季語/水無月(みなづき)を使った俳句

「水無月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水無月」について

【表記】水無月

【読み方】みなづき

【ローマ字読み】minazuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・風待月(かぜまちづき:kazemachizuki)

・常夏月(とこなつづき:tokonatsuzuki)

・青水無月(あおみなづき:aominazuki)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

水無月を含む俳句例

水無月や烏ばかりの嗽/石川桂郎

水無月や鳥ばかりの嗽/石川桂郎

水無月や飛脚烏の片便り/橋石和栲

俳諧師青水無月の星愛す/岸風三樓

水無月の蹠の聡き青畳/岡部名保子

水無月はいつか来にけん裸嶋/幽山

水無月や雲より白き楮積む/秦照子

水無月の枯葉相つぐ梧桐かな/石鼎

水無月の螢火林出で行かず/有働亨

水無月や船乗の負ふ大き袋/下田稔

招魂の坊主憎くて水無月/筑紫磐井

水無月の橋一僧を通しけり/桂信子

水無月の水際の母の光背/夏石番矢

雪の河豚左勝水無月の鯉/松尾芭蕉

水無月を際だつ雲の高嶺かな/霊椿

水無月の竹を叩くや俄雨/松瀬青々

水無月の筑波蒼さや棉の花/大竹孤悠

水無月の山菜親し斎の膳/下村ひろし

水無月や風に吹れに古里へ/上島鬼貫

水無月の島山茫とある別れ/石塚友二

俳句例:21句目~

鷺翔り青水無月の杜暮るる/大上充子

水無月やとりおくれたる舟日待/奚魚

水無月の小さな旅も姉妹/川端紀美子

水無月の高野豆腐を僧浸す/萩原麦草

水無月の汗を離るる仏かな/上島鬼貫

水無月や滞船ゆるゝ神代川/前田普羅

漆黒の馬のとけゆく青水無月/山本掌

水無月や弱りし者を高階に/森田智子

水無月や仏に咲きし秋海棠/渡辺水巴

水無月の青波かぶる潮佛/加藤三七子

水無月や鯛はあれども塩鯨/松尾芭蕉

水無月や畳敷きなる天主堂/大岳水一路

水無月や白塀に径岐れては/神尾久美子

水無月や與助は居ぬか泥鰌売/幸田露伴

水無月や青き棗の夜も落つ/加倉井秋を

水無月や頭の先まで柔らかい/鳴戸奈菜

ガラス絵を買ふ水無月の蚤の市/鈴木晶

一女あり青水無月の鏡拭く/坂口かぶん

和菓子舗の水無月青き幟立ち/田中美彦

坊村に鯉食らひをり水無月会/板谷芳浄

俳句例:41句目~

灯を入れて青水無月の提灯屋/不破幸夫

御修法も御悩癒さぬ青水無月/筑紫磐井

神の森水無月風にかしわ落葉/前田普羅

簗なほす青水無月の夕こだま/橋本榮治

水孜々と氷河を流る水無月は/澤田緑生

誕生日すぎし水無月ただ真青/井沢正江

水無月と別るる線香花火かな/中村汀女

赤坊に水無月の宵うすみどり/福田蓼汀

水無月のからき目を見て今朝の秋/存義

雲湧くや青水無月の湖底まで/椎橋清翠

水無月のはじめをもろき肱かな/中田剛

水無月のはや巡り来し一周忌/稲畑汀子

水無月の埃つもれる芭蕉かな/鈴木花蓑

水無月の宿帳に墨飛び散れる/大西淳二

木曾馬に青水無月の草ゆたか/松本美簾

水無月の当て無き櫂の雫かな/池田澄子

水無月の故国に入れば翠かな/日野草城

水無月の文机に置く遺影かな/山本洋子

水無月の柱混みあふ祖父の家/橋本榮治

水無月の歌を小出しに小葭切/堀口星眠

俳句例:61句目~

水無月の猫で手を拭く翁かな/攝津幸彦

水無月の苔の蒼さや大伽藍/大谷碧雲居

水無月の賽の河原の迷子札/大木あまり

草擦ってゆく水無月の水の音/福永耕二

水無月の雀頭がちにこぼれくる/飴山實

水無月の雲の耳より月うまる/加藤楸邨

水無月の青きたそがれ輪中村/鎌田雅龍

水無月は腹病やみの暑さかな/松尾芭蕉

水無月や微恙ながらに山歩き/田中裕明

水無月や朝起きしたる大書院/広瀬惟然

懸巣啼きその子の応ふ青水無月/小池文子

あをあをと水無月祓過ぎにけり/筑紫磐井

うづ潮に青水無月の人語断つ/柴田白葉女

たましいに猫の足あと青水無月/鳴戸奈菜

はじめての道も青水無月の奈良/皆吉爽雨

境内を掃いて水無月祓ひ待つ/井上たか女

悪戦の夜討ち朝駆け青水無月/鈴木六林男

水無月の袋のごとき猫を愛す/中尾壽美子

水無月の遍路に海の傾ぎたる/加藤三七子

水無月に星も老ゆるや墓の上/秋元不死男

俳句例:81句目~

水無月のしめりて重き雨戸かな/田中冬二

蕎麦屋にて青水無月と思ひけり/田中裕明

水無月や月より還る人を待つ/深川正一郎

水無月や朝から白きものをきる/井上井月

水無月の灯に七歳の恋語る/長谷川かな女

水無月の河原に出でぬ夕つかた/清原枴童

水無月の水辺ゆづらぬ鮴屋の灯/吉田紫乃

水無月のたとへば北に病める葦/佐藤鬼房

水無月や青き火を擦る青き妻/磯貝碧蹄館

青水無月墓のうしろは甲斐の山/角川源義

水無月の袖すり合ふも舟の中/北見さとる

水無月の横臥の息がほむらなす/長谷川双

水無月の山吹の花にたとふべし/正岡子規

水無月の木蔭に寄れば落葉かな/渡辺水巴

青水無月家深くひと入りにけり/今野福子

水無月の川を絞りて漁網あぐ/藤井寿江子

青水無月村の桜桃採りつくし/鳥越やすこ

青水無月汽笛は街をうつろにす/上窪則子

水無月の山雲垂れぬ蚊火の宿/石橋辰之助

水無月やいまも残れる隠し井戸/木内怜子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ