季語/新緑(しんりょく)を使った俳句

「新緑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新緑」について

【表記】新緑

【読み方】しんりょく

【ローマ字読み】shinryoku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・緑(みどり:midori)

・緑さす(みどりさす:midorisasu)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

新緑を含む俳句例

新緑の山並鏡なせりけり/原裕

新緑の水に老醜山椒/浅羽緑子

新緑の名城公園散策す/籠谷充喜

新緑の槐の陰に小鮒売/小林螢二

新緑や暁色到る雨の中/日野草城

緑さす松や金欲し命欲し/石橋秀野

緑さす机の角に蚤殺す/百合山羽公

列車快走す新緑の防雪林/内藤吐天

緑さす厨を今も手離せず/横山房子

新緑の島根を洗ふ濤の段/西島麥南

口を漱ぎて新緑の駅にまた/中田剛

緑さす下に少年地図ひろげ/大高翔

新緑の椎の最も昂れる/百合山羽公

夫を待つ坂多き街新緑の/対馬康子

新緑や皇居名残の霊柩車/渡辺水巴

姨岩を囲む新緑柔らかし/野村倶子

新緑や仰ぎて叩く楡の幹/望月皓二

山鳩の死に緑さす山の樹々/三谷昭

硝子の新緑光今朝来た蠅/北原白秋

森深き新緑の中幹が立つ/中島斌雄

俳句例:21句目~

新緑や濯ぐばかりに肘若し/森澄雄

杉の香に新緑邃し楞厳寺/河野南畦

緑さす鴻山妖怪財布かな/高澤良一

新緑や人の少き貴船村/波多野爽波

緑さす籐編み籠に籐の鳥/高澤良一

新緑の野点の席に雲流る/小林律子

緑さす窓を雨滴の徒競走/高澤良一

かさねあふべき肉声に緑さす/中田剛

地下鉄の出口Aより緑さす/烏丸道子

新緑の真只中に祝はるる/長谷川回天

少年の顔となりたり緑さす/中村祐子

新緑の肺に溶け入る湖畔荘/佐藤春夫

緑さすや鏡中のわが白髪も/皆川白陀

緑さす三鬼波郷の亡き後も/小林康治

実験の火は新緑の上に育つ/古舘曹人

宿一歩出て新緑に目を細む/高澤良一

緑さす漬物桶にひざまづく/野沢節子

新緑の血潮を永久に龍馬像/渡辺恭子

緑さす薄粥を花のごと餘す/小林康治

鏡台はパンドラの匣緑さす/松本澄江

俳句例:41句目~

風に吊るガラスのに緑さす/吉井操子

新緑の街路樹幹を敵と知らず/斎藤玄

新緑に俗を離れて離宮かな/幸/数限

新緑に神の笛吹く男の子/若林かつ子

新緑に紛れず杉の林立す/山口波津女

新緑に開発すすむ石油の香/大島民郎

新緑や兄欲る東大構内に/秋元不死男

新緑のレース綴れり御堂筋/西村和子

新緑の中鼎談の椅子置かれ/池田秀水

新緑の香に新緑の風を待つ/稲畑汀子

新緑の山径をゆく死の報せ/飯田龍太

新緑の山迫り来て声となる/高久フミ

新緑の庭より靴を脱ぎ上る/山口誓子

新緑の枝混り合ひ許し合ふ/保坂リエ

新緑や絶壁のひび海に入る/新田祐久

新緑や石をこえゆく水の音/曽我玉枝

新緑や棲むらんか枝に石に/渡辺水巴

新緑をしきりにゆする不発弾/穴井太

滝の如き新緑貧を遊びをり/小林康治

神木や新緑界を抽んでて/上田五千石

俳句例:61句目~

篁子が匍ひ出した梅の新緑/北原白秋

職退かな新緑の渦組みほつれ/上林裕

新緑や目薬させば目の新た/長崎雁来子

わが心わが身新緑の山に入る/相馬遷子

友讃へあふ新緑の若者たち/福田甲子雄

塔仰ぐとき新緑に染まりつゝ/稲畑汀子

天気もちにもって新緑寸又峡/高澤良一

少年よ新緑を汝がたてがみに/渡辺恭子

快復す新緑に躬をふかく容れ/池田秀水

摩天楼より新緑がパセリほど/鷹羽狩行

新緑や水恋鳥が啼きしと云ふ/渡辺水巴

新緑のなかまつすぐな幹ならぶ/桂信子

新緑の森をいできし濁り水/鈴木六林男

新緑の町へ来る汽車の音です/北原白秋

新緑の真中の我に闇ひとつ/藤木加代子

西塔残花に在り東塔は新緑に/日野草城

車窓新緑故山に向ふうづくまり/森澄雄

新緑の押し寄せてゐる一山村/高澤良一

きはまりて連翹の黄は緑さす/松村蒼石

緑さす山廬を守りて子ら遠き/和田和子

俳句例:81句目~

もめん縫ふひとつ窓より緑さす/井上雪

新緑や芥のごとき汽車の中/百合山羽公

新緑の寺の電話を借りにけり/増田龍雨

新緑のうねり隣家を遠くせり/大山昭雄

思ふ事なき日の素顔緑さす/古賀まり子

獄中の爪書き「母よ」緑さす/岩崎波久

緑さすや君と別るゝための黙/小林康治

新緑の此岸に村はかたまりて/高澤良一

新緑を見透かせぬなり遺骨抱き/澁谷道

新緑や愛されたくて手を洗う/対馬康子

緑さす仰臥の夫の髭剃れば/石田あき子

新緑に浮浪者蒼き目をしたる/対馬康子

緑さす富貴寺の面取り柱かな/高澤良一

緑さす旅墓に逢ひ牛に遇ひ/鷲谷七菜子

緑さす書見器隠り夫睡れり/石田あき子

新緑に指染めて指す滝への道/高橋悦男

新緑の雨や石上のかたつむり/内藤吐天

新緑のアパート妻を玻璃囲ひ/鷹羽狩行

新緑やたへにも白き琴弾く像/山口青邨

新緑にしばし讀書の瞳を癒す/新井フミ

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ