季語/葱(ねぎ/き)を使った俳句

俳句例:201句目~

伏せ葱に夕三日月の影しけり/臼田亞浪

伐折羅見て葱あをあをと茂るかな/林火

働くや夜は大振りに葱切つて/嶋田麻紀

入相の秋の鐘きく葱提げて/稲垣きくの

冬長し二人に余る葱伏せて/古賀まり子

切先へ息入れて葱真青なり/殿村菟絲子

刻んでも葱では泣かず独身術/鈴木栄子

取返しつかぬ日暮の葱を抜く/櫂未知子

古利眼の葱そゝけたる朧月/殿村莵絲子

土恋へるとばりの葱や春の雨/西山泊雲

太陽は葱の此方に寂しきかな/永田耕衣

太陽や農夫葱さげ漁夫章さげ/西東三鬼

夫呼んでから雪鍋に刻み葱/鳥居美智子

子も葱も容れて膨るる雪マント/高島茂

寒風に葱ぬくわれに絃歌やめ/杉田久女

小水葱被てあぎとふ鯰誘蛾燈/芝不器男

山へ帰る荷に葱すこし年の暮/右城暮石

嵯峨念仏楽屋にとどく泥の葱/椹木啓子

慰霊祭をはりて葱を刻みゐる/片山桃史

折れ葱のなかの白濁春の霜/大木あまり

俳句例:221句目~

抜捨し野葱土かはく春日かな/高井几董

旧正やたくはへし葱納屋にあり/上村占

春寒や葱のみどりと白き光沢/笹沢美明

春昼や小走り買ひの葱一把/鈴木真砂女

時雨るゝや畑の葱の如きもの/尾崎迷堂

月光のあまねく葱に性根入る/高澤良一

月明の葱くふ虫もあらはれよ/矢島渚男

枯れせめぐ蛭ヶ小島の葱の畝/宮津昭彦

楚々として象牙のごとき葱を買ふ/青邨

武蔵野や流れをはさみ葱白菜/臼田亞浪

母の手の葱の匂へる帰省かな/坂本謙二

母の灯のとどくところに葱囲ふ/神蔵器

水のめば葱のにほひや小料亭/芝不器男

氷室山里葱の葉白し日かげ草/榎本其角

泉ぬくしといひつゝ女葱洗ふ/村田八重

泥葱に古妻雨を怖れけり/長谷川かな女

消え残る一畝の葱も余寒かな/大谷句佛

湯豆腐のまづ箸にして葱甘し/石川桂郎

湯豆腐や走らして買ふ葱少し/小澤碧童

炎天を帰りみぢんに葱きざむ/吉野義子

俳句例:241句目~

焼葱をかじりて杣の茶碗酒/土屋かたし

燈台の下にて葱の白根剥かる/木村蕪城

畑仕事これで終ると葱を抜く/阪本俳星

白葱のしろい性器がみえている/高岡修

皹の手より受けたる泥の葱/白岩てい子

砂地踏みそこは葱畑海へ出る/木村蕪城

祖父の忌の雨たつぷりと葱畠/高澤良一

稼ぎ妻戻る一束の葱のぞかせ/茂里正治

倒れたる板間の葱に似て困る/清水径子

草ひいて煙程の葱を育てけり/西山泊雲

葬すませて葱畑の日ぐれ働く/大橋裸木

葱うゑる夕影の土やや冷えぬ/飯田蛇笏

葱かかへ寒さの光る中に墜つ/石原八束

葱きざむ吾が生涯の刻きざむ/新井恵子

葱さげて日の暮とほき雲の冬/太田鴻村

葱と連翹太陽にペニスがある話/竹中宏

葱ぬくや確かに我を呼ぶなりけり/間石

葱の束うやうやしくも初荷かな/山冬子

葱の葉のふかく沈みて富士颪/萩原麦草

葱は葱の匂ひを通す秋の暮/鳥居美智子

俳句例:261句目~

葱ひくや昨日の霰そのまゝに/西山泊雲

葱も見つ元日の道まつすぐに/渡邊水巴

葱を剥く納屋南面の雪解音/猪俣千代子

葱を引き真澄の空の下と思ふ/村越化石

葱を抜く匂ひに霞む出城跡/鳥居美智子

葱を抱く身の影闇に攫はるる/石原八束

葱一本横たへて何始まるや/能村登四郎

葱刻む妻の背に嘘なかりけり/鳥居露子

葱刻めば遠くつかれし煙突よ/寺山修司

葱剥きて余生を涙もろくせり/大畠新草

葱引いて来る妻の髪霰かな/岡本癖三酔

葱引き抜くにやはらかき川風よ/中田剛

葱引くに霞のなかをきたりけり/中田剛

葱引くや枯菊に遺る情もなく/尾崎迷堂

葱抜くや土ぱらぱらと雪の上/南うみを

葱抜くや春の不思議な夢の後/飯田龍太

葱抜けば身の還るべき地の香あり/龍太

葱掘つて土ぼそぼそと春寒き/臼田亞浪

葱採りに出て月しろの葱畑/猪俣千代子

葱提げて帰る教師の顔のまま/行方克巳

俳句例:281句目~

葱提げて老いたる町の発明家/神田敏子

葱洗ふや月ほのぼのと深雪竹/飯田蛇笏

葱洗ふ我が母凡そまづしさよ/尾崎迷堂

葱洗ふ流れもちかし井出の里/蕪村遺稿

葱甘し叱つてくるる人のゐて/大石悦子

葱畑といふほどもなき葱に雨/角川春樹

葱畑の小さき神もお留守かな/野村喜舟

葱畑の放られてあり売地札/松本有美子

葱畑の青むらさきの秋の翳/富澤赤黄男

葱畑や固唾を呑んでよこぎれり/中拓夫

葱畑や月吹き落す風となり/大場白水郎

葱白し足のしびれを火に當る/井上井月

葱盗るときめて恐ろし風の月/西山泊雲

葱真白に洗ひあげたる櫟原/柴田白葉女

葱青し字と団地を分け隔つ/百合山羽公

蛇とぶやはるかな葱の商人に/安井浩司

行商女葱の包みは手に提げて/山田節子

誰からも問はれぬ泪葱刻む/殿村菟絲子

足枷の余命の際に葱が立つ/林田紀音夫

透きとほるまで精進の霜の葱/都筑智子

タイトルとURLをコピーしました