季語/冬至(とうじ)を使った俳句

「冬至」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬至」について

【表記】冬至

【読み方】とうじ

【ローマ字読み】toji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・一陽来復(いちようらいふく:ichiyoraifuku)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

冬至を含む俳句例

諍ひて一日遅れの冬至粥/咲間匡

人やしる冬至の前のとし忘/素堂

新右衛門蛇足を誘ふ冬至哉/蕪村

不揃ひの冬至蒟蒻坊泊り/澤田緑生

松の葉が刻む朝日も冬至かな/林翔

鴬のうしろ影見し冬至哉/高井几董

裏山に風募りくる冬至粥/栗原政子

絨毯の山水渉る冬至の日/原田青児

冬至南瓜戦中戦後鮮烈に/田中和子

消防車全燈点す冬至かな/田中芥子

陰陽師歩にとられ行冬至哉/炭太祇

妻の夢みな叶はざり冬至の夜/瀧春一

野ゝ中に土御門家や冬至の日/炭太祇

物干の影に測りし冬至かな/子規句集

燈台に波あがる見て冬至の湯/針呆介

甘藍の畑に過ごす冬至かな/岩田由美

沢庵の石油くさき冬至かな/会津八一

冬至はや漲りのかほ戸口より/中田剛

冬至とて男にやどる力かな/松瀬青々

本送る底荷の冬至南瓜かな/黒田杏子

俳句例:21句目~

百姓に浴ほどこす冬至かな/黒柳召波

職人の早仕舞せし冬至かな/山崎一角

冬至より夜の鳥籠に布二重/皆吉爽雨

書記典主故園に遊ぶ冬至哉/與謝蕪村

暖かに冬至の宵を小買もの/星野立子

塩ふつて冬至禊の火を鎮む/森田公司

納骨の済みて冬至の細き月/山田閏子

早発の六時は暗し冬至かな/稲畑汀子

空海の夢に色ある冬至かな/橋石和栲

冬至湯に絆創膏も浸りゐて/高澤良一

冬至湯の煙あがるや家の内/前田普羅

夕月の欅をのぼる冬至かな/角川春樹

切火まづ大南瓜より冬至寺/赤坂邦子

錦繍にまみれ雛師の冬至粥/中村金鈴

まだ母に冬至南瓜を切る力/大庭星樹

ももいろの体湯の中冬至前/金田咲子

門前の小家もあそぶ冬至哉/野沢凡兆

風雲の少しく遊ぶ冬至かな/石田波郷

食作法おごそかにして冬至粥/森白象

飯喰ふて暇にしてみる冬至哉/炭太祇

俳句例:41句目~

餡届き南瓜の届き冬至かな/川原道程

一と袋山梔子摘みし冬至哉/小澤碧童

鳶の声あびて冬至の熱帯樹/飯田龍太

鶲とぶ冬至の雨に湖透きぬ/長谷川双

人去つて冬至の夕日樹に煙り/桂信子

仏壇に水仙活けし冬至かな/高浜虚子

あたたかき雨の降りたる冬至かな/俊朱

貧乏な儒者訪ひ來ぬる冬至哉/蕪村遺稿

西吹いて朝富士臨む冬至かな/小澤碧童

子午線の上に今あり冬至の日/高野素十

葉蘭打ち冬至を明日の夜の雨/高澤良一

菜園に清輝をあぶる冬至かな/高田蝶衣

冬至芽の此処をと盆栽菊談義/高澤良一

小屋牛に干菜を食はす冬至かな/森澄雄

教はりて若妻の買ふ冬至柚子/阪口良子

美しき日和続きに冬至かな/八木林之介

すれ違ふ太陽と月冬至かな/和田耕三郎

結界の中にもゐるや冬至の子/岸本尚毅

定年の人に会ひたる冬至かな/高橋順子

禅院の子も菓子貰ふ冬至かな/黒柳召波

俳句例:61句目~

磧湯に馬を入れやる冬至かな/野村喜舟

干柿につく鳥逐へる冬至かな/中島月笠

山茶花の花の末なる冬至かな/小澤碧童

黒板の文字大きくて冬至なり/都筑智子

吉原のやらずの雨の冬至かな/今泉貞鳳

わらしべで冬至の靨括りたし/橋石和栲

病食に冬至南瓜のゆたかなり/吉澤卯一

慈姑掘手を泥にして冬至かな/小澤碧童

疎かりし隣に遊ぶ冬至かな/大須賀乙字

田に下りて鴉鳴き出す冬至粥/黒木野雨

清廉に生き来し自負や冬至粥/伊東宏晃

冬至南瓜食ひ迷信に弱きボス/川村紫陽

冬至南瓜鳩尾あたりくぐりけり/東竹を

檻の獣みな温和しき冬至かな/原田青児

冬至守る一穂の灯の納戸神/小原菁々子

地の下に雷を感ずる冬至かな/松瀬青々

山國の虚空日わたる冬至かな/飯田蛇笏

柿の骨冬至の酒となりにけり/小林康治

日の筋の埃しづかに冬至かな/松瀬青々

弦月のかかる冬至の家路かな/川口利夫

俳句例:81句目~

浜風に小枝の揺るる冬至かな/山崎道子

斑鳩や冬至といへど藁塚月夜/角川春樹

冬至とは影を忘れし形なり/村木佐紀夫

山寺の僧が冬至の柚子をくれ/高浜年尾

冬至粥粥のぬくみは仏まで/恒富柊一郎

釣鐘冬至の陽があたつてゐる/大橋裸木

喝食の面打ち終へし冬至かな/高浜虚子

庭空を車輪がけりよ冬至の日/井沢正江

犬の眼に冬至の赤い日が二つ/川崎展宏

隠れ耶蘇縁辺集ひ守る冬至/小原菁々子

雨ながら朔旦冬至ただならね/黒柳召波

頬杖を解く冬至粥食はんため/佐藤鬼房

坂一つ越え冬至村あたらしき/萩原麦草

母在りき冬至もつとも輝きて/三橋鷹女

冬至南瓜しくりと割れば妻の国/松本旭

飾りおく冬至の南瓜今は切る/山口青邨

冬至南瓜とろりと甘し齢延ぶ/高橋利雄

庭稲荷にも手向けある冬至粥/藤田美乗

蒟蒻を逃がす庖丁冬至妻/長谷川かな女

星々の磨きぬかれし冬至かな/仙田洋子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ