季語/寝酒(ねざけ)を使った俳句

「寝酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寝酒」について

【表記】寝酒

【読み方】ねざけ

【ローマ字読み】nezake

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ね」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

寝酒を含む俳句例

別れ雪寝酒を妻にわかちけり/灯京

季なしや常の寝酒の筏鮠/石川桂郎

寝酒の酔朝顔の盛り悔みけり/調機

春睡に寝酒の酔も加はれり/秋光泉児

朝皃にほのかにのこる寝酒かな/杉風

桂郎の地獄を思ふ寝酒かな/細川加賀

水仙や寝酒そのまま深酒に/草間時彦

ふたたびの寝酒にかへす白枕/山口草堂

一二枚潤目をあぶる寝酒かな/福田一夢

人日や寝酒にまとふ風邪の神/巌谷小波

医の友の寝酒嗜む便りあり/星野麦丘人

奉公にある子を思ふ寝酒かな/増田龍雨

寂寞と寝酒の夜々を重ねけり/近藤一鴻

桂郎を悼む寝酒をすごしけり/細川加賀

隣室の人も来て酌む寝酒かな/古川芋蔓

雨の間の河鹿の誘ふ寝酒かな/石川桂郎

しぐるゝや寝酒たのめる一二合/石塚友二

寝酒せむ先づたのもしき鶏卵百/黒柳召波

寝酒などもともとやらぬ夜の秋/高澤良一

蟇鳴くや寝酒乏しき夜と知れよ/吉田鴻司

俳句例:21句目~

しぐるゝと女衒寝酒をたしなめる/西島麦南

なさけなくなる歌よみの寝酒かな/石原八束

なしとせぬ嫉妬ごころの寝酒かな/細川加賀

寝酒おき襖をかたくしめて去る/篠田悌二郎

手さぐりの寝酒の量をあやまたず/鷹羽狩行

いやなことばかりの日なる寝酒かな/草間時彦

稿満たし得ずして寝酒さみしきか/平井さち子

身一つに生きて寝酒の背なのあり/永井東門居

寝酒少しのつもりが過ぎて独りの夜/大和田享子

寝酒いざとし〔が〕行うと行まいと/一茶/文政七年甲甲

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ