季語/野蒜(のびる)を使った俳句

「野蒜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「野蒜」について

【表記】野蒜

【読み方】のびる

【ローマ字読み】nobiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山蒜(やまびる:yamabiru)

・根蒜(ねびる:nebiru)

・沢蒜(さわびる:sawabiru)

・小蒜(こびる:kobiru)

・野蒜摘む(のびるつむ:nobirutsumu)

季節による分類

・「の」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

野蒜を含む俳句例

奥山の枯もけぶれり野蒜摘/中拓夫

遠江国分寺跡野蒜摘む/野末美代子

三月の空を忘れて野蒜摘/高澤良一

旅人の嚢中よりす野蒜の香/中田剛

下総は沼より明くる野蒜摘/木山白洋

野蒜つむ人は野に出て法然忌/有働亨

野蒜ぬく力をためす俊寛忌/中村八弥

野蒜摘み手足に残る昼の酒/富田直治

街道を桑売ひとり野蒜の花/田中冬二

野蒜咲き幾日を濁る小田の水/林蓬生

野蒜出て須磨子の墓へ夕畷/古舘曹人

花野蒜引きし心の淡さかな/相島虚吼

濤ひとつびとつ轟く野蒜摘/児玉小秋

裾見ゆる山はさみしく野蒜掘/中拓夫

竜巻に野蒜飛ぶなり鰻池/水原秋桜子

君知るや野蒜の花の赤きをば/野村喜舟

夕ぐれの野蒜を摘んで足早に/岸本尚毅

天へ向く野蒜のあをさ父の国/佐川広治

廃線になりたる駅や野蒜摘/三谷喜与史

野蒜野萱草大荷物山家に入る/金子皆子

俳句例:21句目~

野蒜抜きをれば空より韓の歌/猿田咲子

野蒜咲く花の命のながきかな/山崎国子

野蒜咲き蜆貌なるひと日かな/桑原三郎

野蒜のみ奈落となりし昼の酒/皆川盤水

野蒜摘むいま時緩く一日迅し/岡田貞峰

春浅き野蒜の糸の伸びもつれ/遠藤はつ

東京國立博物館の野蒜食ぶ/佐々木六戈

びんらんの野蒜を愛し一本杉/三橋鷹女

野蒜つみ奈落となりし昼の酒/皆川盤水

一と鍬に野蒜の白き球無数/川島彷徨子

畑打女籠の野蒜をどっと捨て/山本悦子

野蒜の根深し~と掘りつゞく/亮木滄浪

野蒜掘る今宵の酒をたのしみて/上村占

野蒜掘り芹摘み己れ遊ばしむ/石塚友二

鍬切れの野蒜の匂ふ畠かな/田中たゞ志

鍬初め野蒜の匂ひ立ちにけり/小原弘幹

陽炎の燃えて野蒜の匂ひかな/野村喜舟

雲影をいくたびくぐる野蒜摘/福永耕二

引抜けば土塊躍る野蒜かな/阿部みどり女

樋水ます雨にはなさく野蒜かな/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

背伸びして疲れ顔なる花野蒜/つじ加代子

花野蒜今日も来たりし鳩の群/村井/葉月

一生は束の間野蒜摘みにけり/藤田あけ烏

踏んでゆく土やはらかき野蒜摘/根岸善雄

白鷺の翔び交ふ下や野蒜摘む/石田あき子

野蒜ぬくや先生の話面白く/長谷川かな女

野蒜味噌畑かはり田が変りても/遠藤正年

野蒜咲く殆んど中途半端にて/高田風人子

野蒜摘み八岐に別れゆきし日も/赤尾兜子

野蒜摘む老婆の爪のひび割れて/夏目雅子

野蒜摘む野に雲垂れぬ湖かけて/木村蕪城

いのししのやぶほりかへす野蒜かな/野明

こち吹くな老いは冷たし野蒜つみ/中勘助

ぞつくりと野蒜を抜きし穴に雨/中原道夫

雪を削ぐ山風いたし野蒜摘み/能村登四郎

ダムに落ちさうな野蒜の畑かな/刈谷桂子

疎開して野蒜摘などせしことも/田村おさむ

道のべによろつきて咲く野蒜かな/村上鬼城

散る花にまみれてゐたり野蒜とり/木津柳芽

往きに見し野蒜摘みけり小買物/白澤よし子

俳句例:61句目~

冴えかへる影ひとすぢの絲野蒜/篠田悌二郎

八丁味噌たつぷり付けて野蒜食ぶ/吉田木魂

野蒜掘れば強きにほひや暮の春/松本たかし

さりげなき別れの野蒜摘みゐたり/木村蕪城

野蒜長し幟の影のそとに出で/長谷川かな女

花らしくなくて野蒜の花とかや/石井とし夫

野蒜など摘み来てすぐに洗ひ置く/高木晴子

農道のほとりひょろりと野蒜の花/高澤良一

頬に触る風やはらかに野蒜摘む/前原三千代

馬場あとは野蒜の晴でありにけり/吉田紫乃

花つけて野蒜の先きのやゝたわむ/高橋淡路女

柵のすきへ鼻出す豚や野蒜生ゆ/長谷川かな女

萌え出でて野蒜は長しやはらかに/池内たけし

摘みたきもの空にもありて野蒜摘/能村登四郎

里の子に蹤きて野蒜のありどころ/冨樫/藤予

やうやくに日が手にとどく野蒜かな/古舘曹人

野蒜摘む擬宝珠摘むただ生きむため/加藤楸邨

野のくさの野蒜をぬきし手のにほふ/田島秩父

野良へ出て閉ざしてありぬ野蒜の花/田中冬二

いい加減野蒜摘みには飽きたと見え/高澤良一

俳句例:81句目~

野蒜つむ擬宝珠つむたゞ生きむため/加藤楸邨

籠いつぱい野蒜を摘みて才女ならず/鈴木真砂女

明日香路にひとりおくれて野蒜掘る/二反田京子

野蒜摘ちよいちよい摘み処変へにけり/高澤良一

誰かすでに抜きし野蒜のこぼれをり/石井よしを

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ