季語/四十雀(しじゅうから)を使った俳句

「四十雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「四十雀」について

【表記】四十雀

【読み方】しじゅうから

【ローマ字読み】shijukara

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

四十雀を含む俳句例

柊の花のこぼれや四十雀/浪化

芝舞台日雀山雀四十雀/星野紗一

少年の影克明に四十雀/飯田龍太

色変へぬ松樅檜四十雀/福永耕二

赤松の山の秋の日四十雀/岡井省二

花供養の行列囃す四十雀/茂里正治

初声の雀の中の四十雀/青柳志解樹

苔乾ぶ巌掴み翔つ四十雀/石塚友二

山の杉は暗く愚直に四十雀/森澄雄

組紐の何見せ合ふや四十雀/飴山實

梅林や何匹となく四十雀/鈴木花蓑

四十雀続く三日の旅の声/村上辰良

むづかしやどれが四十雀五十雀/一茶

桑の土ほこほこゆるみ四十雀/和地清

四十雀の数来る庭の雀かな/大谷句佛

四十雀一つの芸を繰り返し/浜川穂仙

曲水や諷詠に入る四十雀/大谷碧雲居

秋耕の畔木に啼きて四十雀/石原舟月

四十雀松をこぼるる一精舎/木村蕪城

飛島川夕日をながし四十雀/吉向宗心

俳句例:21句目~

四十雀のつむりの紺や深山晴/加藤青圃

四十雀二羽をり露の枝伝ひ/鈴木しげを

四十雀五十雀よくシヤベル哉/尾崎放哉

四十雀庭木に独りもの言へば/石川桂郎

得し虫を嘴にたのしも四十雀/大島三平

悲しけれ網はずしつつ四十雀/星野立子

四十雀すとん~とつゞけざま/田村木国

暫くは四十雀来てなつかしき/高浜虚子

水楢の霧氷を散らし四十雀/小松崎爽青

沙汰なしに渡りてゐるか四十雀/田上尼

洟水もをさまり四十雀が啼く/臼田亞浪

群れ落ちて来し前山の四十雀/高濱年尾

四十雀道をよぎりて移りけり/野村泊月

蘇枋の実からぶる風の四十雀/石原舟月

雨上るらし波郷忌の四十雀/八木林之介

ベレー帽のせて渡らす四十雀/和知喜八

山晴るる日は呼び合ひて四十雀/中島畦雨

牛が食いすすみおり飛ぶ四十雀/和知喜八

四十雀松ほがらなる二月かな/大谷碧雲居

松かさのかさりと落ちぬ四十雀/村上鬼城

俳句例:41句目~

老の名のありともしらで四十雀/松尾芭蕉

四十雀来るのみの松や花の雨/大谷碧雲居

四十雀つれわたりつゝなきにけり/原石鼎

ゆくこころ帰るこころの四十雀/平井照敏

手をあげし人にこぼるる四十雀/高浜虚子

四十雀瀬音にまぎれまぎれざる/相馬遷子

早梅や暮れてもきたる四十雀/水原秋桜子

来はじめて雨の日も来る四十雀/佐久間潺々

目覚めれば黄泉の世ならず四十雀/鈴木鴻夫

四十雀来啼きもみぢのふた枝ゆる/木津柳芽

四十雀群れをり墓地を買ひ置かむ/石田波郷

追ひすがり追ひすがり来て四十雀/石田波郷

遠き日のやうにひねもす四十雀/小林むつ子

いつ見ても二羽で来てをり四十雀/船坂ちか子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ