季語/根釣(ねづり)を使った俳句

「根釣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「根釣」について

【表記】根釣

【読み方】ねづり

【ローマ字読み】nezuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・根魚(ねうお:neuo)

・根魚釣(ねうおづり:neuozuri)

・岸釣(きしづり:kishizuri)

季節による分類

・「ね」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

根釣を含む俳句例

根釣より戻り人形美しく/岸本尚毅

青森の夜半の港の根釣かな/轡田進

岸釣の一少年のうしろかげ/下村槐太

岸釣の軍艦岩は人多し/天野/逸風子

夕づける根釣や一人加はりぬ/笠原古畦

岩陰に根釣の一人暮れてをり/廣瀬町子

島を引き寄せたる根釣日和かな/森田峠

根釣翁海金剛をまのあたり/阿波野青畝

灯籠の蔭に見えたる根釣かな/岩田由美

岸釣や舟曳く綱をかいくぐり/木津柳芽

寝かせある根釣の竿を跨ぎけり/田中裕明

根釣して葉山の鳶に啼かれける/高澤良一

根釣翁虚子先生に似てをられ/波多野爽波

海荒れてゐて根釣には好き日和/藤井十三

真青なる浪ゆり返す根釣かな/楠目橙黄子

蜑小屋に赤子が泣けり夜の根釣/戸川稲村

風ながらけふまだ汗の根釣かな/田中裕明

岸釣に上げ潮早瀬なしにけり/水原秋櫻子

岸釣の夕波の糸となりにけり/長谷川春草

あざやかな地層のよぎる根釣かな/長谷川櫂

俳句例:21句目~

へだたりのさみしく根釣並び見ゆ/皆吉爽雨

四阿に居しが根釣に行きしとか/波多野爽波

月の出の根釣の一人かへるなり/波多野爽波

月出でて根釣の顔を照らすなり/源平はな子

氏育ち良き子とならび根釣かな/波多野爽波

岸釣に小さんの俥とほりけり/久保田万太郎

根釣してふるき世のことはなさんか/田中裕明

河豚ばかり釣れてぶつぶつ根釣かな/谷口三居

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ