季語/涅槃西風(ねはんにし)を使った俳句

俳句例:101句目~

樫に来て音さだかなる涅槃西風/有泉七種

粗樫の葉に吹きつのる涅槃西風/高澤良一

涅槃西風櫟葉鳴らし吹きわたる/岡本松浜

組まれたる石に貌あり涅槃西風/鈴木慶子

涅槃西風壺屋の土の匂ひけり/神尾久美子

涅槃西風夜を海老寝の二度童子/小野冬芽

捨て犬の乳房ふくらむ涅槃西風/柿本多映

釣りあげし河豚の仏相涅槃西風/井沢正江

蛸壺の口ほうほうと涅槃西風/迫田白庭子

補陀落へ飛ばしくるるか涅槃西風/稲岡長

観音ののべし御手より涅槃西風/小路初子

截り金のごとき月浮く涅槃西風/荒井正隆

彼岸西風竿に抱きつく婆の服/古河ともこ

涅槃西風海に空港出来つつあり/辻善次郎

涅槃西風濁りて浪も黄なりけり/石塚友二

魚河岸に魚の眼濡れし涅槃西風/桂樟蹊子

涅槃西風をさまり僧と酒をくむ/成瀬正とし

涅槃西風すこし音して母の部屋/大沢ひろし

空曲げて旗をひろげる涅槃西風/秋元不死男

きりもなく水吸ふ荒砥涅槃西風/島田天籟子

俳句例:121句目~

ころがつて玉葱芽だす涅槃西風/秋元不死男

さんしゅゆの古木ぐらつく涅槃吹/高澤良一

さんしゆゆの黄の俄なり涅槃西風/石田波郷

ゴツホ展へ流れ行く人涅槃西風/服部たか子

原子炉の町の夜ふけの涅槃西風/鈴木六林男

菩提樹のなほとゞむ実や涅槃西風/大橋敦子

むづがゆき翼のつけ根涅槃西風/正木ゆう子

涅槃西風庫裏の障子戸開けて訪ふ/星野立子

涅槃西風けふ生かされて蛇眠し/大木あまり

涅槃西風船渠の底に鎚鳴らす/長谷川浪々子

松ヶ根に添乳す海女や涅槃西風/宮野小提灯

涅槃西風虚飾の海をねむらする/河野多希女

造花にも造花のいのち涅槃西風/鍵和田釉子

道産馬の四肢張つて佇つ涅槃西風/上原律子

をんな躬をほそめては漕ぐ涅槃西風/池禎草

樹の鴉揺られるままに涅槃西風/永田耕一郎

彼岸西風ときどき葭も吃りつつ/河原枇杷男

かく吹くを涅槃西風とは笑止なり/森川暁水

涅槃西風この日我が影肩ほそく/加藤知世子

病む母が目瞑りて聞く涅槃西風/古賀まり子

俳句例:141句目~

真夜中を過ぎて狂へる涅槃西風/福田甲子雄

寄り合ひて牛の動かぬ涅槃西風/戸邊喜久雄

身のうちの透きゆくばかり涅槃西風/小島花枝

涅槃西風悲喜ひといろにひよこ鳴く/中村明子

ネクタイの吹かれるままに涅槃西風/田中信克

涅槃西風工都けむりを吐き暮らす/百合山羽公

涅槃西風かそけき飯を食うてけり/佐々木六戈

河原乞食のまなじりあかき涅槃西風/磯貝碧蹄館

魚板打つて子が逃げ行くよ涅槃西風/小林清之介

鳴るものはみな鳴らし来て涅槃西風/松井鴉城夫

タイトルとURLをコピーしました