季語/虫籠(むしかご)を使った俳句

「虫籠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「虫籠」について

【表記】虫籠

【読み方】むしかご

【ローマ字読み】mushikago

子季語・関連季語・傍題・類語など

・むしご(むしご:mushigo)

・むしこ(むしこ:mushiko)

季節による分類

・「む」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

虫籠を含む俳句例

虫籠の軽さ夕空の軽さ/百瀬美津

虫籠に朱の二筋や昼の窓/原石鼎

虫籠に罪深き紐残りけり/大串章

虫籠の中味の話訥々と/高澤良一

忘れ物に虫籠もあり盆の寺/林佑子

虫籠をかかえて書店素通りす/間石

虫籠の美しからぬ昼間かな/上野泰

葉隠れに虫籠見えけり庭の萩/几董

虫籠に蜥蜴を入れて兄貴分/高澤良一

虫籠の去年の草の音なりし/浜口高子

虫籠を覗けば蛙入れてゐし/茨木和生

虫籠を覗けば何と瑠璃蜥蜴/高澤良一

虫籠の闇を見てをり生家見ゆ/今井聖

虫籠に酒吹きたかり誕生日/石川桂郎

虫籠の総角さめぬ致仕の君/黒柳召波

虫籠の桟に掴まり弱りをる/高澤良一

虫籠にすきとほりをる緑かな/上野泰

虫籠の邯鄲淡し月させば/水原秋櫻子

虫籠の螢の街に子と遊ぶ/金箱戈止夫

虫籠の虫放つ日や母癒えて/西谷義雄

俳句例:21句目~

虫籠の下に姙りゐたりけり/斎藤蕗葉

虫籠に虫ゐる軽さゐぬ軽さ/西村和子

鈴虫の死んで虫籠焚く日なり/中山純子

雅楽やみ虫籠の灯に書を献ず/宮武寒々

深川の露路に虫籠釣りて棲む/吉屋信子

百円ショップ香奠袋も虫籠も/高澤良一

簾して虫籠めく家外を見をり/高澤良一

虫のゐぬ虫籠つるし精神科/本庄登志彦

虫籠に生きのこるみな金亀子/福永耕二

虫籠に虫籠突きだし比べっこ/高澤良一

虫籠に蝉の御報謝ありにけり/高澤良一

虫籠の洗はれてゐる井水かな/石田勝彦

虫籠の虫鳴き出でし真昼かな/神戸鼕々

虫籠を揺らして中の蝶発たす/高澤良一

虫籠吊る野より淋しき十階に/有馬籌子

金銀の虫籠の外の虫時雨/小松原みや子

よべとりし虫籠の虫なきにけり/野本城山

虫籠になすび夜食になすびかな/岸本尚毅

灯に馴れて虫籠の虫鳴き出せり/伊藤文子

虫籠や財過去のもの愛とても/鈴木真砂女

俳句例:41句目~

捕れたかと云へば虫籠掲げ見す/高澤良一

虫籠をこわす小石を振り上げて/対馬康子

虫籠を吊せる軒に日の廻る/阿部みどり女

虫籠を持ちスカートに捉まつて/行方克巳

虫籠を月さす方へ吊りかへて/古賀まり子

子等海へまぶしき光虫籠に/阿部みどり女

声絶えし虫籠に闇あつまれり/ほんだゆき

虫籠を買うて裾野にむかひけり/上島鬼貫

虫籠に顔貼り付いてゐし息子/稲畑廣太郎

虫籠に軒星ぞらを垂らしけり/徳永山冬子

虫籠に午前と午後のありにけり/あざ蓉子

高々と虫籠吊つて聴きにけり/高橋淡路女

鳴き交ふや買ふて来た虫籠の虫/尾崎紅葉

くれなゐの虫籠抱いて高麗の子よ/並木葉流

虫籠に入れたるものの萎えやすく/藺草慶子

虫籠をさげし虚空のかたむける/成瀬正とし

虫籠の木かげに小さく明けてゐる/太田鴻村

虫籠を残暑の枝に吊りはなす/長谷川かな女

虫籠のうつくしければあはれかな/堀端蔦花

虫籠につられ笑ひやぢき失せぬ/阿部みどり女

俳句例:61句目~

虫籠提げ蝉など捕ってちょうだいと/高澤良一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ