季語/冷蔵庫(れいぞうこ)を使った俳句

「冷蔵庫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冷蔵庫」について

【表記】冷蔵庫

【読み方】れいぞうこ

【ローマ字読み】reizoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・電気冷蔵庫(でんきれいぞうこ:denkireizoko)

・氷冷蔵庫(こおりれいぞうこ:korireizoko)

・ガス冷蔵庫(がすれいぞうこ:gasureizoko)

季節による分類

・「れ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

冷蔵庫を含む俳句例

冷蔵庫だけが震動家の奥/関まり

厨にも曲り角あり冷蔵庫/宮脇満

冷蔵庫又開ける音春休み/稲畑汀子

冷蔵庫骨正月の音かろし/小宅光子

元日の開くと灯る冷蔵庫/池田澄子

氷入れ旧物量の冷蔵庫/百合山羽公

浜田庄司旧居の巨き冷蔵庫/辻桃子

春昼や突然目覚む冷蔵庫/浜本直子

旱星海のむこうに冷蔵庫/寺澤一雄

冷蔵庫に潮騒のあり谺あり/工藤克巳

おんな晴々と冷蔵庫開放す/伊藤完吾

妻留守の伝言貼りし冷蔵庫/徳丸峻二

巨大なる冷蔵庫据ゑ老人寮/澤井我来

冷蔵庫廚に月の影ありぬ/大橋越央子

とく~と冷蔵庫据ゑ老納所/河野静雲

母かなし眼薬冷やす冷蔵庫/片山楸江

水の匂いの冷蔵庫より羽音/中田美子

冷蔵庫司厨の帽は横かぶり/日野草城

美術館閉鎖して美の冷蔵庫/三好潤子

冷蔵庫老妻の丈あはれ越す/皆吉爽雨

俳句例:21句目~

冷房に開きて閉ぢし冷蔵庫/後藤夜半

冷蔵庫食指を誘ふものさがす/及川貞

冷蔵庫深夜に戻りきて開く/辻田克巳

冷蔵庫明けて思案の夕支度/鈴村寿満

冷蔵庫など備ふるも後れ勝/石塚友二

冷蔵庫音の微かに妻の留守/中山允晴

妻留守に夫慣れてきて冷蔵庫/寺岡捷子

出棺のごとくに冷蔵庫を運ぶ/鈴木一行

ひとり居の聞けば灯る冷蔵庫/池田秀水

冷蔵庫開くに何かひらめけり/佐藤母杖

わがためのもの奥にあり冷蔵庫/森田峠

冷蔵庫風邪おびやかす充電音/河野南畦

患者等のわれらが宝庫冷蔵庫/高澤良一

旅発つや冷蔵庫を空にして/鈴木とみ子

三日ほど一人にされし冷蔵庫/鈴木鷹夫

ランドセルおきて直進冷蔵庫/高野瀧子

桃トマト小冷蔵庫なれど冷ゆ/日野草城

死ぬるまで付き合ふ薬冷蔵庫/水口/祭

冷蔵庫にいつも卵のある不安/前田典子

冷蔵庫寂しい父が開けてをり/三沢容一

俳句例:41句目~

冷蔵庫開けて孤独をまのあたり/風間圭

冷蔵庫の悪霊を呼ぶ父なき日/寺山修司

妻留守の冷蔵庫さて何も無し/岡本圭岳

貧厨にドカと位す冷蔵庫/竹下しづの女

金塊のごとくバタあり冷蔵庫/吉屋信子

音絶えず眠れざる夜の冷蔵庫/青木綾子

食べごろの桃に冷蔵庫が唸る/鈴木鷹夫

冷蔵庫厨は瓦斯の火を焚けり/山口波津女

冷蔵庫収れて氷塊過不足なし/軽部烏頭子

冷蔵庫淋しいときは開けてみる/六車淳子

黙し合うときに唸りて冷蔵庫/山崎喜八郎

冷蔵庫開けにゆく子の持つ期待/福井圭児

うなりつつ真夜の佳境の冷蔵庫/能村研三

妻留守の客に開け見る冷蔵庫/河合いづみ

それからの出て来る夜の冷蔵庫/槻木珠美

ただいまの声と開きぬ冷蔵庫/永井たえこ

扉をあけて青赤のもの冷蔵庫/山口波津女

るいるいと肉ある深夜の冷蔵庫/江里昭彦

スペースをづらして作る冷蔵庫/高澤良一

予感する山のあなたの冷蔵庫/小泉飛鳥雄

俳句例:61句目~

書き置きのメモにて開く冷蔵庫/右城暮石

今日のタネは鰺ばかり大冷蔵庫/深田久彌

梅噛んでがつしと閉める冷蔵庫/平畑静塔

冷蔵庫しきりにひらき事たのし/石田波郷

冷蔵庫じいんじいんと淋しかり/和田浩一

冷蔵庫と真夜の孤独を共にせり/熊谷愛子

冷蔵庫のうしろ白鳥二羽三羽/高野ムツオ

冷蔵庫のぞける夫をかいま見し/真鍋和子

海底より寒しや冷蔵庫のなまこ/品川鈴子

置き書きのメモにて開く冷蔵庫/右城暮石

冷蔵庫の未明の音や梅雨ふかく/行方克巳

冷蔵庫ひらく妻子のものばかり/辻田克巳

冷蔵庫留守重ぬればよそよそし/中村汀女

開け閉てに妙な音する冷蔵庫/宇多喜代子

冷蔵庫みんな入院してしまふ/鈴木きみえ

冷蔵庫もつともけぶるもの掴む/井沢正江

飲みものが又からつぽに冷蔵庫/稲畑汀子

欲しきときトマトのありて冷蔵庫/下村非文

すばやき手入りてひつこみ冷蔵庫/大橋敦子

夜更けとは開けて閉めたる冷蔵庫/永井龍男

俳句例:81句目~

しっぽまで夕日押し込む冷蔵庫/岸本マチ子

冷蔵庫西瓜もつともなまぐさし/山田みづえ

虹消えて冷蔵庫など開けてみる/高野ムツオ

冷蔵庫に西瓜入れあるぞと出掛け/高澤良一

冷蔵庫に冷えゆく愛のトマトかな/寺山修司

雨冷えのくらがり鳴りだす冷蔵庫/西垣/脩

冷蔵庫にフランスの水と灘の酒/池田琴線女

鯛入れて他はとりいだす冷蔵庫/水原秋桜子

猫が見ていて閉じられし冷蔵庫/大山安太郎

ぬれし手のとびらをあくる冷蔵庫/山口波津女

女ひとりの自活に小さき冷蔵庫/瀧春一「燭」

冷蔵庫ひらけばはたはたとびにけり/岸本尚毅

冷蔵庫豪雨にはかにいたりけり/久保田万太郎

冷蔵庫が泣いている四畳半の未亡人/藤田踏青

冷蔵庫あけてまづとりいだすもの/久保田万太郎

君の冷蔵庫に鰾は眠れり/開けば/海/折笠美秋

夜の冷蔵庫開けるな海があふれ出す/高野ムツオ

ぶるうんと始動し真夜の冷蔵庫/仁尾正文「山泉」

冷蔵庫の氷も痩せこけて夜のお客さま/内藤寸栗子

ごちやごちやとまたごちやごちやと冷蔵庫/石塚友二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ