季語/業平忌(なりひらき)を使った俳句

「業平忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「業平忌」について

【表記】業平忌

【読み方】なりひらき

【ローマ字読み】narihiraki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・在五忌(ざいごき:zaigoki)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

業平忌を含む俳句例

情淡く熱淡く老い業平忌/林翔

男享年五十六業平忌/川崎展宏

水うまき夕を在五中将忌/上村占

遺されし男友達業平忌/山田弘子

扇もて西日さへぎる業平忌/森澄雄

打興ず男女の声や業平忌/野村泊月

青簾かけたり此日業平忌/増田龍雨

造りもの井筒に芒業平忌/井上格志

聳え立つ恋の峠や業平忌/京極杞陽

海道に籬し居りて業平忌/後藤夜半

業平忌少女のすなる男役/井上皆子

男にも云へぬ一行業平忌/田中水桜

一と所画く八つ橋業平忌/後藤夜半

在五忌の伝業平の山の墓/茨木和生

老人にきし在五忌の女客/中西夕紀

在五忌の伝業平の山の墓/茨木和生

湯上りの軽き立膝業平忌/藤田郁子

業平忌女は怨み易きかな/加藤三七子

業平忌修しごころの草笛か/大橋敦子

傘の内顔のぞかるる業平忌/大石悦子

俳句例:21句目~

夕ベより集ふ文の徒業平忌/山田弘子

業平忌かもめの声の潮さび/永方裕子

大方は哀れをうたひ業平忌/清水基吉

寝て脱げる靴下長し業平忌/緋乃道子

つひにゆく心余りて業平忌/川崎展宏

干傘の飛びころげたり業平忌/辻桃子

水音のどこから夢の業平忌/寺井谷子

温習の老妓ばかりや業平忌/河野静雲

山寺に絵像かけたり業平忌/高濱虚子

わが好きな井筒の謡業平忌/吉井莫生

深山蝶青しるく舞ふ業平忌/山田弘子

山杯にしろり明けたり業平忌/加藤郁乎

沢の蟹ほのぼの紅し業平忌/神尾久美子

業平忌水辺の言葉水に消え/上田五千石

人を待つ時のしづかに業平忌/岩田由美

業平忌きのふと過ぎし講義かな/森田峠

一つ咲く菖蒲を剪りぬ業平忌/富安風生

業平忌赤き蒲団のほされけり/高柳重信

東路にけふは業平忌なりけり/下村梅子

老残のこと伝はらず業平忌/能村登四郎

俳句例:41句目~

みちのくの信夫の高湯業平忌/遠藤梧逸

たそがれの水紋に痴れ業平忌/大庭紫逢

小町忌のなき淋しさや業平忌/野村喜舟

野あやめは指貫のいろ業平忌/村上光子

歩かぬは流離より憂し業平忌/花田春兆

御像をけはひまゐらせ業平忌/河村宰秀

在五忌を昨日に水無き橋渡る/佐野美智

文机に書措かず在五中将忌/阿波野青畝

母と居れば君来ましけり業平忌/松古堂

三河女と早苗取ろうよ業平忌/松本たかし

佐保路ゆく身に旅塵なし業平忌/井沢正江

夜を光る水ひたひたと業平忌/小松崎爽青

牡丹の荒れまく惜しき業平忌/相生垣瓜人

山寺のはなやぐ一と日業平忌/田畑美穂女

抜き捨てし草もさみどり業平忌/茨木和生

老女ともなりゆくわが身業平忌/下村梅子

日の本の男の子かなしも業平忌/三橋鷹女

業平忌あつものの蓋の露しとど/高橋睦郎

草庵にひろごる蝌蚪や業平忌/水原秋桜子

業平忌おりたつ池に杜若咲く/高橋淡路女

俳句例:61句目~

イヤリング失くして戻る業平忌/黛まどか

業平忌きれずわかれず書を典ず/加藤郁乎

業平忌男もすなるピアスかな/居田小夜子

あぢさゐに茜濃くなる業平忌/柴田白葉女

在五忌のゆかりの寺を訪ねけり/近藤明子

うきぐさの花のあはれや業平忌/奈良鹿郎

ご先祖に会つたことなし業平忌/桑原三郎

われもまた三河をみなや業平忌/伊藤萩絵

消えさうに月の繊さよ業平忌/小松崎爽青

族の夢に貌のあまたや業平忌/鍵和田ゆう子

業平忌左遷といふ語いまもなほ/あかぎ倦鳥

早苗田にあやめ立ち添ふ業平忌/松本たかし

業平忌何時なりしかとたかし忌に/成瀬正とし

断髪のえりあし青し業平忌/日野草城「青芝」

座布団を折りて枕や業平忌/上野一孝「萬里」

夢に来し男は誰ぞ業平忌/関口ふさの「晩晴」

業平忌老いの声音のさわやかに/久保田万太郎

貝に描かれたる業平の忌なりけり/加倉井秋を

流れ藻のからみからまる業平忌/橋間石「和栲」

業平忌萱草の雨もこの日より/岡井省二「鹿野」

俳句例:81句目~

さざなみの鳰の細り音業平忌/秋山幹生「春容」

業平忌いまも浅間にけむり立ち/藤岡筑邨「蒼滴集

フランソワーズモレシヤンと居る業平忌/千原草之

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ