季語/乾鮭(からさけ)を使った俳句

「乾鮭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「乾鮭」について

【表記】乾鮭

【読み方】からさけ

【ローマ字読み】karasake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・干鮭(ほしざけ:hoshizake)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

乾鮭を含む俳句例

乾鮭も空也の痩も寒の内/芭蕉

干鮭や琴に斧うつ響あり/蕪村

干鮭も空也の痩も寒の中/芭蕉

年守る乾鮭の太刀鱈の棒/蕪村

とし守や乾鮭の太刀鱈の棒/蕪村

乾鮭の奥の灯明り新仏/飯田龍太

夜を寒み乾鮭つたふ鼠かな/乙州

託禅師乾鮭に白頭の吟を彫/蕪村

乾鮭や焚く枯菊の薄畑/石井露月

乾鮭の切口赤き厨かな/正岡子規

乾鮭の半身吊して窯神/木村滋子

乾鮭の歯や柊の白き花/岡本癖三酔

雪の朝独り干鮭を噛み得タリ/芭蕉

乾鮭の片荷や小野の炭俵/蕪村遺稿

乾鮭や鏡花犀星貧に出づ/加藤耕子

乾鮭も火焔を負へば仏哉/松瀬青々

乾鮭に目鼻つけたる御姿/子規句集

乾鮭を提げて話すや風の中/原月舟

乾鮭や琴に斧うつひゞきあり/蕪村

棟梁に乾鮭贈る歳暮かな/佐藤肋骨

俳句例:21句目~

乾鮭の頭めでたし鬼退治/子規句集

乾鮭は仏彫る木の荒削り/渡辺水巴

山国へ送る乾鮭歳暮かな/小澤碧童

乾鮭を提げ空港の端よぎる/小林康治

袴着て乾鮭提げて帰りけり/小林李坪

両眼を備へ乾鮭吊られあり/奥坂まや

鼻曲る乾鮭を見き鼻撫でて/加藤楸邨

干鮭に喰ひさかれたる紙子かな/木導

干鮭の目へかがんだる竈馬かな/許六

乾鮭に弓矢の神を祭りけり/寺田寅彦

乾鮭に貧を思はず愚を思ふ/小澤碧童

乾鮭に風のぶつかる漁仕舞/田上悦子

乾鮭の下顎強くもの言ヘり/嶋田麻紀

乾鮭の余寒の頭残りけり/岡本癖三酔

乾鮭の処刑の縄を口に尾に/井沢正江

乾鮭の名利のあぶらなかりけり/几董

乾鮭の頭もつとも乾びけり/長谷川櫂

乾鮭の鱗も枯れて月日かな/日野草城

乾鮭に喝を与ふる小僧かな/高浜虚子

乾鮭も登るけしきや冬木立/蕪村遺稿

俳句例:41句目~

乾鮭や判官どのゝ上り太刀/蕪村遺稿

乾鮭や沖に日の差す羽越線/椎橋清翠

乾鮭や苦沙彌は遂に冬の人/寺田寅彦

乾鮭をさげて俥に乗りに鳧/内田百間

乾鮭をさげて西方無辺なり/橋石和栲

乾鮭を挽ば木のはし炭の折/高井几董

手燭して乾鮭切るや二三片/前田普羅

数知れず乾鮭つりし厨かな/羅蘇山人

村上の堆朱乾鮭しぐれけり/黒田杏子

みちのくの乾鮭獣の如く吊り/山口青邨

乾鮭のからついてゐる柱かな/夏目漱石

乾鮭の貌のしろがね夜に入る/藺草慶子

乾鮭を描くリアリズム明治とは/日原傳

乾鮭を提げて闇夜を戻りけり/藺草慶子

寒食や乾鮭は世をさかさまに/会津八一

乾鮭の吊られて並ぶ背に値札/長谷川櫂

乾鮭の顔の寒きを切りにけり/小林康治

乾鮭の片身削がれて煤けけり/水内鬼灯

乾鮭のあるが上にも貰ひけり/松瀬青々

乾鮭をなべて持ちけり年の宿/高田蝶衣

俳句例:61句目~

税重く人の背ごしの乾鮭光る/岩田昌寿

乾鮭の下なることにこだはれり/山口誓子

乾鮭の重たき向きのかはりけり/黒田杏子

乾鮭のあけし口より日のにほひ/小橋久仁

風呂敷に乾鮭と見しは卒都婆哉/蕪村遺稿

乾鮭に吹雪の夕日あたりけり/名和三幹竹

まっ白き歯の乾鮭の吊られたる/加藤三七子

乾鮭にあかぎれの手を噛まれけり/平塚蕗山

乾鮭の背骨にふれて刃をすすむ/小檜山繁子

乾鮭の無念も涙も売られけり/こしのゆみこ

乾鮭の歯のしみ~と錆びにけり/米沢吾亦紅

乾鮭を切りては粕につゝみけり/水原秋桜子

乾鮭にはじめての刃をあてんとす/山口波津女

乾鮭をたたいてくわんと鳴らしけり/村上鬼城

乾鮭を吊るすラッセルまた哭きすぐ/細谷源二

乾鮭や灯まつ間の土間厨/『定本石橋秀野句文集』

乾鮭に忘れて長きぬくめ酒/『定本石橋秀野句文集』

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ