季語/鰊(にしん)を使った俳句

「鰊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰊」について

【表記】鰊

【読み方】にしん

【ローマ字読み】nishin

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鯡(にしん:nishin_)

・青魚(にしん:nishin__)

・黄魚(にしん:nishin___)

・春告魚(にしん:nishin____)

・かど(かど:kado)

・かどいわし(かどいわし:kadoiwashi)

・高麗鰯(こうらいいわし:koraiiwashi)

・走り鰊(はしりにしん:hashirinishin)

・初鰊(はつにしん:hatsunishin)

・中鰊(ちゅうにしん:chunishin)

・後鰊(あとにしん:atonishin)

・鰊群来(にしんくき:nishinkuki)

・鰊場(にしんば:nishimba)

・鰊釜(にしんがま:nishingama)

・鰊焚く(にしんたく:nishintaku)

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

鰊を含む俳句例

薫風の御宿鰊御殿前/石塚友二

韃靼に帰る鳥あり鰊群来/齋藤玄

雪嶺や昼夜の膳に鱈鰊/岸本尚毅

三田尻の塩を切りけり初鰊/豊水

鰊群来深山鴉も鰊場へ/野西幸来

鰊御殿天井高き目借時/館岡沙緻

樺太の海を犯して鰊追ふ/水見句丈

ぢぢばばら鰊曇を今もかな/千葉仁

大荒れの連絡船に鰊漁夫/西本一都

紅つけて朝市の女鰊売る/八巻絹子

東西に峨々たる岬鰊群来/高野閑洞

銀色の鰊を買いに旅芸人/筑網敦子

鴎は矢に浮氷の中の鰊箱/古舘曹人

漁あらば鰊曇といふべきか/森田峠

火恋し鰊御殿に波を聴き/愛澤豊嗣

覆面の瞳鰊の他は何も見ず/岸田稚

鰊群来近し飛鴎の声艶に/外崎喜石

八方の渦率て巌や鰊群来/古館曹人

切妻の涼しき鰊御殿かな/西本一都

鰊燃ゆ平凡な日の夕厨/田川飛旅子

俳句例:21句目~

鰊干す障子の内の訛声/瀧澤伊代次

笹正宗鰊山椒にすすみけり/高澤良一

絶壁の忍路の浜の鰊小屋/国松ゆたか

たやさゞる竜神の灯や鰊漁/野本淡月

膝つゝむ古き筵や鰊割き/石田雨圃子

覆面の瞳の鰊の他は何も見ず/岸田稚

鰊来ず百花一時の春も尽き/福田蓼汀

置かれある身欠鰊や虫の宿/岸本尚毅

鰊汲む胴付長靴の胸濡らし/岩岡吐雲

鰊焼くけむり故郷の匂ひ来る/谷和子

鰊焼く吟遊詩人ならずして/櫂未知子

鰊焼く昼の部はねし楽屋裏/金田流星

唐太の天ぞ重れたり鰊群来/山口誓子

喪が終り顔なき鰊夜も干す/寺田京子

夫買ひし少し赤目の鰊焼く/佐野笑子

女ゐて鰊番屋の戸によれる/清崎敏郎

実はまなす鰊大尽夢に来む/巌谷小波

小振りなる厚岸ものや初鰊/竹田豊吉

新しき鰊箱積み上げし浜/佐藤多太子

板間冷え鰊番屋の漁夫寝床/高澤良一

俳句例:41句目~

わだつみの果まで鰊曇かな/広中白骨

沖買の船も来てゐて鰊群来/小原野花

波音や不漁鰊場の犬が吠ゆ/清崎敏郎

鰊かな狼煙上げたき昼下がり/櫂未知子

そのかみの鰊曇を娘は知らず/関口禎子

咽喉にたつ鰊の骨や西東忌/石田あき子

暖潮の寄せかはりたる鰊かな/野本淡月

汲んでゐる鰊を盗む鴎かな/石田雨圃子

群来鰊海染めて恋果てにけり/河合未光

ふる里の鰊漬あり年忘れ/阿部みどり女

ビスマーク好みし鯡吾も食ふ/山口青邨

ロンドンの図書館の裏鰊売り/星野恒彦

串刺しの冬のはじめの鰊購ふ/佐川広治

十六夜の鰊番屋の浮き立てり/毛塚静枝

番屋より乱れ飛ぶ灯や鰊群来/白幡千草

手習や鰊煮る火をかたはらに/岩田昌寿

資金また借りもし鰊船待機/水見悠々子

釜伏せて山に海猫舞ふ鰊港/鳥居おさむ

鰊番屋空を抱き込む枯すすき/角川春樹

夜に入りてなほ厚群来や鯡凪/小原野花

俳句例:61句目~

土用風鯡の虫を這はせけり/金尾梅の門

鬚剃りて幼さもどる鰊漁夫/吉田牡蠣彦

鰊来る地上のビルに汚職の髭/金子兜太

鰊そばうまい分だけ我は死す/永田耕衣

鰊凪よと今は職なき老いし蜑/河府雪於

咽喉に立つ鰊の骨や西東忌/石田あき子

どんよりと利尻の富士や鰊群来/山口誓子

はまなすや字名にのこる鰊来群/澤田緑生

ひたすらに食うて淋しき鰊かな/岸本尚毅

日毎食ふ鰊や蝦夷に住みつくか/相馬遷子

妻も吾もみちのくびとや鰊食ふ/山口青邨

鰊寄る流霞の消えて余寒かな/大須賀乙字

気象旗の時化を告げをり鰊群来/続木元房

樹々の芽のほぐるる鰊曇りかな/富山放浪

鰊群来たちはだかれる濱びとら/高濱年尾

刎ね橋の上りしままや鰊来る/殿村菟絲子

はまなすや字名にのこる鰊群来/澤田緑生

鰊冷えと云ひ習はしのあるとかや/高木晴子

つるされし鰊はぜんぶめをつらぬき/細谷源二

父は鰊場ただ着ぶくれて遊びをり/能村登四郎

俳句例:81句目~

主婦のよろこび鰊干す針金があつて/細谷源二

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ