季語/螻蛄鳴く(けらなく)を使った俳句

「螻蛄鳴く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「螻蛄鳴く」について

【表記】螻蛄鳴く

【読み方】けらなく

【ローマ字読み】keranaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・おけら鳴く(おけらなく:okeranaku)

季節による分類

・「け」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

螻蛄鳴くを含む俳句例

螻蛄鳴く島男湯女湯に通じ/品川鈴子

螻蛄鳴くや踊子は胸蝕まれ/白川京子

おけら鳴く闇に親しき柱かげ/太田鴻村

螻蛄鳴くや詩は呪術にはじまりし/原裕

螻蛄鳴いてをるや静に力無く/京極杞陽

螻蛄鳴くや薬が誘ふわが眠り/楠本憲吉

螻蛄鳴くや寄り添ひ来るは天の川/源義

螻蛄鳴くや悔なき我の凡な日々/山下尭

役立たぬ人名辞典けら鳴けり/石川桂郎

夢の端に拘りをれば螻蛄鳴けり/根岸善雄

盲人に空耳はなく螻蛄鳴けり/三島牟礼矢

おけら鳴く夜をふるさとにある心/原石鼎

颱風過月の輪ふかく螻蛄鳴けり/巌谷小波

けら鳴きて涙の乾くひそけさよ/松村蒼石

螻蛄鳴いてをるや静かに力無く/京極杞陽

螻蛄鳴けり芸の貧しさ吾に似て/児玉小秋

螻蛄鳴けり子ら在らぬ夜の閑かさは/林翔

螻蛄鳴くや凡愚の木口あけて/成瀬桜桃子

螻蛄鳴くや月をはなさぬ甕の水/松本幹雄

螻蛄鳴くや村に異人の嫁殖えて/道川虹洋

俳句例:21句目~

螻蛄鳴くや漆かぶれの髑髏/小島ノブヨシ

螻蛄鳴くと目鼻ありあり風化仏/加藤知世子

螻蛄鳴くや臼は自重をもてあまし/鷹羽狩行

螻蛄鳴くや闇曳くように母逝きて/上原勝子

螻蛄鳴く夜妻子らすでに反側す/篠田悌二郎

覚めて白き眼帯の闇螻蛄鳴ける/鷲谷七菜子

農家族満腹すれば螻蛄鳴きだす/榎本冬一郎

休校日に塾へ通ふ児おけら鳴く/佐倉あさ子

螻蛄なくや憎しみ切れねば別れ兼ね/安住敦

螻蛄鳴いて樹海は何か呼ぶごとし/岩井久美恵

螻蛄鳴いて木曽路の暮色地より涌く/原与志樹

螻蛄鳴くや命惜しとも要らぬとも/文挟夫佐恵

螻蛄鳴いてこころいざなふ暗き方/篠田悌二郎

螻蛄なくや教師おのれにかへる時間/加藤楸邨

螻蛄なくと告ぐべき顔にあらざりき/加藤楸邨

けら鳴いてひとりの夕餉音もなし/鷲谷七菜子

螻蛄鳴くや酒断ちし日のさみしさに/阿部寿雄

けら鳴くや第三の眼の開きし夜/長谷川かな女

螻蛄鳴くや針穴いよよ見えづらく/杉田智栄子

螻蛄鳴くや物食ふ真顔見られしよ/小島千架子

俳句例:41句目~

目覚め癖つきたる夜半をおけら鳴く/添野光子

螻蛄鳴くや濡れ手で粟の仕事はなし/成瀬櫻桃子

螻蛄鳴くやおまるの世話をしてをれば/橋本花風

けら鳴くや地図にあれどもけもの道/中島木曽子

臺北帝大演習林ここに在りきと螻蛄鳴ける/小佐田哲男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ