季語/猫柳(ねこやなぎ)を使った俳句

「猫柳」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「猫柳」について

【表記】猫柳

【読み方】ねこやなぎ

【ローマ字読み】nekoyanagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・えのころやなぎ(えのころやなぎ:enokoroyanagi)

季節による分類

・「ね」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

猫柳を含む俳句例

朝市の薦に包まれ猫柳/森啓子

早春の流水早し猫柳/西山泊雲

猫柳風に光りて銀鼠/鈴木花蓑

向かう岸に光発信猫柳/永野史代

猫柳ほほけ職業安定所/皆川白陀

一本の杭ぜの飛沫猫柳/西山泊雲

猫柳光りて漁翁現れし/高濱虚子

人類の弱り始めや猫柳/和田悟朗

烈風の日向が揺るる猫柳/有働亨

猫柳朝の郵便来りけり/前田普羅

通る雲雪片こぼす猫柳/遠藤梧逸

猫柳苞を破れる渓の風/高澤良一

猫柳遠州瓦色寂びつ/八木林之介

薄明や水のなかにも猫柳/桂信子

猫柳呆けて天の青き見ず/加藤楸邨

猫柳光るは月の移ればぞ/鈴木花蓑

握手する以心伝心猫柳/猪狩セイジ

鯉が来たのは川の幻猫柳/伊丹公子

川べりに植木棚あり猫柳/鈴木花蓑

猫柳女の一生火のごとし/三橋鷹女

俳句例:21句目~

万葉の古江の春や猫柳/水原秋櫻子

流水や泡せきとめて猫柳/西山泊雲

水はまだ光返さず猫柳/後藤比奈夫

猫柳信濃の春は道沿ひに/大屋達治

土恋ひし雪を鞭うつ猫柳/西本一都

猫柳一言云ひて皆触るる/高澤良一

低声に親しき言葉猫柳/柴田白葉女

猫柳ほうけつくすぞ立話/佐藤漾人

きさらぎの音に色あり猫柳/神蔵器

炉塞や一枝投げさす猫柳/前田普羅

猫柳故郷にありし空の色/山田紀子

猫柳や花巻ことば温かし/佐藤映二

猫柳朝の光は海より来/加倉井秋を

すつ~と滝の影さす猫柳/鈴木花蓑

猫柳毛布ぐるみの子沢山/今泉貞鳳

猫柳少し膨らみ事も無し/高澤良一

病人に寒き旦暮や猫柳/宮部寸七翁

猫柳秋の如くに月澄んで/岸本尚毅

猫柳緑金に炎え児の時間/佐藤鬼房

猫柳老友折れば吾も折る/田村了咲

俳句例:41句目~

せせらぎの言葉あつめて猫柳/黛執

猫柳河幅のみの風ありて/太田蓁樹

猫柳母住む方へ川うごく/中村保典

室床や淀あこがるる猫柳/桂樟蹊子

生れたるばかりの水や猫柳/不破博

石走る垂水ぞ惚け猫柳/藤田あけ烏

猫柳天は明るく地は暗し/京極杞陽

猫柳道路に生えて新開地/京極杞陽

ひもすがら日は枯草に猫柳/松村蒼石

猫柳光もみ出すごときかな/平井照敏

故里は母ありてこそ猫柳/長谷川満子

猫柳やはらかく雨上りけり/沼澤石次

猫柳水きらめくはその先に/高浜年尾

並びたる杭の絶間の猫柳/楠目橙黄子

猫柳活けある墓に人がまた/岸本尚毅

水杙にはねどうしなる猫柳/河野静雲

午過ぎは風立ちやすし猫柳/相馬遷子

猫柳立派な顔をして乞食/長谷川秋子

猫柳下枝は水浸く布留の川/細見綾子

思ひ出やこれはお花の猫柳/石塚友二

俳句例:61句目~

堰上ミに水つく枝や猫柳/楠目橙黄子

猫柳道また橋となるところ/鷹羽狩行

教へ子汚職今毛虫めく猫柳/香西照雄

湖よりも流がまぶし猫柳/米沢吾亦紅

猫柳遺跡の土手に目覚めをり/浦田宏

猫柳酒蔵へ行く橋の下/久保田月鈴子

猫柳雨やはらかく上りけり/沼澤石次

猫柳日の昃りても光りけり/鈴木花蓑

猫柳高嶺は雪をあらたにす/山口誓子

曇り日のはてのぬか雨猫柳/矢島渚男

男の中の少年が泣く猫柳/増田まさみ

眼帯の娘に日のぬくき猫柳/石原舟月

石ばしる水にぎら~猫柳/楠目橙黄子

朽ち網の蜑の垣なり猫柳/黒田櫻の園

荒荒しき空のかかりて猫柳/小池文子

猫柳まぶしむ齢過ぎしかな/根岸善雄

誰通りても猫柳光りけり/佐々木有風

起きるまで動く時計と猫柳/和知喜八

猫柳にはほゝけんとする心/稲畑汀子

雨の日は雨にふくらみ猫柳/相馬黄枝

俳句例:81句目~

猫柳潟の入日をちりばめて/児玉小秋

佇てば瀬の高まるさびし猫柳/岸風三楼

猫柳湖畔の春はととのはず/五十嵐播水

山川のこゝ瀬をはやみ猫柳/古屋敷香葎

折りかけし枝もありけり猫柳/鈴木花蓑

揺れてゐる枝の先まで猫柳/殿村莵絲子

日をゆりて水よろこべり猫柳/石原舟月

星の出て真の青空ねこやなぎ/櫻井博道

春めくや銀ほどきたる猫柳/吉岡禅寺洞

昨日より今日あたたかや猫柳/長野豊子

暮れなづみ花のみそれと猫柳/高浜虚子

猫柳つめたきは風のみならず/木下夕爾

沢水にうつりすましぬ猫柳/楠目橙黄子

流れゆくもの水になし猫柳/深見けん二

猫柳うつくしき雲ながれそむ/木下夕爾

猫柳だいぶ陽気がよくなって/高澤良一

みちのくに出る太陽や猫柳/高田風人子

猫柳ほゝけし上にかゝれる日/高浜虚子

猫柳みどりの蕊を吐いて咲く/山口青邨

猫柳四五歩離れて暮れてをり/高野素十

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ