季語/帰雁(きがん)を使った俳句

「帰雁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「帰雁」について

【表記】帰雁

【読み方】きがん

【ローマ字読み】kigan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雁の別れ(かりのわかれ:karinowakare)

・名残の雁(なごりのかり:nagorinokari)

・いまわの雁(いまわのかり:imawanokari)

・帰る雁(かえるかり:kaerukari)

・行く雁(ゆくかり:yukukari)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

帰雁を含む俳句例

雨だれや暁がたに帰る雁/鬼貫

雁ゆくや古き映画の二本立テ/敦

雁行や仰ぐ操り人形も/平井照敏

帰る雁江東版の記者とあり/正雄

大山の全き日なり雁帰る/田村木国

吾の上父母の上雁帰る/村中トウ子

飯粒で封じる手紙雁帰る/有馬朗人

山寺や障子の外を帰る雁/高浜虚子

白き山北を塞げり雁帰る/松村蒼石

雁行て門田も遠くおもはるゝ/蕪村

帰る雁田ごとの月の曇る夜に/蕪村

高階にあり眼前を雁帰る/相馬遷子

雁帰る三好達治の三国町/石原八束

雁帰る一羽や遅れ定年期/岸風三樓

大学生おほかた貧し雁帰る/草田男

雁帰るころやしづまる二月堂/青々

帰る雁七艘ならぶ船の上/正岡子規

烈風の沼の濁りや帰る雁/新井英子

樽前山は月の高座雁帰る/古舘曹人

帰る雁沖白う夜は風寒し/藤野古白

俳句例:21句目~

帰る雁物思ふ夜の燭暗し/田村西男

雁かへる夜半の雨音いたるとき/貞

燈台の闇や帰雁の南より/羅蘇山人

船室の枕ちひさし雁帰る/奥坂まや

雁帰る父の山また母の川/斎藤慎爾

雁帰る明るさに径つづきをり/原裕

雁帰る卒然明き六区の灯/石塚友二

雁帰る人の訣れも多き頃/藤浦昭代

惜別の一声こぼし雁帰る/桑原光代

愁ひ人頭をあげよ帰る雁/野村泊月

石狩の夜は沼明り雁帰る/新田充穂

花よりも団子やありて帰る雁/貞徳

木簡に残る税の字雁帰る/佐藤サチ

帰る雁雲にも深き峡のあり/岡田貞峰

夕帰雁蔵に安南渡海絵馬/伊藤いと子

大峰に雨来し宵の帰雁かな/吉田冬葉

蝶となる芋蟲と帰る雁と哉/内田百間

屋根石の苔土掃くや帰る雁/室生犀星

岬黒み来し風前の帰雁かな/臼田亞浪

海道に渡海の津々や雁帰る/尾崎迷堂

俳句例:41句目~

雁行くや月に片照る石舞台/羽田岳水

いちにちに一便の船雁帰る/石原義輝

雁行や初秋の雪の降る地平/対馬康子

糞船の上騒がしき帰雁かな/西山泊雲

高潮の雁行月にしづみけり/飯田蛇笏

雁行やノートを破り伝言す/対馬康子

雁行の声落ちにけり冬座敷/渡辺水巴

雁行に雲荒れもなし年の暮/渡辺水巴

非は常に男が負ひぬ帰る雁/加藤楸邨

はだら雪伊吹の襞を雁帰る/久米正雄

混沌の国から国へ雁帰る/浜名礼次郎

雁ゆくや殉教の碑へ声落し/三谷和子

帰る雁空の青さを遠くして/村沢夏風

雁ゆきて物干竿の露の列/榎本冬一郎

雁帰る黒服潮のしめり帯び/金子兜太

雁ゆきてまた夕空を滴らす/藤田湘子

雁帰る頃や女院の塔籠り/石島雉子郎

伊豆沼を平らに残し雁帰る/伊藤雅樹

傘の中帰雁ゆたかに日本海/古舘曹人

雁帰る幕を揚げてもおろしても/間石

俳句例:61句目~

雁帰ることも十年の尋ね人/石塚友二

雁帰る大空濁り放しかな/深川正一郎

僧の死や草木色添へ鳴く帰雁/原月舟

雁帰る別れの池を旋回し/足立/玉翠

野の煙帰雁の空を汚しけり/辻口静夫

田圃中路の乾きて帰る雁/廣江八重櫻

死ぬために天上帰る雁ならめ/三谷昭

患ひし者なきさまぞ帰る雁/高田蝶衣

酪農に雁ゆく夜空曇りけり/西島麦南

別に動く事務の筆舌雁帰る/北野民夫

行く雲も帰雁の声も胸の上/斎藤空華

撓みくる帰雁の下の無明かな/齋藤玄

苗代を先づあてにして帰る雁/ぶん村

砂丘越え雁行に逢ふ浪の際/大野林火

砂風の橋を落ち行く帰雁哉/内田百間

痛み症に母雨といふ帰る雁/富田木歩

傘の中帰雁ゆたかに日本海/古舘曹人

雁帰る下に時化をり三国港/伊藤柏翠

高館に声を落して雁帰る/菅原野火男

本郷は横丁ばかり雁帰る/上田日差子

俳句例:81句目~

革命歌屋上にわき雁かへる/加藤楸邨

乗合と賭はすまじよ帰雁啼く/久米正雄

光りしは雁の童子か雁帰る/山田みづえ

入相の鐘に消えゆく帰雁かな/小坂灯村

夜毎敷く霰こまかに雁帰る/金尾梅の門

大風の凪ぎし夜鳴くは帰雁かな/碧梧桐

師のこゑも帰雁の声も沓けしや/吉田笑

帰る雁きかぬ夜がちに成にけり/炭太祇

帰る雁きこゆる夜の机かな/大峯あきら

帰る雁人は家まで歩くなり/鈴木八駛郎

帰る雁後陣はいまだ泥まぶれ/水田正秀

帰る雁見し夜の壺に花満たす/菖蒲あや

声立てぬ赤子の欠伸雁帰る/秋元不死男

帰雁東風農夫ら土を篩ひをり/佐藤国夫

幾列か帰る雁見て日の暮るる/江中真弓

往診に病む身を駈るや雁帰る/相馬遷子

持ち寄りて一升足らず帰る雁/永井龍男

旅人に並木はづるゝ帰雁かな/尾崎迷堂

旅人の仰いでをりし雁帰る/中澤なみ子

日々に病人づくや雁帰る/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ