季語/涅槃会(ねはんえ)を使った俳句

「涅槃会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「涅槃会」について

【表記】涅槃会

【読み方】ねはんえ

【ローマ字読み】nehane

子季語・関連季語・傍題・類語など

・涅槃像(ねはんぞう:nehanzo)

・餅花煎(もちばないり:mochibanairi)

・団子撒き(だんごまき:dangomaki)

・涅槃図(ねはんず:nehanzu)

・涅槃絵(ねはんえ:nehane_)

・寝釈迦(ねしゃか:neshaka)

・涅槃(ねはん:nehan)

・お涅槃(おねはん:onehan)

・涅槃寺(ねはんでら:nehandera)

・千本念仏(せんぼんねんぶつ:sembonnembutsu)

・仏の別れ(ほとけのわかれ:hotokenowakare)

・二月の別れ(にがつのわかれ:nigatsunowakare)

・去りし仏(さりしほとけ:sarishihotoke)

・栴檀の煙(せんだんのけむり:sendannokemuri)

・鶴の林(つるのはやし:tsurunohayashi)

・鶴林の夜半(かくりんのよわ:kakurinnoyowa)

季節による分類

・「ね」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

涅槃会を含む俳句例

姉川も妹川も涅槃雪/山本洋子

昼燭す涅槃の幅や東福寺/露石

涅槃像後は釈迦の立ち仏/左次

涅槃像いばんや人間絹枕/安昌

蝕みし虫も殻なり涅槃像/風来

雪歇まず昨日涅槃の晨より/月尚

晴や陸稲涅槃の雨上り/折笠美秋

涅槃会の水に穴あく鯉の口/敏雄

百草も揃はぬころや涅槃像/乙由

東山三十六峰涅槃雪/浅見志津香

傘立に藍の山河や涅槃寺/辻桃子

枯蓮や却て春の仏涅槃/尾崎迷堂

景徳院勝頼御廟涅槃雪/池田秀水

階段に泥足乾く涅槃哉/角田竹冷

焼寺に全きものは涅槃かな/筝子

涅槃図に蟠とも草履とも/小澤實

旅人に涅槃会の雨一雫/沢木欣一

涅槃衣も衣箪笥や虫払/喜谷六花

北斎の海に雪降る涅槃かな/春樹

香焚けば翳のぼりつめ涅槃像/裕

俳句例:21句目~

涅槃会や雲下りくる音羽山/暁台

天水に映る天界涅槃寺/毛塚静枝

生臭き息を憚る涅槃絵図/浜渦美好

蛇の円かなる座や涅槃像/後藤夜半

建長寺ご坊雲集お涅槃会/高澤良一

御枕赤きに涅槃し給へる/吉井莫生

獣に青き獅子あり涅槃像/後藤夜半

父の香の沓と涅槃の墨硯/野村雨城

鯛料る只今ばかり涅槃かな/斎藤玄

鯉跳ねて昼腥さき涅槃寺/中村祐子

慟哭の涙は描かず涅槃像/三村純也

涅槃寺障子細目に雪の松/星野立子

慟哭の群像今し涅槃かな/和田悟朗

涅槃図の月は光を失ひぬ/中/憲子

掌に顔を隠して涅槃泣く/古屋秀雄

涅槃図の前勿体なの大嚏/大橋敦子

正面に落日うけて涅槃像/松瀬青々

人獣大きさ違ふ涅槃図絵/能村研三

豊かなる乳見え給ふ寝釈迦哉/篠原

涅槃会の沓音巡る御仏殿/高澤良一

俳句例:41句目~

青鬼の背中が泣いて涅槃絵図/規子

傾城の拝んで笑ふ涅槃哉/松岡青蘿

即仏を夢見る如し涅槃像/塩谷華園

涅槃雪筑紫の涯に父の墓/佐野美智

鳥獣の我等侍りし涅槃かな/上野泰

涅槃会やさながら赤き日の光/言水

涅槃会やものの重なる影法師/麦水

門前の花菜の雨や涅槃像/飯田蛇笏

涅槃雪玄奘も筆休めけむ/有馬朗人

こゝろゆく極彩色や涅槃像/炭太祇

涅槃会や大僧上の坐胼胝/山本孝仙

涅槃会や大雄宝殿開放つ/野村喜舟

涅槃すみ山に一本夕日道/村越化石

涅槃なり狐色して山並び/村越化石

太柱二本かくれぬ涅槃像/野村喜舟

釈迦の国金ンを貴び涅槃像/比奈夫

酩酊に似たり涅槃をひた歎き/誓子

近海に鯛睦みゐる涅槃像/永田耕衣

神垣やおもひもかけず涅槃像/芭蕉

寺町や猫と涅槃の恋無常/横井也有

俳句例:61句目~

就中月の大きな涅槃図絵/福井圭児

山中や泉を寝かせ涅槃雪/村越化石

百獣に白象やさし涅槃像/河野静雲

山寺や誰も参らぬ涅槃像/三浦樗良

山巓よ眠る鯨を涅槃とす/久保純夫

涅槃図に束の間ありし夕日かな/敦

白象を笑ひ嘆かせ涅槃図絵/赤松子

諸鳥の地に嘆かへり涅槃像/秋櫻子

涅槃会や雪清浄の法の山/大橋敦子

白一衣まとふ雲逝く涅槃空/林昌華

幾何を泳がば鯉の涅槃かな/齋藤玄

幾許を泳がば鯉の涅槃かな/斎藤玄

朝よりも昼の寒くて涅槃雪/岩田由美

鳥獣にはじめて泪涅槃絵図/井沢正江

朱の多き涅槃図かかり湖の寺/森澄雄

鳥型を空の涅槃に押しつけて/齋藤玄

枯園に日は和なれや大涅槃/石塚友二

おん母の一日過ごす涅槃寺/細川加賀

梁といふ強きものある涅槃寺/大牧広

ねむる涅槃月夜の藻を抱き/秋沢流火

俳句例:81句目~

榧の木に春の日脚や涅槃寺/末久松城

涅槃像鼠の尿もあはれなり/正岡子規

横たはる様は涅槃の自然生/高澤良一

歌留多の釈迦坊主揃ひや涅槃講/九石

武者先生涅槃し給ひ花の雨/石塚友二

涅槃雪踏み最澄の山に在り/山田松寿

お涅槃や山笹深く日の移り/中島月笠

お障子の人見硝子や涅槃寺/河野静雲

水潮の涅槃の海に泳ぎゐる/茨木和生

沙羅の葉に月の雫す涅槃像/吉富無韻

かの雛僧成人しをり涅槃像/河野静雲

泣顔のくしや~誰や涅槃像/野村喜舟

涅槃雪渚に蒼くつもりけり/山本洋子

里の子の猫加へけり涅槃像/夏目漱石

釈迦銭や涅槃に帰る手向種/椎本才麿

はし近く涅槃かけたる野寺かな/附鳳

涅槃雪女性ま白き芯に燃ゆ/高澤晶子

涅槃の日鰻ぬるりと籠の中/飯田龍太

近よれど声なき嘆き涅槃像/佐野良太

貧相に描かれし蛇涅槃絵図/茨木和生

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ