季語/涅槃西風(ねはんにし)を使った俳句

「涅槃西風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「涅槃西風」について

【表記】涅槃西風

【読み方】ねはんにし

【ローマ字読み】nehannishi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・涅槃吹(ねはんぶき:nehambuki)

季節による分類

・「ね」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

涅槃西風を含む俳句例

涅槃西風渚の砂に禽の跡/丸山哲郎

みの虫の蓑翻る彼岸西風/山田八峰

舟べりに鱗の乾く涅槃西風/桂信子

春一番二番三番涅槃西風/清水基吉

涅槃西風人も魚も口乾く/谷下一玄

墓洗ふ肩に囁く彼岸西風/角川源義

涅槃西風葬の花輪を倒したる/田中実

干魚の目玉乾きし涅槃西風/杉山葱子

幻住庵跡の一樹や涅槃吹き/佐野美智

鎌倉に黒き海あり涅槃西風/石塚友二

彼岸西風一ト日仕ふる時代釜/橘彰子

彼岸西風山越えて来し樒売/渡辺大円

彼岸西風炎のごとく塔登る/宮武寒々

涅槃西風眼も亀も乾ききり/出口善子

鉢の土埃となりぬ涅槃西風/竹野房子

念いれて洗ふ大筆涅槃西風/角川照子

通天を偶々訪うて涅槃西風/高浜年尾

手でさぐる鯰の洞や涅槃西風/飴山實

おん瞼開け給へと涅槃西風/高橋利雄

磯寺へ参る漁師や涅槃西風/青木月斗

俳句例:21句目~

鯛焼の鯛の尾遺る涅槃西風/中島斌雄

涅槃西風枯芦の根の残る雪/大谷句佛

杣人はなべて旧暦彼岸西風/道川虹洋

山靴に赤紐交差涅槃西風/田川飛旅子

看経のうちの雑念涅槃西風/京極杜藻

梟の笑顔めくなり涅槃西風/杉本雷造

珍しき鳥の啼くは涅槃西風/石川桂郎

深川や二日続きの涅槃西風/角川春樹

涅槃西風まともに開扉観世音/原柯城

涅槃西風金の際立つ仏具店/松下信子

涅槃西風亀も眼も乾ききり/出口善子

泡盛の壜の籠り音涅槃西風/奈良文夫

流水に来りし橋や涅槃西風/橋本鶏二

大鰈砂に眼ひらき涅槃西風/小林俊彦

涅槃西風杉山赤く動き出す/越前春生

涅槃西風川ある方へ居を移す/対馬康子

涅槃西風昔語りの母と居り/古賀まり子

くつしたの穴の肌色涅槃西風/如月真菜

涅槃西風止めば西山また雪に/松下芳子

この風を涅槃西風とぞ言ふ情/竹腰八柏

俳句例:41句目~

涅槃西風母の病衣のよく乾き/郷原弘治

涅槃西風泰山木は拍手の音/加藤知世子

涅槃西風猿の蒼肌露はるる/中村草田男

田の中に一川もまれ涅槃西風/六角文夫

百姓に鍋釜ひかる涅槃西風/西川みさを

眼中の人がただよふ涅槃西風/小出治重

みづうみへ袖垣崩れ彼岸西風/木村蕪城

禅林に響く木魚や涅槃西風/丹羽すき子

笹舟は詩片のごとし涅槃西風/有馬朗人

糠漬に糠を足せよと涅槃西風/三好潤子

涅槃西風浜に乾ける大生簀/中島水明子

縄長く縄跳びをせる涅槃西風/大石雄鬼

自転車に括られ鶏や涅槃西風/清原枴童

一連の風につづけり涅槃西風/倉橋羊村

九輪より推古の音色彼岸西風/荻野信子

良寛の辞世あれこれ涅槃西風/山口昭義

俎板に鯛どきどきと涅槃西風/平井幸子

豌豆の蔓のほどけし涅槃西風/刈谷桂子

雪の上に鶫の死あり涅槃西風/堀口星眠

叡山の小雪まじりの涅槃西風/西沢信生

俳句例:61句目~

骨納め家がらんどう彼岸西風/大橋敦子

境内は松ばかりなり涅槃西風/中田余瓶

髪を引く涅槃西風なり当麻道/井沢正江

声あげて鴉さからふ涅槃西風/中村居月

大鍋につみれ汁噴く涅槃西風/三浦京子

天竺の海のかをりの涅槃西風/吉原文音

岩はみな沖へ尖りて涅槃西風/金子治子

己が身の鱗はがせり涅槃西風/鈴木節子

彼岸西風砂に突き出て傘の骨/吉川清江

息子らは浜へ涅槃西風われに/如月真菜

杉の間に杉横たへて涅槃西風/今瀬剛一

水かけて洗ふ鳥かご涅槃西風/鳥飼土筆

浦浪の頭をもたげくる涅槃吹/高澤良一

涅槃吹き鯛もまじへし干物売/北野民夫

薬師仏のあつき御胸涅槃西風/門田正子

涅槃西風室津は寺の多き町/加藤三七子

涅槃西風小松で降りし僧五人/岩渕正力

境内は梅ばかりなり涅槃西風/加藤知世子

渡鹿野へ今日は舟出ぬ涅槃西風/稲畑汀子

こざかしきうろくづの影涅槃西風/岸田稚

俳句例:81句目~

校門の樹はたのしまず涅槃西風/廣瀬直人

湯の釜に南無の六字や涅槃西風/新家節美

涅槃西風遠富士の影硬くして/柴田白葉女

ひといろの葡萄山より涅槃西風/廣瀬直人

ひよめきは角の痕なり涅槃西風/丸山靖子

ふるさとは陰を祀りて涅槃西風/長谷川双

涅槃西風樹下を舞ひゆく胡蝶あり/堀喬人

やや逸る水分れ川や彼岸西風/矢倉美代子

わが影が怒髪のかたち涅槃西風/辻井夏生

涅槃西風声とはならず遠会釈/池上於菟吉

放たれし鶏がよろめく涅槃西風/佐雉晴風

今旅のどのあたりなる涅槃西風/今成志津

千羽鶴千羽に足りず彼岸西風/柴田白葉女

涅槃西風鬢もほつれず母死ねり/品川鈴子

塵の世の松を鳴らして涅槃西風/清原枴童

涅槃西風鰓あるごとき人の息/殿村菟絲子

涅槃西風麦のくさとるひとり言/松村蒼石

涅槃西風琴の聞こゆる余呉の湖/佐川広治

涅槃西風直火に乗せる貝ひとつ/中原道夫

涅槃西風眠り薬のききはじむ/政野すず子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ