穴を疑はず/飯島晴子

秋の蛇一寸逃れ人逃る/津田清子

同じ道同じ時間を穴惑/松山足羽

穴惑刃の如く若かりき/飯島晴子

山日和夕ベは崩れ秋の蛇/上村占

楓の穴惑めく走り根よ/高澤良一

穴惑大日如来にっこりす/高澤良一

蛇穴に入る青き渦眼に収め/下田稔

生々と打殺されて秋の蛇/村上鬼城

はうむりの家に日当る穴惑/岸田稚

風ならぬ笹の乾き音穴惑/石川桂郎

穴まどひ湖の伝説一蹴す/井沢正江

穴惑ひ縞美しと嘆く間に/山口誓子

錦繍の風にうたるる穴まどひ/原裕

楸邨も草田男も亡し穴惑/橋本榮治

穴惑ささらの音を残しけり/岸田稚

俳句例:21句目~

穴惑維盛の墓めぐりけり/川村紫陽

穴惑ひ基地の門哨日本人/北野民夫

舌の先美しければ秋の蛇/鷹羽狩行

北斎に胴掴まれし穴惑ひ/北川英子

本流にきて頭を高く秋の蛇/原田喬

穴惑よけて通りし足使ひ/高濱年尾

鉤屑くぐりゆくなり秋の蛇/中田剛

帰り行く闇を探して穴惑/満田春日

蛇穴に入りたる後の山の波/徳弘純

蛇穴に入る半眼の九品仏/橋本榮治

蛇穴に入る日溜りの献血車/仁平勝

蛇穴に入る松風の音の中/井上哲王

日高郡字鐘巻の穴まどひ/文挟夫佐恵

秋の蛇蘇我入鹿の野心もて/小林貴子

砂こぼる音の移りて穴まどひ/神蔵器

ものおもふ長きにをりて穴惑/下田稔

磐座をはたとすべりて穴惑/岡本庚子

みづうみに白波立ちし穴惑/蘭草慶子

穴惑日の中に額のこりけり/岡井省二

登りきし崖を見返り秋の蛇/木内彰志

俳句例:41句目~

尿前の馬の尿句碑穴まどひ/河野静雲

生前の日当たりながら秋の蛇/矢田鏃

涸谷の石の波紋や秋の蛇/殿村菟絲子

所在なく穴惑とも対峙せむ/岡田順子

高畦の日を踏みはづし穴惑/河野南畦

穴まどひ大仏裏に道のあり/酒井和子

秋の蛇追って戻らぬ男かな/森田智子

草ゆらしゆける頭や穴惑ひ/山西雅子

茶畑の影ひき出づる秋の蛇/山本洋子

逃げる音藪に残して秋の蛇/山田節子

穴惑砂の流るるごとく消ゆ/宮津昭彦

其糞奇也蛇穴に入らんとす/石井露月

山中に解脱して蛇穴に入る/村越化石

海道の方にゆくなり穴惑/百合山羽公

蛇穴に入りて団地の清掃日/飯田弘子

蛇穴に入り水音の空にあり/宮岡計次

蛇穴に入り蔵王堂扉を閉す/山田聴雨

蛇穴に入るをこばめる神楽かな/原裕

穴まどひ改築の蔵遠まきに/沖山政子

蛇穴に入る半身を崖に垂れ/吉野義子

俳句例:61句目~

蛇穴に入る太陽は海に濡れ/佐野美智

穴まどひ漣かぎりなかりけり/原田喬

蛇穴に入る時曼珠沙華赤し/正岡子規

穴まどひ桂宮院の縁に追はれ/龍岡晋

蛇穴に入る白髪の僕がいる/猪原丸申

穴惑ひ惑ふ尾の先敏くして/水沢龍子

蛇穴に尾を入れ鱗さかだてぬ/原石鼎

秋の蛇舌あかあかと押し進む/和田悟朗

秋の蛇美しければしばし蹤く/井沢正江

秋の蛇眼やさしく隠れけり/佐藤美恵子

青太将と称されをりて穴惑ひ/中山一路

開発の押し寄せてゐる穴惑/青木起美子

穴惑水をわたりて失せにけり/日野草城

秋の蛇人のごとくに我を見る/山口青邨

赤岳へ道荒れつくす穴まどひ/堀口星眠

人の眼に触れてますます穴惑/木内彰志

草の葉に小さな首や穴まどひ/石橋秀野

先々に風立ちており穴まどい/寺井谷子

穴まどひ頭のみ生生舌はきつ/羽部洞然

穴惑顧みすれば居ずなんぬ/阿波野青畝

俳句例:81句目~

穴惑この家吉事つづきけり/宇多喜代子

室生寺出て髪重くなる穴惑ひ/中村明子

穴惑バックミラーに動きをり/稲畑汀子

穴惑ばらの刺繍を身につけて/田中裕明

悪路王討たれし藪の穴まどひ/遠藤梧逸

斑点のその尾に及ぶ穴まどひ/栗生純夫

林中のはなれし一樹穴まどひ/長谷川双

秋の蛇銀婚の夫婦おどろかす/山口青邨

牛乳搾る香に迷い出て秋の蛇/中島斌雄

穴惑動かずなりていよゝ太し/高橋馬相

蹤き来る妹には告げぬ秋の蛇/山口誓子

江の電のレールを渡る穴まどひ/堀古蝶

法隆寺南門に見ぬ穴まどひ/冨田みのる

骨細を知られてよりの秋の蛇/寺井谷子

そそくさと蛇穴に入る海蔵寺/高澤良一

禁断の実の味覚え穴まどひ/望月喜代子

母の忌の杉戸を引けば秋の蛇/柿本多映

穴惑子が子でありし日の遠し/影島智子

穴惑居てカナリヤの落著かず/井尾望東

蛇穴に入りて地底の熱くなる/松田秀一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ