季語/新野の雪祭(にいののゆきまつり)を使った俳句

「新野の雪祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新野の雪祭」について

【表記】新野の雪祭

【読み方】にいののゆきまつり

【ローマ字読み】niinonoyukimatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「に」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

新野の雪祭を含む俳句例

雪祭了へただ眠き小正月/林翔

星屑の奥の奥まで雪祭/安達淙子

紙鬘踏まれて蒼き雪祭/宮武寒々

峡空に寒星集め雪まつり/神取房江

火の神に雪供へたり雪祭/沢木欣一

切貼りの糊のしたたる雪祭/栗生純夫

山羊の乳大炉に煮たり雪祭/中島花楠

強燭に雪かがやけり雪祭/平間真木子

彩餅吊る藁しべの艶雪祭/文挟夫佐恵

笛吹いて神を寝かさぬ雪祭/稲垣陶石

簾を挑ぐ妓の腋にほふ雪祭/宮武寒々

足場組み城築きゐる雪祭/深見けん二

遠き日の見ゆる夜空や雪祭/本庄志帆

長持にわが雪つぶて雪祭/田中午次郎

雪像に積る雪掃き雪まつり/内田柳影

雪祭かこむひかりに鴉群れ/鵜飼みね

あかときの野の雪燃えて雪祭/宮岡計次

わがゐしは外套の中雪まつり/矢島渚男

峯おろしくる風ばかり雪祭/志摩芳次郎

雪祭去り雑沓を持ち去りし/嶋田摩耶子

俳句例:21句目~

雪の田のしんと一夜の神あそび/野澤節子

雪まつり更けて瀬音を還らしむ/宮武寒々

雪まつり雪への憂さを忘るゝも/浅利恵子

雪まつり白亜の城が灯ともせり/成田智世子

見にゆかずして目にのこる雪まつり/永田耕一郎