季語/白絣(しろがすり)を使った俳句

「白絣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白絣」について

【表記】白絣

【読み方】しろがすり

【ローマ字読み】shirogasuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白地(しろじ:shiroji)

・白飛白(しろがすり:shirogasuri_)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

白絣を含む俳句例

白絣後姿の父に似て/竹内鈴子

飯強し母の着給ふ白絣/桂信子

白絣荒波とほく闘へる/桂信子

少年に母の面影白絣/長谷川櫂

逗子開成一年生や白絣/長谷川櫂

職退いて痩躯養ふ白絣/近藤一鴻

白絣てふ風韻に託すも/坂巻純子

稽古場の役者一様白絣/片岡我当

水音は遥かを急ぎ白絣/綾部仁喜

波音を懐に入れ白絣/古賀まり子

白絣人の匂ひも潮の香も/高橋将夫

雨の夜の齢静かに白絣/町田しげき

詫び状は達筆なりし白絣/赤尾恵以

色褪せし我が青春の白絣/田中義孝

昔男にふところありぬ白絣/岡本眸

端居して旅の借着の白絣/加藤秋邨

右の手の少しく長し白絣/長谷川櫂

東京に来て汗ばめる白絣/細見綾子

夢の端に拘つてゐる白絣/根岸善雄

正直も短所のひとつ白絣/入谷和子

俳句例:21句目~

白絣遠くの山の道が見え/齋藤愼爾

山川に別れるための白絣/齋藤愼爾

待つてろと男の弔辞白絣/歌津紘子

白絣着て飛の眼のごとし/飯田龍太

日に夜に末路のやうな白絣/斎藤玄

父に似ぬ学究にして白絣/和田祥子

白絣銀のごとく着てをれり/火村卓造

納屋までの往き来に母の白絣/桂信子

亡き父の背を想ひ出す白絣/佐藤良子

吉報や折目のつよき白絣/宇多喜代子

夫よもう世を急がずや白絣/三橋迪子

少しずつ涙にじんで白絣/田中みち代

怒るとき生あざやかに白絣/鷹羽狩行

濁りこそ川のちからや白絣/宮坂静生

炎の龍子露の茅舎や白絣/大石香代子

やや冷えて定家忌までの白絣/森澄雄

白絣ははもこころをかけし草/上村占

白絣合槌を打ち聞いてゐず/中村苑子

白絣水の話を聴きにゆく/宇多喜代子

白絣部屋のまんなか通りけり/桂信子

俳句例:41句目~

いくらかは僧形に似む白絣/能村登四郎

おとなびてよき兄となり白絣/長谷川櫂

白絣勘気の面にふれし日の/藤井寿江子

来し方のよく見ゆる日の白絣/綾部仁喜

明け暮れを山見てすごす白絣/菊地一雄

白絣きえたりしかば雨後の古葉/中田剛

白絣生きてこの世で擦れ違ひ/長谷川櫂

白絣着て思想家のごとくをり/長谷川櫂

白絣着て海彦を待つごとし/神尾久美子

白絣着て身の老を深くする/能村登四郎

擬宝珠またかざせる花に白絣/中村汀女

白絣ほかには誰も着てをらず/下村槐太

亡き妻のたたみしままや白絣/小早川恒

晩景に逢ふたのしさの白絣/能村登四郎

ものごとに四肢聡くなる白絣/根岸善雄

もてなしの聞香に座す白絣/中戸川朝人

ひとり身は老も恋めく白絣/能村登四郎

隠れなき身過ぎ世すぎや白絣/浦亀甲子

露に入るしんがりとして白絣/齋藤愼爾

顔変りしたるおもひの白絣/上田五千石

俳句例:61句目~

さよならは常にもがもな白絣/石原八束

白絣書生は死語となりにけり/越智/協子

白絣無器用に着て威張りをり/猪俣千代子

夜がはじまる長き橋ゆく白絣/櫛原希伊子

致仕の身に雨いさぎよし白絣/町田しげき

まなざしの父となりゆく白絣/北見さとる

とほくきく汽笛はよけれ白絣/神尾久美子

白絣ひと生のはたて見えてきし/ほんだゆき

黄泉の子もうつせみの子も白絣/能村登四郎

妻なしに似て四十なる白絣/石橋秀野「桜濃く」

子に着せし曾ては夫の白絣/高根照子「ティー/エンジェル」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ