季語/後の月(のちのつき)を使った俳句

「後の月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「後の月」について

【表記】後の月

【読み方】のちのつき

【ローマ字読み】nochinotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・二夜の月(ふたよのつき:futayonotsuki)

・十三夜(じゅうさんや:jusanya)

・豆名月(まめめいげつ:mamemeigetsu)

・栗名月(くりめいげつ:kurimeigetsu)

・名残の月(なごりのつき:nagorinotsuki)

・女名月(おんなめいげつ:onnameigetsu)

・姥月(うばづき:ubazuki)

季節による分類

・「の」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

後の月を含む俳句例

十月の今宵ハしぐれ後の月/蕪村

さや豆を手向て悲し後の月/去来

姨捨や田毎の稲架に後の月/林翔

後の月庭に化物作りけり/炭太祇

後の月翌は秋なき思ひあり/白居

後の月葡萄に核の曇りかな/成美

十人の広間泊りに後の月/亀井糸游

一葉に十三夜あり後の月/富安風生

後の月冷えは白樺林より/原田青児

後の月仰ぎ生涯一学徒/大久保橙青

仲秋の韻を畳むや後の月/正岡子規

後の月葡萄に核のくもりかな/成美

水涸れて池のひづみや後の月/蕪村

円空仏生家に並ぶ後の月/柿本多映

両隣既に鎖して後の月/伊沢三太楼

球場の森閑とあり後の月/澤田緑生

暫は車窓に添いぬ後の月/丸田美年

暁はまことの霜や後の月/松岡青蘿

後の月唐箕の市に五六人/村上鬼城

大川に子供流るゝ後の月/攝津幸彦

俳句例:21句目~

後の月天動説の捨て難し/江隅順子

穂のうへに高低もあり後の月/游刀

寒病みの火燵もほしや後の月/斜嶺

水かれて池のひづみや後の月/蕪村

山茶花の木間見せけり後の月/蕪村

山陰の終りの句会後の月/高木晴子

川音の町へ出づるや後の月/千代女

後の月鼬に鯉をとられけり/舘岡晋

後の月五臓六腑をおし照らす/鷹女

後の月高々ありし旅の町/上原はる

後の月須磨より人の帰り来る/士朗

後の月稲垣低き宿とりぬ/加舎白雄

予の国も東のはての後の月/つる女

菊痩せて雁が音ふとる後の月/許六

裏妙義屏風のごとし後の月/上村占

霧に寝て夢に漂ふ後の月/堀口星眠

後の月湯槽に倚れる人形師/宮武寒々

かくし持つ念珠一連後の月/角川照子

後の月人待顔をてらしけり/尾崎紅葉

後の月今宵風なき戦野かな/相馬遷子

俳句例:41句目~

この旅の終りし頃の後の月/高濱年尾

白樺の冴きりにけり後の月/幸田露伴

そら鞘の闇残りけり後の月/横井也有

家こぼつ木立も寒し後の月/榎本其角

旅果つる今宵は輪島後の月/阿部忠夫

とり残す梨のやもめや後の月/千代尼

なぎの花こんにやくの花後の月/乙二

みだ頼むこよひになりぬ後の月/之道

後の月何か肴に湯気のもの/黒柳召波

後の月祀るや多摩の薄もて/水原春郎

後の月入りて顔よし星の空/上島鬼貫

灯を消せば炉に火色あり後の月/余子

三人は淋し過ぎたり後の月/高浜虚子

後の月映るに間あり高野川/高木晴子

後の月鴫たつあとの水の中/蕪村遺稿

下山して堅田泊りや後の月/三沢久子

清水によき人こもる後の月/松瀬青々

後の月雨に終るや足まくら/角川源義

後の月誰が鹿小屋の廻り番/水田正秀

鶴眠る川面を照らす後の月/高岡秀行

俳句例:61句目~

後の月虫はと惜む人もなし/尾崎紅葉

後の月松風さそふ光りかな/井上井月

後の月機関車一両だけ走る/田中啓介

後の月を市に泊りし山の人/石井露月

泣虫山闇に沈めて後の月/八牧美喜子

脇ざしの鞘に露うく後の月/水田正秀

菊畑にのこる星あり後の月/横井也有

今年はも父の化身の後の月/大橋敦子

藪が根を流るゝ溝や後の月/西山泊雲

後の月君姨捨て泣いて行け/会津八一

十六夜や闇より後の月の雲/高井几董

鶏頭のしをれし影や後の月/野村泊月

三井寺に緞子の夜着や後の月/蕪村遺稿

先まではなかりし雲と後の月/高浜年尾

勧進能果てたる町に後の月/伊藤いと子

売れ残る八百屋の芒後の月/高橋淡路女

天皇の御船路なる後の月/長谷川かな女

山さらに深めて後の月のぼる/佐野美智

峡深し後の月とていづくより/稲畑汀子

後の月かしこき人を訪ふ夜哉/蕪村遺稿

俳句例:81句目~

後の月きのふの如く虚子語り/山田弘子

後の月に来ッて石榻の主かな/村上鬼城

後の月のぼれば汐の早くなる/山本洋子

後の月ふところ紙に身のぬくみ/下田稔

後の月庭の山より上りけり/松本たかし

後の月水せきとめて沈み居る/村上鬼城

後の月二夜あふぎて一夜欠け/井沢正江

後の月潮の満ちくる鏡の間/加藤三七子

後の月稲架を離れて蒼さかな/西山泊雲

後の月虧けきて余命思ひけり/牧野春駒

後の月虧けそめ商家灸の香す/宮武寒々

後の月養鶏千羽めつむるも/上田五千石

後の月饂飩もてなす貧おかし/尾崎紅葉

後の月高くなりたる巷かな/楠目橙黄子

復興に遅速ありけり後の月/五十嵐哲也

曼珠沙華忘れし頃に後の月/百合山羽公

木曽の痩もまだなほらぬに後の月/芭蕉

木曾の痩もまだなをらぬに後の月/芭蕉

楼台や人家もありて後の月/楠目橙黄子

江の島のせばき渚や後の月/松本たかし

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ