季語/暑気中り(しょきあたり)を使った俳句

「暑気中り」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「暑気中り」について

【表記】暑気中り

【読み方】しょきあたり

【ローマ字読み】shokiatari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・暑さ負け(あつさまけ:atsusamake)

・暑さあたり(あつさあたり:atsusaatari)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

暑気中りを含む俳句例

肩退くや湖白し暑気中り/松澤昭

白粥のうす塩味や暑気中り/日野草城

暑気中り窓に隣の壁がある/福田蓼汀

帰り来て旅の疲れの暑気中/河合甲南

焦点のなき一日や暑気中り/山田弘子

人生を儚んでゐる暑気中り/岩岡中正

暑に負けて白靴の白日々たもつ/林翔

低き蝶を見るに甘んず暑気中り/林翔

暑気中りとも天職の抛り際/後藤綾子

市中の暑さに中り男かな/阿波野青畝

齢して五十の姉や暑気中り/石塚友二

梧桐の敷布にはえて暑気中り/飯田蛇笏

胸に置く手の重たさも暑気中り/粕谷澄

斯々も然々もなく暑気あたり/井桁白陶

夏負けをせぬやう齧る生野菜/高澤良一

のぞきこむ父の面輪や暑気中/石田波郷

暑気中り師を困らせる一生徒/諸田一風

暑気中り百草丸の木曽に来て/大島民郎

信心に凝りかたまりて暑気中/橋本鶏二

休診もならず医師の暑気中り/本多美勝

俳句例:21句目~

板の間に胡瓜ころがり暑気中り/龍岡晋

古妻の遠まなざしや暑気中り/日野草城

一晩にかほのかはりぬ暑気中り/森川暁水

これぞ医者の不養生なり暑気中/水原春郎

塩加減くるひし粥も暑気中り/吉田みち子

ぬれ縁に向けし枕や暑気中り/稲垣きくの

天井の木目とあそぶ暑気中り/岡本まち子

はらわたの鳴る音怖れ暑気中り/山田米雄

鏡みるすがしをとめや暑気中り/飯田蛇笏

寝て長き手足とおもふ暑気中り/白岩三郎

わが声のセピア色かも暑気中り/西村梛子

鬼門から猫の出て行く暑気中り/大畠新草

暑気中りどこかに電気鉋鳴り/百合山羽公

法身に晒布まきしめ暑気中り/赤松けい子

美しや笑はぬほどに暑気中り/池内友次郎

二三歩の翳り濃くして暑気中り/鈴木節子

暑気あたり細き兵古帯まき~て/高橋馬相

腋の下白く農婦も暑に負けし/百合山羽公

出仕事のつづきて暑さ中りけり/森川暁水

暑に負けてゐる暇さへなき吾に/山田弘子

俳句例:41句目~

暑に負けて旬日すべて狂ひけり/河野南畦

コップの水一気に干して暑気中り/村沢夏風

一寸用しては寝そべり暑気中り/森川はな枝

ふつふつと朝の粥炊き暑気中り/冨樫/藤予

友の忌と師の忌の間の暑気中り/中戸川朝人

度の合はぬ眼鏡がもとの暑気中り/都筑智子

窓も句集も四角なりけり暑気中り/池田澄子

背をまげてひとり佗しき暑気中り/杉山岳陽

薄き身を寝がへりうちて暑気中り/福田蓼汀

うつぶして二つのあうら暑気中り/皆吉爽雨

二三日病めば即ち暑気あたり/阿部みどり女

暑気中り日かげる風にめざめけり/角田雪弥

百合の香の壺遠去けて暑気あたり/斎藤道子

重ねてはほどく足なり暑気あたり/西山泊雲

とかしたる髪のほゝけて暑気中り/下田実花

夏負けもせず来て蝦のチリソース/高澤良一

暑気中り医師に田仕事あはれまる/大熊輝一

はらわたの上に手を置き暑気中り/大石暁座

むづかしき飲食このむ暑気中/五十嵐/象円

これぞ医者の不養生なり暑気あたり/水原春郎

俳句例:61句目~

農婦盛装バスに馴れざる暑気あたり/北野民夫

言へば悔い言はずとも悔い暑気中り/勝田享子

ぶりかえす暑に打負けて易きにつく/高澤良一

二三朝下駄のおもさよ暑に負けて/馬場移公子

夕焼けの彼方が恋し暑気あたり/阿部みどり女

暑に負けてみな字忘れて仮名書きに/星野立子

暑気中り世の日の暮のやはらかし/能村登四郎

まぢまぢと寝て目を据ゑて暑気中り/高浜虚子

暑気中りしてただ寝てる徒にあらず/小沢清汀

一輪の百合挿し主婦の暑気あたり/阿部みどり女

ドンファンのスタミナ切れや暑気中り/塩路隆子

暑気中りにてひもすがらよく寝たり/成瀬正とし

暑に負けて母は悲しきことを言ふ/樹生まさゆき

目つむりて落ち込むやうに暑に負けし/星野立子

暑気あたり大きな声のききとれず/阿部みどり女

ふるさとは暑きところよ暑には負けじ/成瀬正とし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ