季語/虹(にじ)を使った俳句

「虹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「虹」について

【表記】虹

【読み方】にじ

【ローマ字読み】niji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・二重虹(ふたえにじ:futaeniji)

・朝虹(あさにじ:asaniji)

・夕虹(ゆうにじ:yuniji)

・虹の輪(にじのわ:nijinowa)

・虹の橋(にじのはし:nijinohashi)

・虹の帯(にじのおび:nijinobi)

・虹の梁(にじのはり:nijinohari)

季節による分類

・「に」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

虹を含む俳句例

野の虹を帰る/橋本夢道

沢の鳥虹の柱を羽摶ち舞ふ/鶏二

身をそらす虹の絶巓処刑台/重信

剛直に北国の虹刈田より/森澄雄

行水や虹消え残る東山/石井露月

一時雨一時雨虹はなやかに/篠原

命終の岩壁飾る虹二重/福田蓼汀

羊群の息かも虹の月寒/石塚友二

鍋洗ふ前虹鱒の列通る/野村泊月

さつと一雨/鎌倉の虹/筑紫磐井

黒島の藷の畑に時雨虹/松藤夏山

水平線の虹が捧ぐる朝の空/欣一

虹の下猫の死骸と滑走路/三谷昭

遠里や七夕竹に虹かゝる/泉鏡花

虹立てり荒き雫は樅の直/高澤良一

虹懸けて男盛りの雲の峰/沢木欣一

仙骨を発する虹や天翔る/五島高資

天の虹田に映る虹誕生日/津田清子

虹高し野を押しのぼる日の緑/林翔

虹口に果てし大伯母敗荷/塚本邦雄

俳句例:21句目~

絶滅の目高は虹に紅遺し/高澤良一

虹鱒のその水底に旅の影/斉藤夏風

夜の虹身の傷痕を遍照す/石原八束

銀婚の旅雪山の虹に入り/影島智子

一片の虹残す森の家灯る/内藤吐天

甘茶仏虹は海棠より淡く/西島麦南

お遍路が一列に行く虹の中/渥美清

お降の虹も神慮と詣でけり/城萍花

七種や全き虹を称へつつ/田代朝子

闘鶏の驚破虹霓を放ちけり/龍岡晋

青棗雫しとゞに喜雨の虹/西島麦南

音信のときには虹といふ形/仲寒蝉

乳燕に白機あがる虹明り/西島麦南

魚くさい街に氷塊虹を噴く/三谷昭

鯛.鮃昇れや虹の太鼓橋/高澤良一

京時雨虹滋賀時雨虹湖畔/稲畑汀子

切崖に雪解虹立つ最上峡/岩瀬木蘭

大空は虹してすてし蜆殻/松瀬青々

寂しくて虹の糸曳く山繭は/武政郁

天に跳ぶ金銀の鯉虹の下/山口青邨

俳句例:41句目~

山の虹へ電線送り葱坊主/村越化石

山は虹いまだに湖水は野分哉/一茶

虹鱒を釣る腹背に滝の音/宮下翠舟

山景色荒涼として虹の下/飯田蛇笏

虹たちて導尿管を尿走る/品川鈴子

我生の美しき虹皆消えぬ/高浜虚子

竹細工屑も弓反り虹の後/香西照雄

純色の緑の山に虹かかる/相馬遷子

天落つる夢虹渡る夢涼し/藤井彰二

朝虹や高野六十坊つつむ/大橋敦子

木々の雪渡すや虹の橋柱/水田正秀

枯蓮の水中も虹懸るらし/宮坂静生

白虹のごとくよぎりし雪礫/柴田果

北風や涙がつくる燭の虹/高柳重信

桜鯛揚げて虹生む船生簀/松本幹雄

少年の潜水眼鏡虹を見る/松本悦子

十二色全部重ねて虹いびつ/山崎篤

蒼穹に虹熟睡のダリの髭/仙田洋子

葛城にかかる虹あり初詣/南光翠峰

白虹の貫く天や畑打つ/五十嵐播水

俳句例:61句目~

虹の根や暮行くまゝの荻の声/士朗

白虹日を貫いて蟷螂起つ/石井露月

夏めくや合せ鏡に走る虹/久米正雄

検温の腋下虹いろ雪遠し/寺田京子

沈金の一条を足し刈田虹/吉田紫乃

虹探す古事類苑の天文部/高澤良一

虹映り綺羅星映る岳の池/福田蓼汀

虹消えて石の仏の大き耳/中嶋秀子

虹立ちし鎌倉丸の朝かな/京極杞陽

虹立つや麦藁帽の庇より/中村汀女

各虹や川上にわが母の郷/石原舟月

眉しろく虹の裏ゆく旅人よ/橋石和栲

洗ひたる硯を磨れば墨の虹/三星山彦

全円の虹胸中に立ちにけり/平井照敏

円虹に立ち向ひたる巌かな/野村泊月

虹二重神も恋愛したまへり/津田清子

虹二重涙のやうな長女次女/栗林千津

図中に黒い虹立ち窓に旱り星/飴山實

円虹の中登り来る列のあり/勝俣泰享

土の露ときに虹なす女の歩/野澤節子

俳句例:81句目~

かやごしに虹見る朝の涼かな/千雀妻

円虹や眼下に峯の影のびて/本多勝彦

円虹や離島への旅弾みたる/桑田青虎

虹を追ふままに境涯認むる/辻口静夫

濃く低き虹を冠りぬ幾工場/石田波郷

煤の沖寒の太虹弧をなさず/小林康治

虹の中籠負ひ戻る罪ある如/岩田昌寿

苜蓿の雨虹となり還るなり/宮津昭彦

真珠なす虹なす島過ぎ日本過ぐ/林翔

剛直にみちのくの虹刈田より/森澄雄

睡蓮に虹いつまでも池静か/鈴木花蓑

虹まとふ月岳を越え傾きぬ/福田蓼汀

石小法師顔犇めきて虹あかり/岸田稚

剥落し虹は湖底に沈みたり/柴田奈美

濡れもせず全き虹の前をとぶ/渋谷道

虹はえて税関の窗夏たちぬ/飯田蛇笏

ふき颪す虹の雫に顔打たる/野澤節子

石山に時雨るゝ虹の短けれ/松藤夏山

ふり仰ぐ滝奔騰の虹かけて/小林康治

虹はいま片足あげよ日本海/夏石番矢

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ