季語/剪定(せんてい)を使った俳句

「剪定」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「剪定」について

【表記】剪定

【読み方】せんてい

【ローマ字読み】sentei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・剪定期(せんていき:senteiki)

・剪枝(せんし:senshi)

季節による分類

・「せ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

剪定を含む俳句例

剪定に夕星ともる梨畠/石田勝彦

剪定の腰手拭や一日晴/村越化石

青空を跨ぎて男剪定す/吉野亜紀

剪定の青空拡む長梯子/後藤一朗

梅林に鋏と鋸の剪定音/高澤良一

大いなる剪定鋏庭うらら/上村占

剪定の済めば日輪力あり/森田峠

剪定の太枝小枝地に光り/廣瀬直人

剪定の夫の足もと鶲来る/阿部ヨネ

枝の中で両眼ぬくし剪定す/高島茂

剪定の束ねられたる枝紅し/森田峠

剪定の肘を縦走てんと虫/鈴木康允

梅林の剪定済めば鴉が来/高澤良一

剪定の宙に未来を描きつつ/橋田憲明

剪定や豈もろくなる肋骨/中嶋いづる

剪定の一人の鋏音を立て/深見けん二

剪定の音あり遠き忌を修す/有馬籌子

剪定の下枝一服せるを見ぬ/石川桂郎

剪定の八方山に囲まれて/青柳志解樹

剪定の枝荒くくりして段畠/高澤良一

俳句例:21句目~

剪定の松葉泛べし汐のいろ/斉藤夏風

剪定の鋏の音に近づきぬ/深見けん二

白雲に肩入れ剪定の男あり/天野武雄

剪定の枝とぶ先の甲斐の山/高木良多

筋太き手山椒無惨に剪定す/横山蘆石

蝦夷の血や剪定鋏大きかり/宮坂静生

剪定の枝落ち猫の走りけり/岩田鮎太

剪定の枝落ち鋏其の位置に/高浜虚子

剪定音父情の明そこかしこ/坂巻純子

剪定夫村の境に来てゐたり/廣瀬直人

剪定師天に仕へて天を見ず/栗生純夫

剪定の深きさまなる梅早し/高木石子

無雑作と見ゆる剪定整ひ来/関根章子

剪定や近寄る禽に手を休め/大熊輝一

剪定のゆきとゞきたる柿若葉/檜田慧星

剪定の一枝がとんで会津墓/梶山千鶴子

剪定の林檎老ゆるを許されず/西本一都

剪定師古木のごとく立ち憩ふ/田村了咲

剪定の枝揺さぶつて了りけり/藺草慶子

剪定のおとやみ脚立たたむ音/西本一都

俳句例:41句目~

剪定の枝踏んで海見ゆるなり/石田郷子

剪定の桃を咥へていかにせむ/鈴木太郎

剪定の桃を夕焼の癒やすなり/大野林火

蔵王嶺に股がるように剪定す/豊田力男

剪定の音の小さくはっきりと/高澤良一

剪定の顔びょうびょうと千曲川/大串章

剪定は寒にするもの深雪掘る/西本一都

街路樹の剪定終る空のあり/鈴木ひろ志

剪定枝ちらばり日暮川より来/宮坂静生

剪定枝束ねて色の濃かりけり/宮坂静生

剪定の脚立尺余の雪に挿す/内出ときを

剪定の遠きひとりに靄かかる/木村蕪城

壮年は樹にもありけり剪定す/依田秋葭

夕星へ剪定の枝とばしけり/寺島ただし

剪定夫時には空を見上げたり/赤座閑山

布靴の古りしを穿きて剪定す/橋本鶏二

剪定の脚立の足の掻きし土/波多野爽波

剪定の短きものの飛んで来し/石田勝彦

梅林薄明剪定の枝かるく地に/伊丹公子

剪定の紅枝ちらばる雪間かな/荒井正隆

俳句例:61句目~

剪定の枝たちまちに嵩ばれり/伊藤伊那男

剪定や林檎老ゆるをゆるされず/西本一都

剪定音の中ゆき父の忌なりけり/細川加賀

剪定の鋸負ひスキー飛ばし来る/西本一都

剪定夫ときどき川を見に行けり/中島ふき

剪定夫野風呂をたてて小屋泊り/西本一都

地に下りて剪定すみし樹を仰ぐ/鈴木貞雄

剪定の済み十字架めく葡萄の木/片山由美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ