季語/苗床(なえどこ)を使った俳句

「苗床」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苗床」について

【表記】苗床

【読み方】なえどこ

【ローマ字読み】naedoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・種床(たねどこ:tanedoko)

・苗圃(びょうほ:byoho)

・温床(おんしょう:onsho)

・冷床(れいしょう:reisho)

・苗障子(なえしょうじ:naeshoji)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

苗床を含む俳句例

春風や苗圃の緑丈揃ふ/福田蓼汀

苗床の障子に油うつ女/田中冬二

朝顔の苗床にノア方舟も/島津亮

苗障子鼓打ちして山の雨/澤村昭代

苗床の機嫌を覗き父の朝/橋本佐智

苗障子風にとびたる裏表/馬場木陽

苗床に筵の厚き一夜あり/綾部仁喜

苗障子朝日の雫湛へたる/宮田正和

この辺り耳成村や苗障子/野中丈義

苗床の中の胡瓜の苗に花/高野素十

苗床の障子燦たり桃の影/小林広子

苗床やはねて又きせ覆筵/西山泊雲

苗床の土焼きてをり潟の村/森重夫

苗床やいろ~の仮名氾濫す/森田峠

温床の紙りんりんと風の村/北光星

初夏や苗圃乾いて真平ら/楠目橙黄子

みちすがら農学校の苗床に/京極杞陽

妻に雀斑苗床の温度計光り/大熊輝一

苗床の苗ひとつづつ離さるる/上田操

苗床の月夜へねむる藁庇/長谷川素逝

俳句例:21句目~

苗床に正直な土入れにけり/只野柯舟

苗床やふんはり浮ぶ飛行船/清水能舟

苗床をまはつて来たる葬の人/辻桃子

苗床となりて濡れゐる蜜柑箱/飴山實

苗床と甘藷苗床と大百姓/長谷川素逝

苗障子一枚づつの世界かな/西本一都

苗床の土くれあらし春の霜/西山泊雲

苗障子木曾人のかげ歩き出す/上村占

苗床にひゞが走りて蟻がをり/上野泰

苗床の地虫を箆ではねにけり/高浜虚子

方よけの護符苗床の杭に添ひ/高濱年尾

洗ひ髪垂れて苗床見に来る/山口波津女

種の殻つけ苗床の茄子元気/伊藤冨士子

肥後床といひ苗床の大いなり/小原弘幹

苗床あらましの移植鏝さされ/喜谷六花

苗床をかこみて母屋納屋厩/長谷川素逝

苗障子はづし赤子を見るごとく/大串章

苗床を這ふででむしや小糠雨/西山泊雲

苗床にもたげそろひし双葉かな/上村占

海音の封じあるべし苗障子/藤田あけ烏

俳句例:41句目~

みづうみの松風ばかり苗障子/石田勝彦

沼舟の着きしところに苗障子/石田勝彦

苗床の覆ひおさへに船のかし/宮坂静生

まだ油ひかぬ真白き苗障子/中田みづほ

苗床の土にも生命ある如し/千本木溟子

苗障子一枚はづしあるところ/福井圭児

苗障子夜をしつとりと神楽宿/田中英子

覗きたく近づいてゆく苗障子/大石悦子

苗床の藍にもどりし寒さかな/尾上萩男

苗障子谷に照る日と曇る日と/宮田正和

赤甘藷は赤き芽に出て苗障子/邊見京子

苗床やけふの日輪村になし/深川正一郎

苗床の大き足跡あかねさす/福田甲子雄

苗床をつくると藁を庭に積み/長谷川素逝

苗床の雨に当てゝはならぬもの/鈴木秋翠

苗床の用意を老にせかされて/長谷川素逝

苗障子煉瓦一個づつで押さふ/加倉井秋を

苗障子のぞけば苗の世界かな/田中憲二郎

苗障子はづし夜風に馴らしをり/板東福舎

あかつきの苗床は侏儒ひそみたる/中田剛

俳句例:61句目~

苗床にうす日さしつゝ穀雨かな/西山泊雲

苗障子子供のこゑのはねかへり/細川加賀

苗床にひと日風荒れひと日雨/成瀬櫻桃子

苗床に影落すもの何もなし/阿部みどり女

温床を蹴って泥鰌の浮き上がる/高澤良一

苗床のできしいはひの灯の畳/長谷川素逝

苗床の母に戻つて来し子かな/深川正一郎

苗床の月日の雨のそそぎつつ/長谷川素逝

苗床の淀の夫婦の苗くれし/山内/二三子

苗床のぬくもりぬつと顔を打つ/有賀辰見

苗床やそれ~の芽のおくれじと/田村泊子

苗床の藁のおほひの降る月日/長谷川素逝

苗床に盈ちつつ月のおぼろめき/長谷川素逝

苗床にをる子にどこの子かときく/高野素十

ふるさとのまぶしきものに苗障子/池田弥生

苗床や風に解けたる頬かむり/阿部みどり女

苗床やびようびようと鳴る富士颪/前田普羅

苗床にはいりきりなる二三人/阿部みどり女

立てかけて苗障子ありかくれんぼ/高野素十

苗床ほめき起したれ垂るるくたれ菜/喜谷六花

俳句例:81句目~

朝焼や苗圃にそそぐ虫ころし/吉武月二郎句集

苗床の守りの明け暮れはじまりし/宮城きよなみ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ