季語/赤潮(あかしお)を使った俳句

「赤潮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「赤潮」について

【表記】赤潮

【読み方】あかしお

【ローマ字読み】akashio

子季語・関連季語・傍題・類語など

・くされ潮(くされじお:kusarejio)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

赤潮を含む俳句例

赤潮や旅鞄置く石磧/上野泰

風にとぶ大赤潮の波頭/澤草蝶

赤潮の白波となる渚かな/江川一句

赤潮の迫れる真珠筏かな/山田不染

赤潮や阿波の引田の浜鴉/石原八束

赤潮の帯の礁にかゝりそむ/湯浅桃邑

赤潮に又一人来て拱ねきし/佐田かずえ

赤潮の海辺おそれず眠れ眠れ/金子兜太

赤潮やこめかみに脈覚えつつ/山尾玉藻

赤潮や日闌けし靄のなほ流れ/木村蕪城

赤潮や海の怒れるいろならむ/吉年虹二

赤潮や離島に人の立つが見ゆ/高井北杜

赤潮を越してなほ漕ぐ鯊の舟/前田普羅

まのあたり赤潮色を得つつあり/西村和子

赤潮に犬のかたちの餓鬼立てり/谷野予志

赤潮の海描き蜑を継ぐさだめ/岡部六弥太

赤潮はよその沙汰なり握り寿司/阿波野青畝

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ